うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000038-yom-soci
救急病院検索、「使えない」と消防の53%が活用せず
2月14日14時33分配信 読売新聞

 救急隊員が患者搬送時に病院の受け入れ態勢を検索するための「救急医療情報システム」
を備えている44都道府県757消防本部のうち、
53・2%に当たる403本部でほぼ活用されていないことが、
]総務省消防庁のまとめで分かった。

 情報を即時更新する医療機関が少ないことが一因。厚生労働省は2008年度、
医療機関側に情報の更新を促す表示などができるようにするシステム改修の補助事業を実施する。

 消防庁のまとめによると、同システムを「全く利用していない」が23・9%、
「ほとんど利用していない」が29・3%で、合わせて半数を超えた。

 利用しない理由で最も多かったのは「リアルタイムの情報でない・情報の信頼性が低い」
という回答で、104本部あった。一方、情報更新が1日1、2回だけの医療機関は6割を占めた。
消防庁は医療機関側の人手不足などが原因とみている。

救急情報 即時更新は11% 急患搬送53%「利用せず」
2月14日16時24分配信 産経新聞

 救急搬送時に病院の空きベッド状況などを消防本部が把握するための
「救急医療情報システム」を導入している全国4358救急病院のうち、
即時に更新しているのは11%の485病院にとどまることが14日、総務省消防庁の調査で分かった。
病院側の情報入力に関する全国調査は初めてで、同日の救急搬送に関する検討会作業部会で報告された。

 病院の人手不足などが原因とみられるが、昨年秋の調査で約53%の消防本部が
「リアルタイムの情報でない」ことなどを理由にシステムを利用していないことも判明している。
救急患者の受け入れ拒否が問題化する中、病院による情報更新の頻度をいかに高めるかが
システムの有効活用の鍵を握ることになりそうだ。

 救急医療情報システムは都道府県ごとに整備され、急患をスムーズに搬送するため、
病院側が空きベッドや診療科目、手術の可否などをコンピューター入力して消防機関に提供する仕組み。

 調査結果によると、更新頻度別では、「1日2回」が最も多く31%の1344、
次いで「1日1回」が29%の1260だった。最少は「1日3回以上」で4%の162。
一方、「1日1回も更新していない」のは25%の1107病院もあった。
また、即時更新の485病院のうち69%の337が東京都の病院だった。

 調査はシステム未整備の山形、島根、沖縄を除く44都道府県の消防本部を通じて
1日現在の状況をまとめた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000115-san-soci

救急情報 半数が「定時更新」 大阪府内、人員不足訴え
2月14日16時24分配信 産経新聞

 総務省消防庁の調査で「救急医療情報システム」の情報を更新している
救急病院は、わずか11%にとどまることが判明した。
大阪府内では、270ある救急医療機関のうち261病院が同システムに参加しているが、
今回の調査では「情報をリアルタイムに更新する」とした施設は32病院にとどまった
138病院が「更新は定時に2回」としており、
改めて同システムが医療機関側の実態を反映していないことが明らかになった。

 大阪府医療対策課によると、府では昭和54年に電話回線を利用した情報検索のネットワークを開始。
現在のパソコンを使ったシステムも平成6年には運用を始めており、
救急医療に関しては先進的な地域とされてきた。

 だが、予算の関係などもあり、搬送先を探す救急隊が、救急車内で直接情報を確認できるような
端末を整備している自治体は都市部に限られており、現場の救急隊員にとっては
「システムがリアルタイムの情報ではないことは常識」(消防関係者)となっていた。

 府内では昨年から富田林市や大東市など、救急搬送拒否が相次いで表面化しており、
システムの効率的な運用が求められるが、府の担当者も
「あくまで人為的に入力してもらう必要があり、人員が手薄になる夜間での更新は難しい」と、
システムの課題を明かす。

 また、大阪府東部の救急病院の医師(59)からは
いったん救急患者が来ると治療にかかりきりになってしまい、更新どころではない。
もっと実情に即した簡便なシステムが必要」
と、システムそのものの改善を訴える声もあがっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000107-san-soci

先日の救急医療の整備求め、消防庁が要望
救急医療最後の砦が危機救急の輪番、8割が「厳しい」
の続編です。
論評するのもアホらしい統計ですが、突っ込んでおきます。

消防庁は医療機関側の人手不足などが原因とみている。

当り前だろ!専従の職員がいない限り、誰がリアルタイムに更新するんだよ!

更新頻度の多い、私や中間管理職先生(勝手に名前を出してすいません)のブログだって
1日3回がせいぜいです(笑)。

私は、

即時に更新しているのは11%

の方に驚きました。
凄く頑張ってますよね。

即時更新の485病院のうち69%の337が東京都の病院だった

やっぱり都会は人手があるのですね…
入力は誰がしているのですかね?(やっぱり医師がやるの?)

そして以前にも書きましたが、如何に「救急医療情報システム」を整備しようとも

『空きベッド、受け入れ可能科目、手術準備の有無』というものは、刻一刻変化するのです。

10分前は診療が可能でも、重症の急患が来ればたちどころに「受け入れは不可能」になるのです。

いくらシステムを改修しようとも、重症患者を病院に打診しないで搬送しようなんて、考えが甘いのです!


喜ぶのはIT企業だけです。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

先生の仰るとおりですね。システムを整備して何でも運び込まれて対応できるほど、人も機材も現場には足りていません。搬送することが救命ではありません。マスコミはまだこんな単純なことに気付けないのでしょうか・・・・。

2008/2/14(木) 午後 10:11 [ フェルとん ] 返信する

顔アイコン

...アソコを触ろうと股間にすべり込ませる。
『ズブっ』と中指が一瞬で飲み込まれていった。
初めての触る暖かい穴。少し指を動かしてみる。
『クチュッ』「あぁんんっ!」
と、急に穴が狭まると同時に彼女は『ビクっ』と体を震わせた。
彼女の声と仕草に俺は、興奮し、理性吹き飛び、彼女の股間にむしゃぶりつく。
「あんっ、はぁっ・・・はぁっ・・あっ・・・ぁんっ・・あああぁぁっっ・・・・・きゃあぁぁぁぁ、あんっ、あんっ、ああぁぁっ・・・・」
http://snipurl.com/1zfx8?ekkmif1 削除

2008/2/15(金) 午前 5:21 [ アドバーグ ] 返信する

顔アイコン

まさか本当に生でヤらせてくれるとわww
てか、なんであんな薄いゴム一枚であんなにも気持ちよさが違うんだ??
http://snipurl.com/1y9z8?ukkelbt 削除

2008/2/15(金) 午後 1:16 [ マシル ] 返信する

顔アイコン

フェルとん先生、コメント有難うございます。
>システムを整備して何でも運び込まれて対応できるほど、
>人も機材も現場には足りていません。
その通りですよね。
運び込んでも、適切に対応できなければ
患者さんにとっては、むしろ害になりますよね。

マスコミは気付いて無いわけがないと思いますがね…

2008/2/15(金) 午後 1:30 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

この手のシステムの話でいつも不思議なのは
どこまでシステム上のデータに載せるつもりなのか です。
空きベッド数だけわかっても、実際に対応可能か分からなければしょうがないですよね。
当直のドクター・自宅待機のドクターの状態によるし
まず搬送者の状態の判断が的確でなければ。
結局、どこまで行っても当の病院に対する確認は必要でしょう。
(確認が不要な状態にするには、異常なほどのシステム・予算を講じるか、他に選択肢がないかつ病院の余力は常にある状態にしないといけないですよね)

前のうろうろドクターさんのエントリーにもありましたが
どんな患者でも病院に運べさえすればよい、という消防庁の無責任さだけが見えてきます。 削除

2008/2/16(土) 午前 11:38 [ 桜井純一郎 ] 返信する

顔アイコン

桜井先生、コメント有難うございます。
実際に対応可能かは、特に重症の場合は、
絶対に病院への確認は必要ですよね。
(いきなり病院の玄関前にCPAが送り付けられたりしたら、
発狂しますね)

>他に選択肢がない…
他に受け入れる病院が無いから、選択のしようが無い
という状況にいずれなりかねませんが…

2008/2/18(月) 午前 0:14 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事