うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

救急存亡(その1)

朝日新聞の特集です。
あんな社説を書いたとは思えない、すばらしい特集です。
是非、ご覧下さい。
救急医療をどうすれば守れるか、一緒に考えましょう。

(1)「殉職」 救命の代償 我が命

 銀のシートに入った錠剤を机に広げた。抗うつ剤。2、3粒取り出しては、缶ビールで流し込む。
一向に落ち着かない。また数粒、さらに数粒と飲み続けた。昨夏の夜のことだ。

 午前1時を回ると、意識がぼんやりしてきた。気がつくと病院のベッドの上。
朝、出勤して来ないのを心配した同僚が駆けつけてくれた。飲んだのはざっと100錠。
致死量は優に超えていた。 

 男性は45歳。当時、関西の救命救急センターで働く救急医だった。 

    ■ 

 大学病院で10年余、小児科医として勤務。生体肝移植に携わった経験から、
集中治療室での患者管理の技術を高めようと、05年の夏、救急の世界に飛び込んだ。 

 想像を超える激務はすぐやってきた。当直は月6回。一晩に重症患者が4人ほど運ばれてくる。
重篤なら3、4時間はかかり切り。集中治療室にいる別の患者もいつ急変するかわからない。
極度の緊張で仮眠も取れないまま、連続40時間勤務が当たり前になった。 

 心肺停止の赤ん坊を蘇生させた時、脳に損傷が見つかり、父親に怒鳴り込まれた。
「医療ミスやないか」。子ども好きの男性にはショックだった。
落ち込む日が続き、うつ病と診断された。 

 大量服薬による「自殺未遂」。周囲にはそう言われたが、明確な意思はなかった。
4カ月間仕事を休み、退職した。過労が原因で発病したとして労災認定を申請中だ。 

 今は民間病院に勤める。「人の命を救うのに自分の命を削っていた。
救急に戻りたい気持ちもあるが、心も体も持たない」。薬はまだ、手放せないでいる。 

 患者だけでなく、自らの死と向き合う医師たちがいる。 

 昨年2月、勤務先だった北海道富良野市の富良野病院に救急搬送され、
心原性ショックで急死した男性小児科医(当時31)の労災が認められた。
死亡直前の5日間で32時間残業した。前に勤めていた士別総合病院(士別市)でも
月100時間超の時間外勤務。急患対応の自宅待機も続き、呼び出されないのは月に1日程度だった。 

    ■ 

 「心配かけてごめん、お母さん」。
その電話が、麻酔科勤務の女性研修医と母(63)の最後の会話になった。 

 04年の正月明け、十全総合病院(愛媛県新居浜市)の外来病棟で倒れているのが発見された。
自分で静脈に麻酔薬を注射し、28歳の命を絶った。 

 麻酔医は緊急手術が不可欠な救急医療の要だが、病院にはたった2人。
1時間以内で駆けつけられるよう求められ、近くの温泉に母と出かけた時も
昼夜を問わず携帯電話が鳴った。 

 03年2月、急に手足に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群」になった。
3月末まで自宅療養するはずが、病院から「忙しいので戻ってほしい」。
5月、帯状疱疹(ほうしん)を発症。勤務先に8日入院したが、病室から毎日、医療現場に向かった。 

 両親は病院を提訴。大阪地裁は昨年5月、過労と自殺との因果関係を認め、
病院側に約7700万円の賠償を命じたが、大阪高裁で係争が続く。 

 「娘は医師不足の犠牲者」。父(64)は、そう信じて疑わない。 

    ■ 

 02年2月、大阪府守口市の関西医科大付属病院で死亡した研修医について、
大阪地裁が過労死と認定。これを機に、薄給で長時間労働を強いられる研修医の実態が問題視され、
04年度に始まった新臨床研修制度で待遇改善が進んだ。
皮肉にも、その「しわ寄せ」が中堅医師に及ぶ。 

 過労死弁護団全国連絡会議で代表幹事を務める弁護士の松丸正は警告する。
「救急医療の崩壊を救うのに、国は何もしてくれない。
現場の医師だけが踏ん張り、そして自身が壊れていく」 

 もはや、使命感だけでは医師たちを現場に引き留められない。
医療ミスを招きかねない劣悪な労働環境に悩んだ末、救急の看板を下ろす病院が全国で相次ぐ。
(敬称略) 

   ×   × 

 日本の救急医療が危機に瀕(ひん)している。少子高齢化で救急搬送が増え、
患者の権利意識も高まった。疲弊した医師が次々と去り、さらなる激務を生む
「負のスパイラル」から抜け出せるのか。病根が深まる現場から、報告する。 

 《医師の過労死・過労自殺》 厚生労働省の医師勤務状況調査(06年3月)によると、
病院勤務医の労働時間は1週間当たり平均63.3時間。
月平均の時間外労働は、同省が「過労死ライン」とする月80時間を超す。
過労死弁護団全国連絡会議のまとめでは、医師が過労死または過労自殺で労災認定されたり、
労災補償の対象になったりしたのは、昨年11月現在で計22件。
うち16件が02年以降と増加傾向が著しいが、「氷山の一角」との声も根強い。
http://www.asahi.com/kansai/news/kyuukyuu/OSK200802120037.html


(2)「外患」 暴力・訴訟 しぼむ熱意

 1月の夜、東京都墨田区の白鬚橋病院救急センターに怒声が響いた。

 「何でおまえみたいな若造が診るんだ。バカにしているのか」。泥酔者だ。
当直は29歳の男性医師。「金、土の夜はいつもこう」。けられ、胸ぐらをつかまれたこともある。

 「酔っぱらいセンター」。週末、院内では自嘲(じちょう)をこめてこう呼ばれる。
昨夏は、頭から出血した泥酔者が診察室で暴れ出し、ほかの患者が避難。警察が呼ばれた。
患者が落ち着くまでは救急隊員も離れることができない。
その日は同じような来訪者が続き、病院前に救急車が5台並んだ。

 壁をけり、穴を開ける。点滴台を振り回して威嚇する。暴れて心電図モニターを壊す――。
すべてこの1年に起きた。

    ■

 長野県の救命救急センターでも刃物を持った男が暴れる「事件」があった。

 1月17日午前3時、「酔っぱらって階段を踏み外した」と訴える中年の男が救急車で運ばれてきた。
外科系の当直医が診たが、男は「医者は何で、偉そうにしてるんだ」と怒り出し、
ポケットから折り畳みナイフを取り出した。警備員が駆けつけて取り押さえ、病院の外へ追い出した。

 現場に居合わせた職員は「地方でもこんな患者が来るなんて。モラルの低下ははっきりしている」
とこぼす。

 傷つき、現場を去る医師は後を絶たない。

 「救急なんて二度とやるもんか」。西日本の男性外科医(33)は言い切る。
3年前まで大学病院の救急医だった。

 首つり自殺した男性の死亡確認をすると、つれ合いの女性に「なぜ助けられなかった」
と責められた。大量の睡眠薬を飲んでは運ばれて来る若い女性には、目覚める度に悪態をつかれた。
「医療とは患者と協同して行うものと思っていたのに」

    ■

 そして訴訟。

 大阪府内のある病院長は、当直医の専門外の患者はすべて断っている、と打ち明ける。

 3年前、薬物自殺を図った患者の搬送要請があった。当直医は外科系。
薬物中毒は専門外だったのに助けようと受け入れた。治療を尽くしたが、急性呼吸不全で死亡。
遺族は「医師の管理が悪かった」と提訴した。「がまんの限界。救急をやめて」。
勤務医らの声に妥協せざるを得なかった。

 「頑張れば頑張るほど訴訟リスクが高くなるなら、続けたくても続けられない。
救急制度はすでに破綻(はたん)している」

 救急医なら知らぬ人がいない判例がある。

 大阪高裁が03年10月、奈良県立五條病院に対し、
救急患者の遺族に約4900万円の支払いを命じた判決。
事故で運ばれた患者は腹部出血などで亡くなり、
病院側は「当直の脳外科医が専門外でも最善を尽くした」と主張したが、
裁判所の判断は「救急に従事する医師は、専門科目によって注意義務の内容、程度は異ならない」
だった。

 訴訟になれば医師はさらに重い荷物を背負う。裁判所に提出する診療記録を分析し、
1カ所ずつ日本語訳の注釈をつけていく。治療の合間に、膨大な作業が待っている。

    ■

 重篤患者を受け入れるため、人材・設備が最も手厚い全国205カ所の救命救急センターですら、
不足する専従医は2500人といわれる。救急の担い手の多くは、より小規模な病院。
交代で当直する各科の医師が専門外の患者を診ざるを得ない現実がある。

 白鬚橋病院長で都医師会救急委員長の石原哲(55)は訴える。
どんな優れた医者でも、何でもできるわけではない。
専門外まで対応できなければ過失があると言うなら、受け入れを制限せざるを得ない」(敬称略)

 《救急のコンビニ化と院内暴力》 軽症者の救急搬送数は06年、254万件と
10年間で1.5倍に増えた。総務省消防庁の04年調査では、
全出動の3.4%が緊急性がないのに年5回以上搬送要請をした人によるもので、
24時間、自分の都合で利用する「救急のコンビニ化」が進む。患者とのトラブルも頻発。
東京都医師会が06年、都内274の救急施設に実施した調査(回答率71%)では、
院内の安全について79施設が「大変不安」「不安」と回答。暴言・暴行は117例に上った。
http://www.asahi.com/kansai/news/kyuukyuu/OSK200802130011.html

閉じる コメント(6)

顔アイコン

繰り返し、報道されることによって初めて国民が知ることになると最近気がつきました。
繰り返し繰り返し報道です。
あの、「たらい回し」の言葉のように・・・。

2008/2/15(金) 午後 7:04 瑞山 返信する

顔アイコン

NHKも「たらい回し」という言葉を使って、ニュースを読んでいますね。
患者側の立場だと「たらい回し」なのです。
病院側の立場だと「患者受け入れ不可能な病院の連鎖」になるのでしょう?(その状態だけを単純に表現しいます)

医師会や何かの団体で、『「たらい回し」という表現は事実を覆い隠し不適切』などと、マスコミへ言葉の言い改めを求めてはどうでしょう?

一例で、以前、国やメディアが使う「ネットカフェ難民」という言葉で、経営悪化になったネット業界が、国に言い改めを求めたことがあります。

2008/2/15(金) 午後 10:51 [ yoc*_c*n*er ] 返信する

顔アイコン

最早これまででしょう。
一度、崩壊して国民にどうしたらいいのか?問うしかないのかもしれません。立て直しに、どのくらいの期間がかかるのか想像もできませんが・・・
立て直し不可能になる可能性の方が高いような気もします。
駅前の放置自転車が増えてるようです。自分だけ良ければ、全て良し。結果が悪ければ、医師の所為。
根は同じような気もします。

2008/2/15(金) 午後 11:03 [ obg**e191 ] 返信する

顔アイコン

瑞山さん、コメント有難うございます。
>繰り返し、報道されることによって
>初めて国民が知ることになると最近気がつきました。
私も内心「もうダメかな」と思いつつも、
同じような記事を切り返し書いています。
繰り返し報道ならぬ、繰り返しブログです。(笑)

後世への記録という意味合いもあります。

2008/2/16(土) 午前 3:05 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

yocoさん、コメント有難うございます。
「たらい回し」については、中間管理職先生をはじめ
多くの医師が抗議文をマスコミに送っていますが
梨のつぶてです…
http://ameblo.jp/med/entry-10064742000.html
http://ameblo.jp/med/entry-10059637365.html

日本医師会に期待するのは無駄ですね。
もっと大事なこと(例えば、読売の社説など)にすら抗議しないのですから…
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080214-OYT1T00643.htm

http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/20878287.html

2008/2/16(土) 午前 3:13 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

obgyne先生、コメント有難うございます
確かにこの記事からは絶望感しか感じませんでした。

>自分だけ良ければ、全て良し。
>結果が悪ければ、医師の所為。
>根は同じような気もします。
同感です。
日本人自体が、滅亡への道を歩んでいるのかもしれませんね。

2008/2/16(土) 午前 3:17 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事