うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]




厚労省が「労基法違反を黙認」と追及―民主
11月7日19時4分配信 医療介護CBニュース

 民主党の「厚生労働部門会議」が11月7日に開かれ、
東京都内で妊婦が8病院に受け入れを断られた問題を取り上げた。
同党の議員らは、医師不足の現実を直視して対応策を取っていれば、
今回の問題は起きなかったとの認識を示し、
「厚生労働省が、医療現場での労働基準法違反を黙認してきたせいだ」などと、
厚労省の責任を厳しく追及した。

 東京都は8病院が受け入れを断った理由について、8病院から聞き取り調査した。
それによると、当日の当直体制は2病院が1人、3病院が2人、3病院が3人だった。
また、8病院のうち4病院のNICUと1病院のMFICUが満床だったという。
NICUのベッド不足は以前から問題になっているが、
増床すると小児科医と産科医も増員しなければならないため、増床は容易ではないとされている。

 同会議で厚労省の担当者は、「最終的な(受け入れ)病院に行くまでのシステム
(救急医療情報システム)の問題が指摘されているので、改善していかなければならない」と述べた。
これに対し、蓮舫参院議員らは
「いくらシステムをつくっても、現場の情報を入力する人がいない」
「受け入れる人(医師)も足りないし、(NICUが)ずっと満床だったら(この問題は)解消しようがない」
などと追及した。

 山井和則衆院議員は、「医師の多くは労基法を守っていないが、
患者に迷惑を掛けないようにと黙って隠し続けてきた」と述べ、
多くの医師の「善意」によって医療現場が支えられている現状を訴えた。
原口一博衆院議員は「厚労省は医療を管理する一方で、医療者を守るという責務もある」と強調し、
医療現場で労基法の順守を徹底するよう求めた。

 足立信也参院議員は、多くの医療機関が建前では「宿直」と称して
医師に「夜勤(時間外労働)」をさせている実態について取り上げた。
足立議員によると、3年ほど前に多くの医療機関に労働基準監督署が立ち入り、
医師の宿直を「これは時間外勤務だ」と指摘し、過去にさかのぼって追徴課税した。
追徴課税された病院は、医師の「夜勤」を黙認しておきながら、
報酬も「宿直」の分しか払っていなかったという。

 会議の最後に、鈴木寛参院議員は「次回は労基法の担当者からヒアリングして、(医療者向けに)
新しい(労働基準の)ガイドラインやスタンダードをつくることなども検討していきたい」
と述べた。

【NICU】
 新生児集中治療管理室。身体の機能が未熟なまま生まれた新生児や、
先天性の障害などにより集中治療を必要とする新生児のための施設。
保育器、人工呼吸器、微量輸血ポンプ、呼吸循環モニター、経皮酸素分圧モニターなどの
機器を備えており、新生児を専門とする医療スタッフが24時間体制で治療を行う。

【MFICU】
 母体・胎児集中治療管理室。ハイリスク妊娠に対応するため、
主に産科のスタッフが24時間体制で治療を行う施設。
分娩監視装置、呼吸循環モニター、超音波診断装置、人工呼吸器などの機器がそろっている。
https://www.cabrain.net/news/article/newsId/19059.html

多くの医療機関が建前では「宿直」と称して医師に「夜勤(時間外労働)」をさせている実態

拙ブログでも何度も書いていますが、
「宿直」(「当直」)勤務の定義ですが、
平成14年3月19日に厚生労働省労働基準局長の出した
「医療機関における休日及び夜間勤務の適正化について」という通達に
次のように示されています。
・労働基準法における宿日直勤務は、夜間休日において、
電話対応、火災予防などのための巡視、非常事態が発生した時の連絡などにあたることをさす。

・医療機関において、労働基準法における宿日直勤務として許可される業務は、
常態としてほとんど労働する必要がない業務のみであり、
病室の定時巡回や少数の要注意患者の検脈、検温等の軽度、または短時間の業務に限る。

・夜間に十分な睡眠時間が確保されなければならない。

・宿直勤務は、週1回、日直勤務は月1回を限度とすること。 

・これらの労働者については、突発的に通常の労働を行った場合を除き、
法第36条に基づく労使協定の締結・届出等を行うことなく、
また、法第37条に基づく割増賃金を支払うことなく、
法定労働時間を超えて労働させることができるものである。

・宿日直勤務中に通常の労働が頻繁に行われる場合は、
宿日直勤務で対応することはできず、交代制を導入するなど体制を見直す必要がある。

医師不足の現実を直視して対応策を取っていれば、今回の妊婦が8病院に受け入れを断られた問題は起きなかった

とまでは私は言えませんが、今よりは良い医療を提供できるだろうと思います。

「厚生労働省が、医療現場での労働基準法違反を黙認してきた」

ことは、医療崩壊の大きな原因の一つです。

「厚労省は医療を管理する一方で、医療者を守るという責務もある」

厚生『労働』省なのですからね。

「医師の多くは労基法を守っていないが、患者に迷惑を掛けないようにと黙って隠し続けてきた」

そう言って頂いたことに素直に感謝します。

厚生労働省が反省するとは思えませんが…

閉じる コメント(27)

顔アイコン

この問題については、既にこのブログで全く同じ主張がされています。民主の先生方も参考にしたのかな?
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8a42.html
厚生労働省も「厚生」と「労働」を統合して機能して欲しいですね。 削除

2008/11/8(土) 午前 11:05 [ 救急医 ] 返信する

顔アイコン

今の研修医を含めた医学生は労働者権利意識が強いです。全員がそういう意識ですから、奴隷労働を強いるような場所では決して働きません。常勤にならず、フリーランスとして9時17時しか働かない人も驚くほど増えています。医師数を増やしても、労働環境が悪い場所は決して充足されないでしょう。医師に支払われる人件費は、医療機関の全人件費の4分の1程度に過ぎないということもみんな知っています。
きちんと時間外手当てを払わない病院は、医師が減りつぶれます。
働き場所も働き方も非常に多様化していますから、この流れはとまらないでしょう。
労働組合すら作ってこなかったのは老人医にみんな怒っていますよ 削除

2008/11/8(土) 午前 11:23 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

今の研修医を含めた医学生は労働者権利意識が強いです。全員がそういう意識ですから、奴隷労働を強いるような場所では決して働きません。常勤にならず、フリーランスとして9時17時しか働かない人も驚くほど増えています。医師数を増やしても、労働環境が悪い場所は決して充足されないでしょう。医師に支払われる人件費は、医療機関の全人件費の4分の1程度に過ぎないということもみんな知っています。
きちんと時間外手当てを払わない病院は、医師が減りつぶれます。
働き場所も働き方も非常に多様化していますから、この流れはとまらないでしょう。
労働組合すら作ってこなかったのは老人医にみんな怒っていますよ 削除

2008/11/8(土) 午前 11:23 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

ノリママさん
看護師が賢いのは、ひたすら労働環境の改善を訴えつづけ強硬な姿勢を崩さなかったことです。交渉の基本です。老人医は、医療費を増やせとか医学部の定員を増やせとかトンチンカンなことしか言いません。はっきりいって、そんなのは国が考えることです。医師はひたすら労働環境の改善だけを訴えればいいんです。改善されなければさっさと逃散すればいいんです。逃げるのが遅すぎます。当方、30歳フリーの麻酔科医ですが、土日完全休みで年収3000万強いただいています。50才まで働いて引退するつもりです。もちろん、きちんとした労働環境が整備されれば、病院の常勤に戻ってもいいと考えています 削除

2008/11/8(土) 午前 11:56 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

obgyne191先生、コメント有難うございます。
>対策がでるのは焼け野原になってからのような気がしますね〜
既に焼け野原は近いですけどね…

>墨東病院もいつまで支え続けられるか疑問です
全くです。
『可能な限り2人』なんて無理過ぎますよね。

2008/11/8(土) 午後 0:48 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

ノリ★ママ様
> 大病院も、中小企業だったのです。
そうなんですか(驚)
> 究極、年金(特に議員年金)を減らしてでも、死守しなければならない分野ではないでしょうか?
確かに、公的な対応が必要だと思います。医師数もGDPに占める教育費も、日本はOECD諸国中のランク

で下から数えた方が早いそうですから(苦笑)。
しかし「年金を減らしてでも」というのどうかと…。一応議員年金は廃止されましたし。(これまで納付分は既得

権として残ってますが) 官僚の「共済年金」を減らしましょう(笑)。
ともかく、今の国家予算はガラガラポンして全面的に組み替えが必要でしょうね。
私には、1票の投票でしか実現に向けた行動は取れませんが(汗)

誤記訂正:もちろん違法就労は是正せねばならないし 是正×→遵守○ 削除

2008/11/8(土) 午後 0:49 [ 少彦梛(一患者) ] 返信する

顔アイコン

何で労基法を守らないのか様
> 労働組合すら作ってこなかったのは老人医にみんな怒っていますよ
老人医とはどの世代の先輩を指して言ってるのか分かりませんが、怒ってないで自分達で労働組合を作ればいいじゃないですか。 労働組合は勤める会社(病院)が違っている者どうしでも組織できますよ。 人の所為にせず、自ら立ち上がったら如何ですか?
個人的な経験ですが、私の勤務する会社でも、一人前の仕事もできず、社会的責任感も薄い、不平不満ばかり言う若手社員は少なからずいます。 他人の所為にするばかりで、組合に不当性を訴えるなど自らはけして行動しない輩が多いですね。

患者への医療に対する責任から逃げず、今の医療環境を少しでも良くしようと立ち上がり、また、医療の問題点について声を上げている医師の方がよほど社会的責任を果たしていると思いますよ。 削除

2008/11/8(土) 午後 0:52 [ 少彦梛(一患者) ] 返信する

顔アイコン

少彦梛さん、コメント有難うございます。
>緊急の課題解消(労基法遵守、退職産科医の復職など)、
>当面の課題への対策案(医師増と勤務医報酬の増額など)、
>数年後に向けた課題への対策案をセットで提案してくれれば最高なのに…
そこまでしてくれないと崩壊は止まらないのですけどね…
ただ、実行を約束してくれれば、医師の多くは民主党支持に回るかもしれません。
まだwebには出ていませんが、鈴木寛先生のレポートもなかなか良かったです。

ただ、相手の官僚は本当に手強いですからね。
丸め込まれてしまう危険性は高いです。

2008/11/8(土) 午後 0:56 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

何で労基法を守らないのかさん、コメント有難うございます。
>我々新世代医師は労働者権利をきちんと植え付けられてますから、
>先人のように奴隷労働など一切しません。
それが「新臨床研修医制度」の最大の成果ですね。
正直、賛否両論あるのですが(昔ながらの奴隷根性はなかなか抜けません)
時代の流れです。
厚労省の官僚や、産婦人科学会の上層部の方々には、
どうしてもご理解頂けないようですが…

>労働組合すら作ってこなかったのは老人医にみんな怒っていますよ
その通りなのですが、なかなか難しい問題です。
医師というのは、まとまりがないし、自己主張が強いですからね。
わりあいに考えの近い医師が多いはずの「全国医師連盟」ですら
ユニオン作りは遅々として進みません…

2008/11/8(土) 午後 1:10 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

>医師はひたすら労働環境の改善だけを訴えればいいんです。
確かに個人の行動としては、それでいいと思います。

ただ、
>老人医は、医療費を増やせとか医学部の定員を増やせとかトンチンカンなことしか言いません。
>はっきりいって、そんなのは国が考えることです。
4月12日の超党派議連のシンポジウムでの山形大学学長の嘉山先生の言葉で、
「何をしてきたと言われたら、医者は医療をしていた」というのがありましたが、
少なくともこれからはそれではいけないと、私は思います。
医師も社会の一員として、責任を果たすべきです。

逃散だけでなく、自ら労働条件を改善するためにも闘うべきだと思います。

真々田さんの言葉です。
>医療者は総意や知恵を集め、何らかのアクションを起こしてほしい。
私はその通りだと思います。
https://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=17603
http://d.hatena.ne.jp/DrPooh/20080814/1218689528

2008/11/8(土) 午後 1:35 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

ノリ★ママさん、コメント有難うございます。
>マスコミが取り上げても世論が動かなければ自治体や国は動かないし、
>体制改善に動くと左遷させられた…
そういう悲惨な目にあった先人は多数いました…。

最近は少し流れは変わってきましたが、
未だに「たらい回し」「受け入れ拒否」は続きますね。

>墨東や大学病院など大病院も、中小企業だったのです。
内情はその通りだと思います。
国民の多くは知らなかったことでしょうが…

2008/11/8(土) 午後 1:49 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

救急医さん、参考になります。
東京大学政策ビジョン研究センターですか、
さすがに正確ですね。

どうして同じ東大出身の官僚は…

2008/11/8(土) 午後 1:51 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

少彦梛(一患者) さん、コメント有難うございます。
>しかし「年金を減らしてでも」というのどうかと…。
個人的な意見としては、年金や、老人への終末期医療を減らして、
若い方の医療に回して欲しいものですが(自分は老人科ですが(笑))

選挙権を持ち、真面目に選挙に行くのは高齢者が多いですから、
そういう政策は支持されませんよね…

>患者への医療に対する責任から逃げず、
>今の医療環境を少しでも良くしようと立ち上がり、
>また、医療の問題点について声を上げている医師の方が
>よほど社会的責任を果たしていると思いますよ。
上に挙げた、真々田さんの言葉にもあるように
私もその通りだと思います。

ただ、なかなか成果が出ない、
現実社会が良くならないというジレンマが常にあります…

2008/11/8(土) 午後 1:59 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

医師としての社会的責任てなんでしょうか?聖職意識は捨てましょうよ、単なる一労働者ですよ。私は専門医の資格をとり、数人でチームを組んで独立しました。寝不足で手術に立ち合うなどという危険なことはせず、プロとして、心身ともに健康な状態で患者さんの治療にあたっています。過労死労働をしながら、改善を求め続けるなんて馬鹿馬鹿しい。結局、過労死した小児科医も自己責任とされてしまったではないですか。官僚や議会と仲良しの老人医にはウンザリですよ。
いくら要望書をだしても、相手にされないなら自分の身を守るためにも逃散すべきです。医療難民大量発生しないと、世間も国も動かないならそうすればいいんです。これだけ医療界の窮状がわかってきても、社会保障費抑制を堅持すると首相も明言してるじゃないですか。国民も医療従事者が過労死しようと所詮他人事ですよ。 削除

2008/11/8(土) 午後 3:36 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

妊婦受け入れ拒否問題も、世論の視点は、あらゆる妊婦を受け入れる体制をつくれ、
ですよね。
安心して子供が産めないとか
自分のことしか考えてないです、はっきりいって。
ほとんどの人が産科医の過労死労働には怒ってないじゃないですか。
他人事で完全にスルーされてます。
せめて産科医にきちんと給料を支払うべきですよ。
子育て中の女性産科医がベビーシッターを雇えるだけの給料をだせばいいんです。
一泊20万にすれば、開業医も当直を手伝いにくるでしょう。
訴訟を免責にするだけなら費用もかからないじゃないですか 削除

2008/11/8(土) 午後 3:59 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

医師がボロ雑巾のように働いて過労死しても、地域住民は自分達のせいだなんてこれっぽっちも思わないですよ。医者がいなくなって困るから、早く代わりを補充してくれとしか感じません。
地域医療のために、医療崩壊を何とか防がないといけない!と今になって吠えて、体面だけ繕っている老人医にはウンザリです。
お前が二次救急病院で当直しろよって感じです。
心筋梗塞も多発外傷も妊婦もすべて受け入れて救急車が同時に何台こようと、すべて1人で完璧に対処して下さい。
勿論、報酬は格安で、寝てるだけの料金しかもらえません。 削除

2008/11/8(土) 午後 10:49 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

命を扱うから、医者は特別だ、使命感と誇りをもって24時間365日、患者のために!ってのが馬鹿馬鹿しいんです。
いい加減にやめにしませんか?単なる一労働者ですよ。非医療者は、医師を僻地に強制派遣させればいいとか、楽な科ばかり行かないように強制的に外科や産科をやらせろとか、
不眠不休で働いても、自分で選んだ道なんだからだから当然だ
ってのが、大多数の本音です。結局、自分たちの病気や出産の心配しかしてないんです。医者は使い捨てで野垂れ死んでも無関心です。医師自身が自分の身を守るために労基法を遵守し、それが守られないような職場からはさっさと逃げるべきです。
我々、新世代医師の考えのほうが全うだと思いますよ 削除

2008/11/8(土) 午後 10:50 [ 何で労基法を守らないのか ] 返信する

顔アイコン

こういった発言が公に行われるようになったところが、改善点ですね。
まだまだ千里の道の一歩に過ぎませんし、もたもたしていると千里の道を踏破する前に完全崩壊しますが、それでも一歩の歩みは進んでいることには違いありません。
今後どうなるかは、自分達でも声を上げていくしかないと思います。
自分の現在の仕事を(職場を変えようが変えまいが)続けていくつもりならば職場の労働をまともにするように訴えるのも全ての労働者の業務の一環でしょう。医師もまた然りです。 削除

2008/11/9(日) 午前 8:01 [ 桜井純一郎 ] 返信する

顔アイコン

何で労基法を守らないのか先生、基本的にはその通りです。
>寝不足で手術に立ち合うなどという危険なことはせず、
>プロとして、心身ともに健康な状態で患者さんの治療にあたっています。
本来はそうあるべきですし、われわれの目標でもあります。

11月の墨東病院の当直予定などを見ると、
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20081110
「もう頑張るのはやめようよ…」と正直思います。

>結局、自分たちの病気や出産の心配しかしてないんです。
>医者は使い捨てで野垂れ死んでも無関心です。
その通りですね。
もっと崩壊しない限り、国民や政治家・マスコミの意識は
基本的に変わらないでしょう。

本来は「崩壊後の世界」のためにも、力を温存して欲しいと思っています。

しかし残念ながら私には、今過重労働している医師を無理やり止める権限はありません…

2008/11/10(月) 午後 7:19 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

桜井先生、コメント有難うございます。
>もたもたしていると千里の道を踏破する前に完全崩壊しますが、
>それでも一歩の歩みは進んでいることには違いありません。
残された時間は少ないと思います。
このペースでは間に合いそうにないですが、
今までは兆しすら無かったわけですから貴重な一歩です。

>職場の労働をまともにするように訴えるのも
>全ての労働者の業務の一環でしょう。医師もまた然りです。
その通りだと思います。

2008/11/10(月) 午後 7:25 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事