うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]







医師の過労死、損害賠償請求を棄却−東京高裁
10月22日13時18分配信 医療介護CBニュース

 小児科医中原利郎さん(当時44歳)がうつ病によって自殺したのは、
最大で月8回に及ぶ当直勤務をこなすなど過重な業務が原因として、
遺族らが、勤務先だった病院を運営する立正佼成会の「安全配慮義務違反」などを理由に
損害賠償を求めた民事訴訟の控訴審判決が10月22日、東京高裁であった。
鈴木健太裁判長は、民事訴訟で東京地裁が否定した
「過重な業務とうつ病との因果関係」は認めたものの、
「病院側が(中原さんの心身の変調を)具体的に予見することはできなかった」として、
原告側の訴えを棄却した。(山田利和・尾崎文壽)

 判決は、中原さんが1999年3月に月8回、週当たり2回の割合で当直を担当し、
翌4月には、6回の当直のうち、当直を挟んで通常勤務や半日勤務を行う連続勤務が
4回あったことを挙げ、「3月と4月の勤務は過重で、著しい身体的心理的負荷を与えたというべき」
などとして、中原さんの業務の過重性を認めた。
 また、中原さんが勤務していた立正佼成会附属佼成病院(東京都中野区)の
小児科の部長が退職したのを受け、中原さんが部長代行になった直後の同年3、4月ごろ、
常勤医や日当直担当医の減少という事態に直面したことについて、
「部長代行としての職責から、問題解決に腐心し、
見過ごすことのできない心理的負荷を受けたというべき」と指摘した。
 これらを踏まえ、「主として、99年3月以降の過重な勤務、
加えて、常勤医の減少などによって大きな心理的負荷を受け、
これらを原因とした睡眠障害または睡眠不足の増悪とも相まって、うつ病を発症したというべき」
などとして、過重な業務とうつ病との因果関係を明確に認めた。

 一方、「安全配慮義務」については、過労で自殺した社員の遺族が電通の責任を求めて提訴した
「電通事件」で、最高裁が2000年3月24日に出した
「使用者は、雇用する労働者に従事させる業務を定めて管理するに際し、
業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷などが過度に蓄積して
労働者の心身の健康を損なうことがないように注意する義務を負う」などとした判決を引用。
 しかし、中原さんについては、「過重な勤務であっても、
病院側が、中原さんの疲労や心理的負荷などを過度に蓄積させて、
心身の健康を損なうことを具体的客観的に予見することはできなかった」などとして、
病院側の「安全配慮義務違反」には当たらないとする見解を示した。

 中原さんの訴訟については、07年3月14日の行政訴訟の判決では、
「うつ病は過重な業務によって発症した」と労災認定したが、
同29日の民事訴訟の判決では、「うつ病と業務との因果関係が認められない」と、
同じ東京地裁が“正反対”の判断を示していた。
行政訴訟では、厚生労働省が控訴せず、労災が確定していただけに、
高裁が、医師の当直勤務の過重性や病院の「安全配慮義務」について、
どのような判断を示すかが注目されていた。 
http://news.cabrain.net/article/newsId/18778.html

判決受け小児科医らがコメント―中原裁判
10月22日22時43分配信 医療介護CBニュース

 小児科医中原利郎さん(当時44歳)の過労自殺をめぐる民事訴訟の控訴審判決で、
東京高裁は原告側の訴えをすべて棄却した。この判決を、有識者らはどう受け止めたのだろうか。
小児科医、労働問題の専門家、病院団体の代表らに話を聞いた。(尾崎文壽、山田利和、敦賀陽平)

 埼玉県済生会栗橋病院の白髪宏司副院長(小児科医)は、
「中原先生が、われわれ全国の小児科を憂えて残してくれた遺書の内容を、
裁判所が全くくみ取ってくれなかったことに強い憤りを感じる。
判決文に、今後の病院経営に注意を喚起するようなコメントが
少しぐらいは入るのではないかと期待していたのだが」と厳しく批判した。
また、「医療者の心身が健康でなければ、いい医療は提供できない」と述べた。
 原告の妻のり子さんには、「多くの勤務小児科医が落胆したことは想像に難くないが、
もし上告されるのであれば、全国のほとんどの小児科医が味方になるはず」とエールを送った。
 過重労働問題に詳しい札幌市在住の江原朗さん(小児科医)は、
自殺した麻酔科医に対する病院側の「安全配慮義務違反」が
昨年5月に大阪地裁で認定されたことを指摘した上で、「今回は認められず残念だ」と語った。
のり子さんに対しては、「小児科医の過酷な勤務状況を明らかにし、問題提起してくれた」
と謝意を表した。また、小児科の現状について、
「3、4人の小児科医で二十四時間体制を維持するのは不可能」と指摘した上で、
「医師不足が解消されるまでは、10人程度の小児科医を集めた拠点病院をつくるべき」
との改善案を示した。 
 日本病院会の山本修三会長は「どんな結果になろうが、
医療界としては大事な問題で、このまま放っておくことはできない」との認識を示した。
その上で、「中原医師の死は、医師不足の中で起こったという見方もできる」として、
「労働基準法を守るためには、今の医師数では足りない。
法を守れるような仕組みと人数を確保しなければならない」と訴えた。
また、「政府の経済財政諮問会議に匹敵する『医療改革委員会』をつくり、
現場の医師を入れて大枠の議論をすべきだ」と提案した。
 「これ以上、働けますか?」「働きすぎの時代」など、
労働問題に関する多数の著書がある関西大経済学部の森岡孝二学部長は、
「うつ病を発症させるほどの業務の過重性を認めた半面、
医師の心身の変調を病院側が予見できなかったとしており、判決には一貫性がない」と指摘した。
また、「電通事件」の最高裁判決(2000年3月24日)を例に挙げ、
「過去の判決に照らしても納得がいかない。
司法の判断は、医療現場の現実を直視していない」と批判した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000009-cbn-soci
http://news.cabrain.net/article/newsId/18793.html

予想されていた事とはいえ、実際に完全敗訴してしまうとショックですね…
民事訴訟と労災認定のハードルが違うのは解りますが…

朝の新聞では、夕方のニュース番組でも特集される予定だったのが、
『脳内出血妊婦死亡事件』で吹き飛んでしまい、2重にショックです。
(夕方も夜もニュース番組を見れなかったのですが、扱いは小さかったですよね?)

江原先生も仰っているように、
今回は敗訴でしたが、中原のり子さんが今まで行なってきた

「小児科医の過酷な勤務状況を明らかにし、問題提起してくれた」

事実が色褪せる訳ではありません。

今後、最高裁に上告されるかどうかは私には解りませんが、今後とも微力ながら応援させて頂きます。

「うつ病を発症させるほどの業務の過重性を認めた半面、医師の心身の変調を病院側が予見できなかったとしており、判決には一貫性がない」

「過去の判決に照らしても納得がいかない。司法の判断は、医療現場の現実を直視していない」

という辺りに逆転の余地はあるかもしれません。

逆に、

このまま『病院側には責任が無い』という判決が確定してしまうと、これからも医師を「労働基準法など無視して働かせている」病院は考えを決して改めないでしょう…

病院の経営も苦しいのですから…

結局は、医療費が絶対的に不足している事に行き着くのですが…


医療の未来はお先真っ暗です。
『医者は聖職なんだから、自分を犠牲にしてでも他人を救うのは当たり前』
とお考えになるのは自由ですが、

このままでは本当に『労働条件の厳しい科』の医師は居なくなってしまいますよ…


この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

看護士だって足りないわけで、対症療法的な対策を取る一方で、根本的な問題にも眼差しをそそぐ必要があります。

少子化による人口構成のアンバランスがあって、しかも能力があるのに虚業に従事する人間があまりにも多すぎるというという点も見逃せないです。世界的な経済・政治のあり方や枠組みを、根本的に見直す必要があると思います。

2008/10/23(木) 午前 7:43 佐原ケイン 返信する

顔アイコン

佐原ケインさん、コメント有難うございます。
>看護士だって足りないわけで、対症療法的な対策を取る一方で、
>根本的な問題にも眼差しをそそぐ必要があります。
その通りです、しかし読売を始めとするマスコミは
「医師を計画配置しろ」などと、ろくなことを言いません。
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/26145858.html

>世界的な経済・政治のあり方や枠組みを、
>根本的に見直す必要があると思います。
本当ですね。
今後マスコミ報道がどうなるかにかかっています。

2008/10/23(木) 午後 3:51 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

いち小児科医として、少しでもいい方にかわってくれるのを祈ります。安価な医療で犠牲になっているのは、少ない人数でまかなっている勤務医です。特に小児科は使命感から無理をしてきたというところが多いと思いますが、もう自助努力の範囲を超えていると思います。もっと頑張れというのは無理でしょう。

2008/10/26(日) 午後 1:32 [ ped_in_canada ] 返信する

顔アイコン

ped_in_canada先生、コメント有難うございます。
本当にいい方に変わってくれるといいのですが、
先日の『脳内出血妊婦死亡』のマスコミの論調は相変わらずです。

>特に小児科は使命感から無理をしてきたというところが多いと思いますが、
>もう自助努力の範囲を超えていると思います。
まったくです。

医療の『アクセス』も『クオリティ』も維持したいのなら、
コストを増やす以外にない事から、どうしてマスコミは目を背けるのでしょうね。

2008/10/26(日) 午後 9:28 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

名古屋大学医学部小児科の岩山秀之と申します。この度、当医局では子育て支援制度という名古屋大学小児科および20を超える関連病院小児科で、女性医師が子育てをしながら仕事を継続できるような労働環境を作りました。下記にホームページアドレスがありますので、一度目を通していただけると幸いです。

名古屋大学小児科 子育て支援制度
http://www.nagoya-ped.com/

2008/11/12(水) 午前 5:13 [ leolio ] 返信する

顔アイコン

岩山先生、はじめまして。素晴らしい試みですね。

拙ブログでも何度も述べていますが、
男性を含めた全体の労働条件の向上が大切だと思います。
その為にも、十分な人数と余裕のある資金が必要でしょう。

先生も大変だと思われますが頑張って下さい。

応援しています。

2008/11/12(水) 午後 1:06 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事