うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]


【転載自由です】

「産科女医からの大切なお願い〜妊娠・出産の心得11カ条〜」が、無双舎より発売されました。

昨年11月に、私のブログである「Yahoo!ブログ LUPOのぶらぶら地球紀行」に、「妊娠の心得11カ条」を作って載せたところ思わぬ反響があり、インターネットのニュースや雑誌に取り上げられ、無双舎より書籍化のお話をいただいたという次第です。
拙ブログに載せた「妊娠の心得11カ条」とは以下のようなもので、産婦人科医ならばだれも当たり前と思うような内容です。これに長すぎぬよう解説を加えていました。(http://blogs.yahoo.co.jp/mihyon0123/18482021.html

この心得を作ったきっかけは昨年秋、脳出血を起こした妊婦さんが、受け入れ先がなかなか決まらず、結果的に命が助からなかったという報道を見たことでした。私たち産婦人科医からみると妊娠中の脳出血はそれだけで非常に予後の悪いものですが、私には報道が「受け入れ先がすぐに見つかりさえすれば命が助かった」と視聴者を誤解させてしまうもののように感じられました。そのため、妊娠出産は本来リスクを伴うものだということを理解してもらいたいと思い、この心得を作りました。

現在日本では産科医の不足が社会的問題となっています。これにはいろいろな原因がありますが、その一つに、「妊娠出産は安全で当たり前。何かあったらミスではないか。」という非医療者の認識が、現場の医療者のやりがいを失わせ、ストレスとなっていると日々の診療で感じていました。また、妊婦さんに専門知識がないばかりに的外れなことで悩んでいるとも感じていました。そのため、正しい知識の啓蒙が医療者にとっても非医療者にとっても必要だと思い、作成しました。そして、周産期を専門とするベテラン医師たちから非医療者の方々まで幅広く共感を得ることが出来ました。
(21世紀医療フォーラムで取り上げていただきました→http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gdn/report/200905/510824.html

ブログ版の心得は医療者である私からの心得を一方的に述べたものでした。その後私は日本の臨床を一時離れ、ロンドンに胎児超音波と胎児治療の勉強のために留学したため少し客観的に見ることができました。また、身近な人の妊娠・出産・子育て、さまざまな立場の人の意見やこちらのメンバーの方々からいただいた体験談(ほとんどそのまま載せさせていただいたものもあります)に触れることで、より非医療者側に立った視点で見つめなおすことが出来たと思います。より非医療者の方々の共感を得られやすい内容で、非医療者と医療者の架け橋の助けとなるようなものが書けたと自負しています。ブログ版に共感してくれた方も、ちょっとどうなのと思った方も、知らなかった方も、是非ご一読ください。

Amazonでのご購入はこちら
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%A3%E7%A7%91%E5%A5%B3%E5%8C%BB%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84%E2%80%95%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E3%83%BB%E5%87%BA%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%BF%83%E5%BE%9711%E3%83%B5%E6%9D%A1-%E5%AE%8B-%E7%BE%8E%E7%8E%84/dp/4864084025/ref=dp_return_1?ie=UTF8&n=465392&s=books

大手チェーン書店の店頭にはあると思いますが、お近くの書店でご注文の場合には、ISBNコード978-4-86408-402-4で尋ねていただけるとスムーズです。

転載元転載元: LUPOの地球ぶらぶら紀行

閉じる コメント(11)

顔アイコン

この分野には明るくないので、ぜひ読ませていただきます。

2009/12/2(水) 午前 10:39 [ SNS ]

顔アイコン

SNSさん、よろしくお願いします。

2009/12/2(水) 午前 11:23 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

絵本バージョンもありますので、そちらも宜しくお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/28819810.html

2009/12/2(水) 午前 11:24 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

ありがとうございます!!
感謝です!!

2009/12/2(水) 午後 5:55 LUPO

顔アイコン

LUPOさん、わざわざお越し頂き有難うございます。

本が売れると良いですね。

2009/12/3(木) 午後 3:01 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

ギネ 産婦人科の女たち(日本テレビ系)
なぜか毎週見てます><;
妊娠初期で 切迫流産しかけ 個人病院に見放され怖い目にあった私は 妊婦のリスクを 身をもって体験しました。。。
ひと昔前とは違って 30代の出産が 普通になってる今、
妊婦は 自覚が 少々足りないですね。。。

2009/12/3(木) 午後 3:38 [ みわこ ]

顔アイコン

「医療に完璧はない」という事を知るために「医療の限界」とセットで読むべき本…かもしれませんね…。

医療ドラマの脚本家でさえも「医療の不確実性」という物を理解してなかったりしてますからねぇ…。

…。
……。
………。

…あと、「パンダと白熊」も本になりませんかねぇ…。

2009/12/7(月) 午前 3:25 [ KRTさん ]

顔アイコン

おおっ、そうなのですね♪知りませんでした・・・

2009/12/18(金) 午後 7:23 かいざぁー

顔アイコン

みわこさん、私も最終回まで見てしまいました。
小笠原に1人で行くのを上司が止めたシーンには、びっくりしました。

>ひと昔前とは違って 30代の出産が 普通になってる今、
>妊婦は 自覚が 少々足りないですね。。。
妊婦自体のリスクは増えているのに、医療の進歩により
「お産は安全」というイメージが広がっています。
(最近は少しは変化しているハズですが…)

是非、この本を読んで欲しいものです。

2009/12/19(土) 午後 0:02 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

都筑てんがさん、「パンダと白熊」は是非マンガにして欲しいですね。
(活字では解りにくそうです(笑))

2009/12/19(土) 午後 0:04 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

かいざぁーさん、宜しくお願いします。

2009/12/19(土) 午後 0:05 さすらい泌尿器科医


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事