うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]




感染症は「正しく怖がって」―新型インフルと「心のケア」
6月14日17時18分配信 医療介護CBニュース

 「皆さんの協力で、貴重な情報を得られた。ありがとう」―。新型インフルエンザ感染者の集団発生で学校閉鎖になってから2週間後の6月1日、学校を再開した関西大倉学園の全校集会で、国立感染症研究所感染症情報センターの安井良則主任研究官が講演し、生徒らに呼び掛けた。講演の目的は、生徒たちの「心のケア」。集団感染が発覚して以来、同校への誹謗中傷が相次いでいたからだ。神戸と大阪で積極的疫学調査にかかわり、複数の学校を訪問した安井研究官は、「感染した人が悪いのではない。感染症を不必要に怖がる必要はないし、『正しく』怖がるべき。病気に対して粛々と対応していけばいい」と話す。

 関西大倉学園は大阪府北摂地域の中高一貫校。5月17日までに64人の新型インフルエンザ感染が確認された。学校は閉鎖され、「関西大倉学園」の名前は連日報道された。

 「今でこそ、季節性インフルエンザとあまり変わらないといわれているが、当時はどんなウイルスなのか、どんな影響があるのか分からない状況だった」と、同校の大船重幸教頭は振り返る。「防護服を着た人たちに突然、連れ出されることになった生徒や、家族全員が1週間、自宅で缶詰めになった生徒もいた。これを思うと言葉にならない」。同校が「ウイルスをばらまいている」といった誹謗中傷も後を絶たず、学校関係者のタクシーの利用や、制服のクリーニングを断られることもあったという。
 学校の再開前には、校内の消毒もした。「専門家から、(ウイルスは既に死滅しているので)消毒の必要はないと聞いており、意味がないということも分かっていた。しかし、こういう風潮の中では、やらざるを得なかった」。

 安井研究官が同校を最初に訪れたのは5月17日。積極的疫学調査を行うためだった。安井研究官は学校側の協力を得て、感染者の情報収集や家庭訪問を実施。症状の特徴や感染ルートなどの情報が得られたが、「生徒が近所で『関西大倉学園の生徒だ』と言われるような状況だった」という。感染者が出たほかの学校も訪問したが、校長はじめ学校関係者や生徒の家族の多くが「誹謗中傷」されている状況。ある学校の校長は、心労で声が出なくなってしまっていたという。「絶対にあってはいけないことだ」(安井研究官)。

■「誰が悪い」というのはナンセンス
 関西大倉学園の生徒への講演は、安井研究官自身が同校に対して頼んだことだった。「校内で新型インフルエンザが流行したことで、生徒はみんな不安に思っていた。誹謗中傷もあった。心に傷を抱え、2週間頑張って自宅待機していた子どもたちに、何とかメッセージを伝えたいと思った」という。
 学校側も専門家による説明を歓迎した。大船教頭は「生徒は不安を抱えていたと思う。安心感を与えることが一番の目的だった」と話す。

 こうして迎えた1日の全校集会には、安井研究官のほか、同研究所の岡部信彦・感染症情報センター長も駆け付けた。安井研究官は新型インフルエンザについての科学的な説明をした上で、「この学校だから流行したわけではない。なぜか(新型インフルエンザが)高校生の間で流行していて、それがたまたま入り込んだだけ。入り込んでしまったら、感染が広がるのは全然不思議ではない」「感染症では、『誰が悪い』などと考えるのはナンセンス。誰も悪くない。胸を張って、これから人生を歩んでほしい」と呼び掛けた。
 岡部センター長は「皆さんがインタビューに答えてくれたおかげで、症状の分析ができた。これまでわたしたちが得ていたのは、米国やメキシコの状況に関する情報だったが、自分たちの状況が自分たちの手で分かってよかった。この情報はきちんとした形でWHOなどに報告する」と謝意を表明。安井研究官も、「この情報は世界中の多くの人たちの役に立つ。2週間本当によく頑張ってくれた」と語った。

 「関西大倉学園に何か問題があったわけでも、自分たちが悪かったわけでもない。そういう話を丁寧にしてもらえてよかった。効果は抜群だったと思う」と大船教頭。講演後、体育館には生徒らの拍手の音が鳴り響いた。

     ■   ■   ■

 安井研究官は「インフルエンザが日本に入ってきたことに対し、粛々と対応する。それでいいと思うし、それ以上ではないと思う」と話す。「感染症を不必要に、過剰に怖がる必要はない。『正しく』怖がってほしい」。風評被害が広がると、疫学調査で患者から協力を得ることが難しくなる可能性もあるという。
 「忌み嫌うというのは、ある意味、怖いからやっているのだと思う。だが、それはやめてほしい。感染症に立ち向かっていかなければならない」。
1日の講演だったそうですが、新型インフルエンザ報道が下火になった今こそ、
是非、知っておいて欲しい内容ですね。

感染した人が悪いのではない。

この学校だから流行したわけではない。なぜか(新型インフルエンザが)高校生の間で流行していて、それがたまたま入り込んだだけ。

まったくその通りです。

同校が「ウイルスをばらまいている」といった誹謗中傷も後を絶たず…

という、マスコミによる報道被害の中、

心に傷を抱え、2週間頑張って自宅待機していた子どもたち

の努力をもっと認めてあげてもいいと、私は思いますが、

大マスコミに(この記事はキャリアブレイン配信)望むのは無理なのでしょうね…


特に、こんな記事を書くようなタブロイド紙には…
感染の男性、電車など行動経路公表−−福岡市 /福岡


p.s.ななさんへのレスは明日します。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

そんな誹謗中傷して、どうするのでしょう。お気の毒ですね・・・。

2009/6/14(日) 午後 10:36 [ ナナ ] 返信する

顔アイコン

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/15037/1/siryou0612-taisakuhonbu.pdf
とか
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/102203

感染症法
国及び地方公共団体の責務)第三条 になんて書いてあるか?。新型インフルエンザは、H1NA、H3NAの範囲がヒトーヒトの発生が主です。 H5NAは別物です。 アツモノも懲りないうちから、ナマスをふいて、どうするのですか。 有権者の代表が感染症法で、新型インフルを1類と同等の入院第十九条から退院にしたからです。
(感染症の診査に関する協議会)第二十四条も検証が必要です。ここが専門のお仕事です。

2009/6/14(日) 午後 11:12 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

「正しく怖がって」・・・
全くその通りですね。
恐怖を徒に煽るのはマスコミの悪い癖。
負の状況を増幅させる報道姿勢は止めて
欲しいですね。

2009/6/14(日) 午後 11:25 bug*nno*e 返信する

顔アイコン

感染症に対して古くは「ハンセン病」新しきは「AIDS」(現在も進行中)と厚生労働省は間違った対策と教育を続けてます。
専門家が啓蒙するのは良い事ですが、それで現場から力が削がれるのも本末転倒のような…
本当はマスコミを使った大衆啓蒙が大切なんでしょうね。 削除

2009/6/15(月) 午前 9:38 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

福岡県は、最初に県内で発症した米国人男性の在住している町まで公表していました。外国人いじめかよ、と思いました。私も福岡在住なんですがちょっと、田舎くさいところがあるんですよね。お恥ずかしい。

2009/6/15(月) 午前 10:20 [ masammmmm ] 返信する

顔アイコン

ナナちゃんさん、病気なのですから、
不幸にして罹ってしまった人をバッシングしても解決にはなりませんよね。

2009/6/16(火) 午前 0:04 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

おみぞさん、上の資料は見れなくなってました。

下の話は、第十九条から『入院』にしたからです。
の間違いですよね。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO114.html#1000000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
第十九条 都道府県知事は、一類感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、当該感染症の患者に対し特定感染症指定医療機関若しくは第一種感染症指定医療機関に入院し、又はその保護者に対し当該患者を入院させるべきことを勧告することができる。ただし、緊急その他やむを得ない理由があるときは、特定感染症指定医療機関若しくは第一種感染症指定医療機関以外の病院若しくは診療所であって当該都道府県知事が適当と認めるものに入院し、又は当該患者を入院させるべきことを勧告することができる。

2009/6/16(火) 午前 0:14 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

BUGINNOSEさん、コメント有難うございます。
>恐怖を徒に煽るのはマスコミの悪い癖。
視聴率が欲しいのでしょうけど、
いい加減、止めて欲しいものです。

2009/6/16(火) 午前 0:17 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有難うございます。
>本当はマスコミを使った大衆啓蒙が大切なんでしょうね。

その通りですが、産経の記事などを見ると、
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090614/fnc0906140841007-n1.htm
むしろ大衆を悪い方向に啓蒙していますね・・・

>専門家が啓蒙するのは良い事ですが、
>それで現場から力が削がれるのも本末転倒のような…
それでも、現場から情報発信を続けていくしかないですけどね…
厚生労働省は間違った対策と教育を続けるかぎりは…

2009/6/16(火) 午前 0:29 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

masammmmmさん、情報有難うございます。
困ったものですね…

2009/6/16(火) 午前 0:32 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

>第十九条から『入院』にしたからです。
申し訳ございません。訂正いただきまして。

2009/6/16(火) 午前 0:32 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

産経さん、笑った。 産科は自由診療です、いいですよ保険診療にしてくれてね。多分、某団体から圧力がかかると思いますがね。なぜ産科は保険診療にできなかったか調べてみればどうですか?。 開業医の診療報酬削って、勤務医が退職したら、恩給でもくれるのですかね。 ゲートキーパーつぶしたらそれそれはすごい事に成りますよ。 経営者ですから、雇用もしていますが、その方たちの雇用先も産経さんが面倒見てくださるわけですよね。それでこそパブリックの報道機関です。たいしたもんですね。 被雇用者は、けんぽ等に加入していると思いますが、雇用が解除されれば、国民健康保険ですよね。ここが赤字だから税金投入していますので、全体的に皆健康保険料を上げればいいわけですよね。米国と比例するなら、民間保険で行けばどうですか?。 私は遠慮したいですね。それなら、健康保険の値上げで我慢します。 健康保険制度は、掛けたものが享受できる仕組みですから、掛けない者に恩恵はございませんがね。

2009/6/16(火) 午前 1:01 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

産経さんが沢山納めて頂けるなら何も申しませんが。医師会がて、いつの時代のはなしですかね?。時代錯誤も良いところですね。そのうち医局がて言いそうな。wwww

2009/6/16(火) 午前 1:01 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/15037/1/0610joho.pdf
こちらに変更されていました。

2009/6/16(火) 午前 1:06 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

おみぞさん、医師会が珍しく機敏に動いて文句をつけました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000005-cbn-soci
たしかに酷い記事ですが…

その、福岡市の記事も酷いですね…

2009/6/18(木) 午後 3:55 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事