うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]


患者も知って! 医師の過労・過労死の実態
医師の疲れは患者の危険、「なくそう! 医師の過労死」シンポジウム
               軸丸 靖子(2007-11-16 オーマイニュース)
 「後輩の女性研修医が、その1年前に自分が使っていた同じ宿直室で
くも膜下出血で亡くなった。見舞いに行って目にしたのは、
ひからびたような見るも無残な姿。
小児医療にすべてを捧げて働いた結果がこれなのかと思った」

 「夫は月に10〜13回も宿直をして、家に寝に帰ってくることはなかった。
10数年前のことだが、医療現場は改善どころかさらにひどくなっているように感じる。
医師が人間らしい生活を送れることが、患者さんの命の安全を
守ることにつながるのではないか」

 「大学院生だった息子が急死したが、まだ労災認定されていない。
息子を犬死させず、このような不幸な事例を生まないためにも、
最後まで闘っていきたい」――。

 医師が疲れきって病院を辞め、病院そのものも閉鎖されて、
そして患者が行くあてを失う「医療崩壊」は、昨年あたりから社会問題化してきたが、
実際に医師の過労死・過労自殺がかなりの件数にのぼっていることは、
まだあまり知られていない。

 「過労死弁護団全国連絡会議」(川人博幹事長)は14日、東京都内で
「なくそう! 医師の過労死」シンポジウムを開いた。
冒頭に挙げたのは、過労死・過労自殺をした医師の遺族や元同僚といった
出席者の声の一部だ。以下、シンポジウムで議論された医師の過労の実態や、
時代遅れの労働状況、その原因と解決策について紹介する。

眠れない宿直〜徹夜明けの手術は普通?

 過労状態になる直接の原因は、仕事の忙しさというより、
睡眠時間が取れないことが大きいとされる。

 勤務医時代の後輩の過労死を「自分が死んでいてもおかしくなかった」
と受け止める「ちばこどもクリニック」の千葉康之院長は、
厚生労働省の定める「宿日直」と実際の違いを指摘する。

 厚労省の定義では、宿日直とは時間外または休日に、巡回や電話の応対、
非常事態への備えのために勤務するもので、ほとんど労働する必要がない勤務。
医療機関であっても、軽度または短時間の業務のみ、とされている。
 
 だが実際は、頻回の呼び出し対応の連続だ。合間に日中できない書類仕事をこなす。
スケジュールは、朝8時から夕方5時までの通常勤務、そのまま翌朝9時まで宿直、
そのまま夕方6時まで通常勤務。土日連続勤務だと、もうワンクールこれが
繰り返される。「実際の宿直は、平日日中の何倍もの負荷がかかる仕事」と千葉氏。

 ここまでやっても、「ほとんど労働する必要がない勤務」と定義されているために、
勤務手当がつかない。40時間連続勤務のもうろうとした頭で、翌日の診療、
ひどいときは手術に入るのが実態だ。

 千葉氏らは数年前、小児科勤務医の宿直中睡眠の実態を調査した。
5人の健康な勤務医に、計37日間アクチグラム(睡眠状態を測定する機械)
をつけてもらったところ、1回宿直あたりの睡眠時間は平均で330分
(最低90分、最高449分)だったが、覚醒回数が平均5.36回(最低2回、最高10回)あり、
平均連続睡眠時間は70.65分(最高384分、最低22分)という結果が出た。

 本来、夜間は下がるはずの脈拍、血圧も、脈拍110以上、上位血圧も度々140を
超える人がおり、心臓に負担がかかっていることも明らかになった。

 「最近になって医師も大分声を上げるようになったが、それでもなかなか
一般には取り上げてもらえない。財務省、厚労省も見て見ぬ振りしようとしている。
もし、国民からも働きかけていただければ、この閉塞感でいっぱいの
医療界の現状を打開できるのではないか」と千葉氏。

「耐えられないのは医師の素質がないから」

 現状がきついなら、なぜ、医師は声を上げないのか?

 関西医科大学で1998年に起こった研修医の過労死事件を取材したジャーナリストで、
シンポジスとの1人、塚田真紀子氏は、医師がしんどいと言えない理由を、
「医師の世界は、『勝者の論理』で耐え抜くことが求められるから」と指摘する。

 世の勝ち組がそろう医学部を卒業したあと待っているのは厳しいヒエラルキーと競争。
医師が過労死したニュースを聞いても、「向いていなかったんだ」
「医師の素質がなかった」で済まされる。

 「特に、勤務医は『患者さんのために』という使命感が叩き込まれており、
高いプライドを持っている。そのため、医師が倒れたら患者のためにならない
という考えに到らず、自分を追い詰めてしまう」(増田氏)

 関西医大のケースは、亡くなった研修医の労働時間が月400時間以上に及んでいた
ため、父親が労災申請をしようとしたが、そもそも研修医は労働者として認められて
いなかったため、裁判で争って労働者の権利を認めさせたものだ。

 このとき、父親は大学に勤労実態の証拠提供を求めたが、
「医師は労働者でなく聖職です」と協力を拒まれたという。
結局、父親は自力で証拠を集め、勝訴・損害賠償を勝ち取ったが、
その判決を聞かずに亡くなった。

 研修医の9割は抑うつ状態を経験する、外科医の7割が当直明けに手術したことがある、
手術中に一瞬寝てしまった――など医師のストレス、寝不足と医療リスクの関連を
示唆するデータは数多くある。「勤務医は1人で年1億稼ぐ」(病院収入に貢献する
という意味)が、それをいいことに搾取を続けているのが、日本の医療制度だ。
その煽りは誰に返るのか。

 塚田氏は、
「医師の過労は患者にとってのリスク。医療を受ける側は声を上げなければならない。
日本はここ10年、世界一厳しい医療費抑制策をとってきたが、見直さなければならない」
と、医師の労働環境改善には患者側からの働きかけも必要であることを強調した。

月150時間の36協定、認定されない医師の過労死

 既往症のない労働者が急性心筋梗塞などで亡くなった場合、
発症前1カ月間におおむね100時間、または発症前2〜6カ月にわたっておおむね
月80時間の時間外労働をしていた場合、原則として業務上の死亡と認定され、
労災補償が行われることになっている。

 勤務医の週平均勤務時間は63.3時間(2006年厚労省調査)
月100時間超の残業に相当する。だが医師の場合、労災認定されない。

 こうした状況に、過労死弁護団全国連絡会議は14日、厚労大臣に対し、
「医師の過労死をなくし、勤務条件を改善するための施策強化の申し入れ」を行った。
要点は4つ。

(1)医師の労働時間の適正な把握
(2)36協定の適正な内容による届け出
(3)賃金不払い(サービス)残業の是正
(4)宿日直勤務の許可の適正な運用

 大半の病院は、36協定などそもそも締結せず勤務時間を記録しない、
適当な時間(年360時間など)を定めておいて遵守しない、という体制だ。
だがなかには、「医師に関しては月150時間」と馬鹿正直な実態を申告し、
労働基準監督署もそれを認めてしまっているところもあるのだという。

 シンポジウム最後に登壇した松丸正弁護士のところへも、
過労死による労災申請がこの1〜2年で急速に増えているという。同氏は、

 「医師・看護師の現場は壊れているとしかいいようがない。
でも、それを何とかしようとしたら、今度は医療提供体制が壊れてしまうという状況。
『医師は聖職』という意識のもとでかろうじて回っているのが
日本の医療の脆弱な実態だ。こうした状況は変えなければならない」

と語気を強めた。



「医師・教師 過労死110番」を17日に開設

 過労死弁護団全国連絡会議は今週土曜の11月17日、電話相談
「医師・教師 過労死110番」を開設する。相談内容は、おもに医師・看護師。
教師の過労死・過労自殺の補償と予防に関する相談。20都道府県で実施する。

 時間は地域により異なるため、ホームページで確認のこと。
東京は午前10時〜午後3時、相談受付番号は03(3813)6999。
http://www.ohmynews.co.jp/news/20071116/17442

他にも、こんな記事がありました。

医療機関の8割、労働法違反 ずさんな労務管理浮き彫り
asahi.com 2007年11月15日
http://www.asahi.com/health/news/TKY200711140330.html

情報元は僻地の産科医先生です。http://obgy.typepad.jp/blog/
いつもお世話になっています。
電話した結果を楽しみにしています。

本当に、ご協力頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。m(__)m

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お言葉ですが、Drが限りなく働いてくれていること。雑用に煩わされている事。夜間勤務(あえて当直とは言いません)の後、通常勤務につかれている事は 入院経験のある患者だったらみんな気付いていると思います。
それより問題は、医者を聖職・ロボットみたいに論じる医療崩壊を煽動する 識者やマスメディアだと思います。不可効力で診断できなかった脳卒中を【拒否】と報道したり、医療の限界事例までDrに責任ありとする 悪意ある報道が問題だと思います。

2007/11/18(日) 午前 5:55 KIDNEY 返信する

顔アイコン

医療の現場は混とんとしていて、過労は当たり前、医師・看護師がなんでもしてくれるのが当たり前という患者でひしめいています。
夜間に「混んでいないから」「ちょっと熱が出たから」といった理由で受診する人がいます。熱の種類にもよりますが、日中に受診しようと思えばできたはず。熱も自宅でさげる努力はしたのか・・など患者側にも責任がありそうです。
医師・教師は過酷な労働環境にあります。聖職者はどんなことでも耐えられると思っているんでしょうか?医師だって人間ですから心身に余裕がないと、治療のミスが起きたってしょうがないと思います。
病院は24時間ですが、コンビニのようにスタッフが従属されているわけではありません。受診する側にも配慮が必要だと思います。
もちろん医師を増やす社会的な制度も必要です。
にもかかわらず、なぜか大学では医学生の枠を少なくする傾向があるようです。今地方にいる開業医の医師は年寄りばかり。
(勤め先の市には70歳を超える医師は多くいます。)
こんな状況で、医学生の枠を制限している国の責任は重いです。

2007/11/18(日) 午前 11:07 あきら 返信する

顔アイコン

KIDNEYさん、コメント有難うございます。
ご指摘のように医者の激務については、かなり知られるようになってきましたが、
まだまだ知らない方が多いのも事実です。

この記事は本当にいい記事ですが、
一部のマスメディアの悪意ある報道は、何とかしてもらいたいものです。
KIDNEYさんの記事にもある、先日の
『<救急搬送拒否>交通事故の79歳女性死亡』(毎日新聞)とか、
河北新報の『4病院たらい回し 事故で救急搬送の女性死亡 福島』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000007-khk-l07
朝日新聞社説の『診療報酬―患者を困らせないように』
http://www.asahi.com/paper/editorial20071118.html

などなど、ミスリードに余念がありません…(涙…)

2007/11/19(月) 午後 3:04 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

あきらさん、コメント有難うございます。
>医師だって人間ですから心身に余裕がないと、
>治療のミスが起きたってしょうがないと思います。
本当にその通りです。
過労状態での診療や手術が、患者さんにとっていい結果を生むわけがありません。
一刻も早い労働環境の改善(少なくとも悪化を食い止めること)が望まれます。

>なぜか大学では医学生の枠を少なくする傾向があるようです。
一応、多くの大学では来年から定員が増員されます。
>地域医療の担い手となる医師を養成するため、
>全国合計で年最大285人まで大学医学部の定員増を認める。
http://www.asahi.com/health/news/TKY200708300365.html
が、指導医が疲弊し逃散している状況を改善せずに、学生だけ増やしてもね…
という所です。
どうして勤務医の待遇改善まで、考えが及ばないのでしょうか?

また仰るように、特に産科では高齢の先生も働いています。
その方々が引退したら…どうなってしまうのでしょうか?

2007/11/19(月) 午後 3:29 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

通りすがりのもと医者です。医者だった頃は、当直時は最長50時間ぶっ続けで働きました。50時間目も手術やってました(ほとんど意識ない状態で)
それでも緊急の合間にコンビ二救急やクレーム患者の対応、ムンテラも休み返上で毎日走り続けましたが、気づけばもうエンジンがかからない状態になっていて、とうとうエンジンが壊れちゃったみたいです。残された先生方には本当申し訳ないと思っていますが、今の私には医療崩壊をこのまま見届けることしかできないようです。 削除

2007/11/19(月) 午後 3:35 [ こう ] 返信する

顔アイコン

こう先生、はじめまして。
『もと医者』ですか…、さぞかしご苦労があったことと思われます。
お疲れ様でした。

先生のような方も戻れるくらいに、労働状況が改善すると良いのですが…
厳しいですよね。ブランクも痛いですし…
応援だけで結構ですので、宜しくお願いします。m(__)m

2007/11/19(月) 午後 6:22 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事