うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]




<周産期医療>現場負担、放置のツケ 愛育病院が指定返上へ
3月26日2時32分配信 毎日新聞

 愛育病院が、妊産婦や新生児にとって「最後のとりで」である総合周産期母子医療センター指定の返上を東京都に申し入れた問題は、安心な医療体制を維持しようとすれば労働基準法を守れない過酷な医師の勤務実態を浮き彫りにした。

 多くの産科施設では医師の夜間勤務を、労基法上は労働時間とみなさない「宿直」としている。宿直とは巡回などの軽い業務で、睡眠も取れる。だが実際の夜間勤務は、緊急の帝王切開手術をするなど日中の勤務と変わらない。厚生労働省は02年3月、こうした実態の改善を求める局長通達を出していた。

 しかし、全国周産期医療連絡協議会が08年、全国の同センターを対象に実施した調査では、97%が「宿直制」をとっていた。77%は夜間勤務明けの医師が翌日夜まで勤務し、翌日を「原則休日」としているのはわずか7%しかなかった。

 労基法を守ろうとすれば、医師を増やし、日勤−夜勤で交代する体制を実現するしかないが、産科医は減り続けている。06年末の厚労省の調査では、産婦人科医は1万1783人で、96年から約12%減っている。全国の同センターも、少ない医師でやりくりせざるをえないのが実情だ。愛育病院のような動きが広がれば、日本の周産期医療は崩壊の危機に直面する。

 産科の医療体制整備に詳しい海野信也・北里大教授は「医療現場は患者に迷惑をかけないように無理してきたが、労基署の勧告は『医療現場に過度の負担をかけるべきではない』との指摘だ。こうなるまで事態を放置してきた国の責任は重い」と批判する。【河内敏康、永山悦子】
昨日のロハス・メディカルの速報から注目していましたが、
大々的に取り上げられましたね。

「医療現場は患者に迷惑をかけないように無理してきたが、労基署の勧告は『医療現場に過度の負担をかけるべきではない』との指摘だ。こうなるまで事態を放置してきた国の責任は重い」

その通りです。
拙ブログでも再三に渡って書いてきたことです。

愛育病院のような動きが広がれば、日本の周産期医療は崩壊の危機に直面する。

すでに崩壊の危機に直面しているのですが、
崩壊させた張本人である毎日新聞には理解できないでしょうね。

私は、この件をきっかけに産科医の『尋常ではなく過酷な労働条件』が改善の方向に向かうと期待しています。


もちろん当面は大混乱に陥ることでしょうが…

(時間がないので、後で追記します。(多分))

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

一般に「ブランド病院」と言われてる愛育病院でさえもセンター指定を返上するような惨状だったと言う事ですね。
もっとも医師の善意と奉仕に頼ったような現状の周産期センターは「制度」というのもおこがましいですね。
医師個人の善意と奉仕に頼らなくても良い「制度」が出来るのは遠い未来になると思いますが、こういう事態も良き未来に繋がって欲しいと切に願っております。 削除

2009/3/26(木) 午前 10:10 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

確かに「ブランド病院」ではあるでしょうが、そんな病院ですらいっそ「指定返上」してしまった方がメリットが大きいというのは問題でしょうね…
後に続かないことを祈るばかりですね。

2009/3/26(木) 午前 10:29 [ ウナギいぬ ] 返信する

顔アイコン

平成天皇御誕生時に昭和天皇が作らせたとか、東大医学部卒以外採らないとか、どうしてもブランド病院としてのイメージが強い愛育ですが、子ども家庭総合研究所が併設されていたり(研究部長がゼミの教授だったんで学生の頃バイトしてました…)、幼稚園や養護学校が併設されていたり、ほぼ関連分野専門の図書室が充実していたりと、本当に総合的に取り組んでいるところなので、そこが返上するという意味はありえないほど重いと思います。
逆に、無い事を願いますが、ここが返上して行政の中央に届かないようであれば、正直かなり重度というか、絶望的なのかなとも思います…。 削除

2009/3/26(木) 午前 11:00 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

最後の砦の様な、愛育病院が指定返上なんて、
非常事態ですね。
ドミノ現象が全国に広がらない事を願うばかり
ですよ。
先生が常々、お書きにナって居られる通りに
成りましたね。
毎日新聞は「引っ掻き回した」だけで、涼しい
顔して知らぬ素振り。怪しからんです。
マスコミなんて、所詮はそんなものですよね。

2009/3/26(木) 午前 11:38 bug*nno*e 返信する

顔アイコン

労働基準法は守るべきです。
愛育病院の判断は誠に正しいです。
筋の通った方向性です。

2009/3/26(木) 午後 3:47 [ へびぱく ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有難うございます。
>医師の善意と奉仕に頼ったような現状の周産期センターは
>「制度」というのもおこがましい…
その通りですね。
これを機に改善されて欲しいものですが…

撤回という噂も…
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090326AT1G2601D26032009.html

2009/3/26(木) 午後 4:27 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

ウナギいぬさん、コメント有難うございます。
日本でも有数の「ブランド病院」ですし、脳外科などは無いのですから
何故今まで、「総合周産期母子医療センター」を名乗っていたかが疑問ではありますが…
http://www.jaog.or.jp/japanese/jigyo/JYOSEI/center.htm#13

遥かにスタッフが充実している『聖路加国際病院』は、
「地域周産期母子医療センター」なのですから…

病院経営的にも、『返上』は正しい判断だと思うのですが…

2009/3/26(木) 午後 4:34 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

BUGINNOSEさん、上にも書きましたが、
名前はともかく、愛育病院は今までも『最後の砦』としての役割を果たしてはいなかったはずです。
(去年10月の、妊婦死亡事件でも打診されていません。)http://corgieonechan.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/10/post_b9b7.html

スーパー周産期の発動に合わせて、
「一抜けた!」と宣言したのかと思ったのですが…

どうなるのでしょうか?

2009/3/26(木) 午後 4:43 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

へびぱく先生、筋を通して欲しいものです…
労基法違反という撤退理由は本当に画期的なのですから…

2009/3/26(木) 午後 4:45 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

スーパー周産期をすすめている昭和大教授はもともと愛育の部長でした。昭和とも密接な関係だったとおもいます
なので、「スーパーから抜けたい」というより、「違反だ!」というなら、「センターを返上してやるぞ!」、っていうポーズに思えてなりません
センター返上したら、こまるだろ?、だから、運用で労基法違反を見逃してくれ、ということではないでしょうか

そもそも、医師と36協定を結んでいなかったって(そういう病院は多いと思いますが)、労基法を守ろうって、はなから思っていなかったんでしょうね、きっと

労働基準監督署が入った以上、日本国内にある以上、憲法と法律の枠内で病院経営をやらせてもらっているんだから、法律を守るのは当然です

かつての看護師内診問題と、おなじ流れで、「運用」でのりきろうとしているのかもしれません
内診問題は、法律からは、すぐには「看護師の内診は違法」とはよめず、「通達」が問題となりました
ただ、今回は、36協定や労働時間やら、「違法性」が法律からよめるうえに、各種の判例もある「労基法違反」なのですから、同じように乗り切れるとは思えません 削除

2009/3/27(金) 午後 0:07 [ やまおやじ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事