うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]


最高裁長官が会見、裁判員制度に自信
5月2日19時1分配信 読売新聞

 最高裁の竹崎博允長官は、3日の憲法記念日を前に記者会見し、21日に始まる裁判員制度について、「年間の事件数も比較的安定しており、裁判員となる人の生活を考慮しても、運営が可能な状態に達している」と自信をみせた。

 一方、「裁判員の参加について、雇用状況や厳しい労働環境がどう関係するのかを注意しなければならない」と述べ、経済情勢の悪化が裁判員候補者に与える影響に配慮する姿勢も示した。

 竹崎長官は制度のスタートに当たって、「私が重要だと思っているのは、裁判員裁判の結果がこれまでの刑事裁判とどの程度異なったものになり、これを国民が受け入れるかということだ」と指摘。

 制度施行後の量刑判断の変化などについて、裁判所が検証体制を整え、国民に伝えていく方針を示した。

 死刑判決については、「判断する国民にとっては非常に心理的な負担が重いが、そのような重大な事柄について国民の判断を信用するということを前提とした制度だ」と語った。そのうえで、国民が適切に判断できるよう、過去の判例を再検討し、意味や問題点を明らかにすることが必要だとした。

 裁判員経験者らの守秘義務の範囲に関しては、「少し事例を積み重ねれば簡単にわかることだと思う。制度の運用で支障になるほどの問題と神経質に考えないほうがよい」と述べた。

重大な事柄について国民の判断を信用するということを前提とした制度

法律に対する基本的な知識も無く、マスコミ報道に安易に流される『一般国民』を私は信用できません。

「人が死んだ」→『犯人は許せない、死刑だ!』と安直に考える国民の何と多いことか…

裁判員経験者らの守秘義務の範囲に関しては、「少し事例を積み重ねれば簡単にわかることだと思う。

少しは知識があるはずの「自称ジャーナリスト」だって、自分の名を売るためには守秘義務など平気で破るのに、噂好きの国民に期待するだけ無駄でしょうに…

マスコミに金を積まれたら話す人はいると思いますよ。、

死刑の判断基準「検討が必要」 最高裁長官
2009年5月3日10時8分 朝日新聞  

 最高裁の竹崎博允(ひろのぶ)長官が3日の憲法記念日を前に記者会見した。今月21日にスタートする裁判員制度について「わが国の司法制度の歴史の中で新たな一歩が踏み出される」と述べ、市民に協力を呼びかけた。また、被告を死刑とするかどうか市民が判断するための枠組みの検討が必要との認識を示した。 

 裁判員制度に対しては市民の間に消極的な声も少なくないが、各種の調査では「義務なら仕方がない」という消極的な参加派も含めると約6割が参加の意向を示している。 

 竹崎長官は「裁判員になる人の生活上の負担を考えたうえで制度を運営できる」と自信を示したうえで、「裁判員裁判の結果がこれまでの刑事裁判とどの程度異なったものになるのか。それを国民がどう評価し、受け入れていくのか」といった点を注視していることを明らかにした。 

 死刑を適用するかどうか判断が難しいと思われる刑事裁判が相次いだことで「市民参加のために判断基準をもっと明確にするべきではないか」という意見が出ていることに対しては、「先例をきちんと検討し、死刑をめぐる社会的、歴史的動向もいろいろな角度から検討して、裁判の場で適切に考慮されるようにすることは必要だ」と述べた。 

 裁判員制度に反対する市民や弁護士の間には「制度は違憲だ」とする声もある。最高裁は制度の広報を進める一方で、制度が合憲かを争う裁判が起きた場合には「憲法の番人」として判断する立場にある。竹崎長官は「裁判になれば中立・公正な立場からどのような問題があるか判断する。いま制度を広報しているから全部合憲の判断か、というと別の問題だ」と語った。(岩田清隆) 
http://www.asahi.com/national/update/0502/TKY200905020186.html

「市民参加のために判断基準をもっと明確にするべきではないか」

明確にする=レベルを落とす、ですからね…

それとも、『先例をきちんと検討し、死刑をめぐる社会的、歴史的動向もいろいろな角度から検討して』

裁判所側が「この被告は死刑にすべきだからサインしてね」とでも言うつもりでしょうか?


裁判の場で適切に考慮されるようにする

そんなことは知識のない一般国民には無理です。

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

黒か白か、では無く、黒か黒ではないか、を審議する。この違いは・・・・。 上級審でひっくり帰った場合怖そうな。黒で無いとした場合も怖そう。 裁判官3人と裁判員6人の合意が違った場合は?。

2009/5/4(月) 午後 2:41 [ おみぞ ] 返信する

私は被害者の方に裁いてもらうの1番だと思っています。
ただ、殺されてしまった場合困るので、自分が殺されたときは自分が指名した人に裁いてもらえるような制度が(法律)ができて欲しいです。

2009/5/4(月) 午後 8:31 [ LIFEONE ] 返信する

うろうろドクターさんの意見にはいつも賛同する私ですが、本件は違う意見です。高学歴のエリート裁判官の判例に怒る事しか出来なかった我々一般市民の感情を判決に反映する事は決して愚作では無いと思います。司法試験に受かった人だけが、冷静に人を裁ける人間でしょうか?そんな事は無いと思います。

2009/5/4(月) 午後 9:23 nekop602 返信する

顔アイコン

某弁護士資格を有する方の様なご発言等で、揺れ動く様では、心もとないですね。 刑事弁護とは?。

2009/5/4(月) 午後 10:39 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

自分も陪審員制度には反対です。

患者および患者の家族の中には、病気は適切な治療さえすれば必ず良くなり、死んだ場合は必ず医療ミスがあると考える方が少なからずいます。
そのような方に、医療の不確実性や合併症、医療事故と医療過誤は異なることなどを何度もご説明しても理解してもらえません。

検察審査会の権限強化や陪審員制度の開始は医療訴訟に重大な悪影響を及ぼすのではと危惧しています。極論をすれば患者が一人死ぬたびに医師一人が告訴され有罪になる、そんな恐怖を毎日感じながら医療行為を行うだけの精神的な強さは自分にはありません。

2009/5/5(火) 午前 1:43 [ jac**o0o_l*nt*rn ] 返信する

顔アイコン

陪審員制度ではなく、裁判員制度です(事実認定に関しては変わりはございませんが)。

問題は死刑の事実認定にかかわる事柄です。

2009/5/5(火) 午前 11:02 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

うーん、個人的には裁判員にはなりたくはありませんけど、司法に一般国民の感覚を導入すべきだという考え方そのものには同意です。現在進めている制度で不都合であれば、米国のような陪審制も有りかなと思っていますが。実際に施行したあとにおけるの問題はなかなか想像しにくいです。日本では法規範にもとづく理性的な判断より、被害者カワイソウという感情的な判断が優先される危険は否定は出来ませんね。
でも、もし自分が裁判員に選ばれたら、死刑の評決を下すことには正直なところ躊躇します。 削除

2009/5/6(水) 午後 7:41 [ 元外科医 ] 返信する

顔アイコン

おみぞさん、裁判官1人以上が多数意見に賛成していることが必要だそうです。
http://www.saibanin.courts.go.jp/qa/c4_8.html

これだけ揺れ動くのは、それだけ問題がある証拠かと…

2009/5/7(木) 午後 5:25 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

nekopさん、コメント有難うございます。
>高学歴のエリート裁判官の判例に怒る事しか出来なかった
>我々一般市民の感情を判決に反映する事は決して愚作では無いと思います。
確かに、裁判官の思考回路が一般市民とかけ離れていた事は問題だと思いますが、
(医師も同じですね(笑))
それは裁判官に一般常識を学んでもらえれば良いような気がします。

>司法試験に受かった人だけが、冷静に人を裁ける人間でしょうか?
もちろん冷静に人を裁けるのは、司法試験に受かった人だけではありませんが
私は、マスコミ報道に左右されやすい、法律知識の乏しい
『大部分の』一般市民には冷静に人を裁けないと考えています。

もちろん、私の意見が間違っているかもしれませんが…

2009/5/7(木) 午後 5:34 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

LIFEONEさん、それはマズいです。
被害者感情というものは、昔の「仇討ち」と何ら変わりません。

「人が死んだのだから、加害者は死刑にするべきだ!」と本気で思っていますよ。

2009/5/7(木) 午後 5:36 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

jack_o0o_lanternさん、コメント有難うございます。
>患者および患者の家族の中には、病気は適切な治療さえすれば必ず良くなり、
>死んだ場合は必ず医療ミスがあると考える方が少なからずいます。
いますね…
結果さえ悪くなければ大丈夫なのですが、
自分にとって都合のいい部分しか覚えていなかったりします…

事故が起きてから、
>医療の不確実性や合併症、医療事故と医療過誤は異なることなどを
>何度もご説明しても理解してもらえません。
ですね…

>検察審査会の権限強化や陪審員制度の開始は
>医療訴訟に重大な悪影響を及ぼすのではと危惧しています。
裁判員制度は当面の間は医療事故には適用されないという話です。
検察審査会も悩ましいですが、一番の懸念は医療事故調ですね。

遺族団体は相変わらず『厚労省案での早期設立』を主張し続けています…

2009/5/7(木) 午後 5:46 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

元外科医先生、コメント有難うございます。
>日本では法規範にもとづく理性的な判断より、
>被害者カワイソウという感情的な判断が優先される危険は否定は出来ませんね。
マスコミの被害者感情を過度に重視する報道の影響は強烈ですからね…
『冷静な日本人』は少数派だと私は考えます。

私も「死刑の評決」を下すと想像しただけでも、身震いがしますね。

2009/5/7(木) 午後 5:51 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

裁判官3人と裁判員6人に分かれた場合、推定無罪の原則から、有罪には、裁判官の1人の同意が必要ですので、

仮に裁判員6人が有罪と判断しても、裁判官3人が無罪なら、無罪となる。裁判員4人と裁判官1人が有罪、残りが無罪の場合は有罪となる。
ただし、無罪判断には裁判官の賛成は必要とされない。裁判員5人以上が無罪の意見なら、裁判官全員が有罪としても無罪となる。

http://373news.com/_kikaku/saibanin/qa/04.php

2009/5/7(木) 午後 5:53 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

刑事裁判の場合は、裁判官も法を遵守する訓練を受けています、感情をコントロールする事。 それでも、ぶれは存在しますの三審制がとられています。 最高裁が自判することは、めったにありませんが。最高裁は一つだからですが、

2009/5/7(木) 午後 6:00 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

おみぞさん、かぶりましたね?
わかり易い資料を有難うございます。

jack_o0o_lanternさんへの追記ですが、
>裁判員制度は当面の間は医療事故には適用されないという話です。

裁判員制度は地方裁判所である刑事裁判でのみ導入される。
対象は、死刑または無期懲役・禁固にあたる事件、故意に人を死亡させた事件の一部。殺人、強盗致死傷、危険運転致死、身代金目的誘拐などの罪にあたる重大な犯罪だ。
http://373news.com/_kikaku/saibanin/qa/01.php#06

との事ですので、医療事故や医療過誤もはいらないハズです。

2009/5/7(木) 午後 6:04 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事