うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

僻地の産科医先生からのご紹介です。
何時もお世話になっています。m(__)m

子宮頸癌のワクチンが昨年の年末から発売されましたo(^-^)o ..。*♡

子供は10歳から!
大人でも効き目はある程度見込めます。
癌のワクチン!
しかもインチキじゃなくって効き目があって。
(頸癌にもいろいろな種類があるので、100%防げるわけではないけれど)
夢のような新薬だと思うんですけれど、

問題は高いんです・・・(´・ω・`) 。
1.5万円くらいのを、3回うたなくっちゃ効き目があまり出ない。
(一回目うってから、一ヵ月後と半年後の3回です)

というわけで、
子宮頸癌を未然に防いで減らすことができれば、
国としてもかなり利益があることだと思うので、
このような運動が今行われています!
もしよろしければ、署名にご協力くださいませ♪

子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成を

子宮頸がんは性交渉時のヒトパピローマウイルス(HPV)が原因の一つであり、日本でも毎年約1万5千人の方が発症し、約3千500人の方がお亡くなりになっています。近年、子宮頸がん予防HPVワクチンが開発され、ワクチン接種によりウイルス感染を予防し、将来的な子宮頸がんの発症数を減らすことが期待されるようになりました。このHPVワクチンが本邦でもようやく承認されたところですが、現時点では任意接種であり、3回の接種に合計で約5万円前後の費用が必要となります。より多くの女性での接種が可能となるように、諸外国では国のワクチン政策に組み入れることが推奨されており、ほとんどの先進国では接種費用に対し公費助成がなされています。我が国においてもより多くの日本女性の健康を守るために、子宮頸がん予防HPVワクチンの公費助成による負担軽減を求めます。

平成21年1月13日国立がんセンター中央病院院長
内閣府規制改革会議専門委員
土屋了介

本趣旨にご賛同いただけます皆様からのご署名をお願いいたします。電子メールのアドレスをご記入の上、連絡の可否の欄を可にしていただいた方には、本件関連のニュースをお知らせいたします。
署名はこちらからお願いします! 
http://hpv.umin.jp/

関連記事です。
子宮頸がんワクチン、22日に発売―1000施設以上が採用の意向
12月10日19時52分配信 医療介護CBニュース

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は12月9日、国内初の子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス」を22日に発売すると発表した。接種対象者は10歳以上の女性で、初回接種、1か月後、半年後の計3回接種する。メーカー希望納入価格は1万2000円(消費税別)。自由診療での接種のため全額自己負担で、ワクチン本体価格のほか診察費や手数料などがかかり、費用は医療機関によって異なる。同社によると、すでに1000施設以上の医療機関が採用の意向を示している。

 「サーバリックス」は、ヒトパピローマウイルス(HPV)16型と18型に起因する子宮頸がんと、その前駆病変を予防するワクチン。国内では10月16日に正式承認を取得しており、現在世界101か国(日本を含む)で承認されている。

 GSKのマーク・デュノワイエ社長は、「女性のがんの予防はもちろんのこと、国のがん対策にも大きな貢献ができるものと期待している」と述べている。また、同社の広報担当者は、ワクチン接種と検診の受診を合わせて行えばほぼ100%予防が可能とし、「こうした適正な情報の伝達や適正使用の徹底を図っていく」としている。

 同社によると、国内では年間約1万5000人が子宮頸がんを発症し、約3500人が死亡している。また、20-30代の女性のがんとしては、最も罹患率が高く、近年増加傾向にある。
 国内の子宮頸がんの原因については、HPV16型と18型が58.8%を占めており、20-30代女性に限ると、80%以上がHPV16型と18型となっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000010-cbn-soci

ワクチン接種で子宮頸がんの予防を 
'10/1/14 中国新聞 

▽受付医療機関、山口県内10ヵ所以上

 若い女性に患者が多い子宮頸(けい)がんのワクチンを接種できる医療機関が山口県内で増えている。数多いがんの中で感染を未然に防ぐ数少ないワクチンで、昨年12月に国内販売が始まったばかり。医療関係者は「がん対策の効果は大きい。自分の身を守るため、ぜひ接種してほしい」と呼び掛けている。

 周南市孝田町の社会保険徳山中央病院は12日から接種の受け付けを始めた。10歳以上の女性が対象。半年間で3回、上腕部に注射する。初日から問い合わせが相次ぎ、13日には10歳代の2人が接種した。

 子宮頸がんは、性交渉を通じて感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が主な原因。子宮の入り口に発症する。同病院によると、20〜30歳代の女性の発症率は乳がんを上回り、全国で年間約3500人が命を落とす。2007年に亡くなった人気ポップスグループZARDのボーカル坂井泉水さんもこの病気と闘っていた。

 ワクチンは昨年10月に、厚生労働省が承認。発がん性の高い型のHPVの感染を防ぎ、子宮頸がんの7割の発症を抑えることができるという。英国の製薬会社が開発し、100カ国以上で使われている。

 製薬会社の日本法人によると、国内約1100の医療機関が利用を始めた。県内でも県立総合医療センター(防府市)などの総合病院や産婦人科医院など10カ所以上で接種できるようになった。徳山中央病院によると、接種費用は3回分で4万〜6万円。保険が適用されず、全額を個人負担する必要がある。

 同病院産婦人科の沼文隆主任部長(53)は「がんを予防できるほぼ唯一のワクチン」と強調。「子宮頸がんは若年層に起こりやすい。がんは高齢者がなると思い込まず、接種を検討してほしい」と話している。(山瀬隆弘)

 ▽若い世代に勧める ― 徳山中央病院産婦人科 沼主任部長に聞く
 
 結婚期や出産期の女性の命をむしばむことが多いことから「マザーキラー」とも呼ばれる子宮頸がん。国内で始まったワクチン接種の意義を徳山中央病院産婦人科の沼文隆主任部長に聞いた。

 ―専門医の視点から子宮頸がんのワクチンをどうみますか。

 画期的な予防薬だ。子宮頸がんの原因となるHPVは性交渉の経験がある女性なら一度は感染するようなありふれたものだ。その中で発がん性の高い型をブロックする。接種費用が高価ではあるが、がん発生時の高額な治療や検査を考えれば安い。

 ―特に接種してほしい世代は。

 セクシュアルデビューをする前の若い人たちだ。性交渉を経験する前に抗体をつくって感染を防ぐのが理想。冊子やポスターで、保護者の理解を深めていきたい。それに、HPVは自然抗体がなかなかできない。発症率が高い20〜30歳代にも強く勧める。

 ―ワクチンを接種すれば予防は万全と言えますか。

 防げるのは発がんする7割のHPVだけ。がん検診の定期的な受診と組み合わせることで、ほぼ100%の予防ができるようになる。
http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201001140314.html

ワクチン接種だけで安心していては意味がありません。

定期的な検診は同じくらい重要だそうです。


予防ワクチン接種:名古屋市、半額助成 5種類に予算案10億円 /愛知
1月5日11時1分配信 毎日新聞

 名古屋市の河村たかし市長は4日の年頭会見で、2010年度から子どものおたふく風邪や若い女性に多い子宮けいがんなど計5種類の疾病の予防ワクチン接種に半額助成することを明らかにした。
 市健康増進課によると、他に対象になるのは乳幼児のヒブ(インフルエンザ菌b型)や子どもの水痘、高齢者の肺炎球菌。河村市長は「予防医療に力を入れたい」として、現在は全額自己負担のこれらワクチンの接種について半額を市が助成することを決めた。これにより本人負担は3000〜2万円になる。
 10年度予算案に費用として約10億円を盛り込むように指示。今秋の実施を目指すという。低所得者に配慮して非課税世帯は本人負担を全額免除する。
 予防接種法で「定期接種」と規定されている子どものはしかや風疹(ふうしん)などは本人負担はない。今回半額助成することになった5疾病はいずれも任意接種で、5種すべてへの半額助成が実現すれば自治体として初めてという。
 河村市長は「名古屋の魅力にもなる」と話した。【岡崎大輔】

1月5日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100105-00000037-mailo-l23

この記事に

閉じる コメント(186)

顔アイコン

接種した人が10年後に子供が生めないことに気づくのでは遅すぎます。危険! 削除

2010/7/5(月) 午前 1:03 [ あゆ ] 返信する

顔アイコン

あゆさん
10年後に不妊になるという根拠は?ちゃんとしたソースを提示してください。出来ないでしょうが。

2010/7/13(火) 午前 10:19 [ rad*o1*09* ] 返信する

顔アイコン

10年後とは、すごく時間のかかる副反応ですね。 1週間いないとかでなくて、10年後ですか?。 マウス実験では、10年後は不可能ですし、それまでにマウスの寿命が尽きます。
他に、生物実験で確かめれているのですか?。

2010/7/13(火) 午前 11:21 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

書き込まれた議論を見て、ワクチンを打ちたくないと思う人が増えているようです。どうしてなのでしょう。そこを考えないといけませんね。
個人的に、どうしてそうなるのかが知りたいです。 削除

2010/7/13(火) 午後 7:01 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、ブログ主は知識不足もあり傍観してしまっています。
すいません。m(__)m

ワクチン接種とは、そもそもリスクとベネフィットを天秤にかけて、考えるべきなのですが、

このワクチンは、効果が見えにくい(数十年後のがんの予防ですから…)ので、
反対派は(本当かどうかも疑わしい)1例報告でもあれば、
大騒ぎしやすいのでしょうね。

現実には、接種数は増えてますので、
いずれより分母の大きい報告が出るはずです。

2010/7/13(火) 午後 7:26 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

個人的にはHPVワクチンを必要とするのは、医療アクセスが困難な場所のためともいえますから、日本は、定期健診を受けていれば、リスクの回避は可能ではあります(発見のステージによりますが、放射線、レーザー、部分切除の治療は必要です。治療のつらい時間をすごす事にはなります。)。 ワクチン全般にもいえますが。 麻疹輸出国の汚名もありますから、MMR,A、B肝炎ワクチン、水疱瘡ワクチン、低年齢者に必要なワクチンも、たすうあるわけですから、そちらを優先する必要はあります。こちらに補助をいただきたいのですが。 日本脳炎ワクチン、生後6か月以上90か月未満以外を切り捨てるような事をしないでいただきたいですし。北海道は不要も、必要なところに、引越ししないともかぎりません。

HPVワクチンは、男性すべてに接種しとけばいいのでは。とも思います。

2010/7/13(火) 午後 8:53 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

お二人ともありがとうございました。
なるほど、と思いました。
たしかに、麻疹輸出国の汚名を返上したいですね。
日本脳炎のワクチンは住んでいる場所も関係するのですね。 削除

2010/7/13(火) 午後 10:02 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

何故子宮頸ガンだけが優遇されるのか?
私は昨年ガンがみつかり4ヶ月入院して300万くらいカネがかかった。
今も抗がん剤治療等の薬代や検査費用で月5万から10万は払っている。
しかし、何の助成もない。
子宮頸ガンはウィルスが原因で誰とでもセックスするからかかるんじゃないのか。
エイズと一緒だろ?
どうしてそんなガンに助成が必要なのかわからない。
政府は若い頃からの無秩序なセックスを奨励してるのか?

2010/8/5(木) 午後 11:45 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

Yumさん
健康保険適応の治療に関しては高額療養費制度というものがあります。月々の5〜10万円の支払いに使えるかどうかはあなたの収入次第ですが、4ヶ月で300万円であれば適応になりませんか?(高額な差額ベッドであればダメそうですけど。)まずは病院の事務の人に相談してみてください。
コメントの後半の部分についてはワクチンにかかる費用と子宮頸癌になってしまった人にかかる医療費のどちらが大きいかで決まると思いますよ。頭を冷やして下さい。

2010/8/6(金) 午後 8:08 [ rad*o1*09* ] 返信する

顔アイコン

>コメントの後半の部分についてはワクチンにかかる費用と子宮頸癌になってしまった人にかかる医療費のどちらが大きいかで決まると思いますよ。頭を冷やして下さい。

予防接種を全員にしてたらいくら経費がかかるんだ?
もし予防接種をしなくても、ウィルス保持者とセックスしなければかからないんだからかかる確率は低い筈
誰とでもセックスしないようにとか、早い時期からセックスしないようにというモラル教育の方が重要なんじゃないのか?
健康に害を生じるんだから、酒やタバコと同じように法律で未成年女子のセックスを禁止すればいいんじゃないのか?
そうすれば税金を使ってこんなことをやる必要もない
そもそも、もし肺がんの予防薬が開発されて、タバコを吸う人に無料で接種しましょうなんてことになったら、国民の間から「タバコを吸わなければいいじゃない」と反対意見が噴出するだろう。今回もそれと同じこと。税金を使って無料接種や助成をするのは筋が違うんじゃないかと言うことだよ。そう思わないか?

2010/8/7(土) 午前 8:57 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

Yumさん
経費については広く論議され、多くの人が納得できる形で公費になるのか任意になるのかが決まれば良いのではないですか。
教育の問題については大事に決まってます。当たり前の事です。
セックス禁止については無理な仮定を持ち出すのは無茶とだけ言っておきます。ですからそれ以下のコメント内容は無意味です。

ところで医療費はどうなりましたか?

2010/8/12(木) 午後 1:50 [ rad*o1*09* ] 返信する

顔アイコン

何だか子宮頸ガンへの助成を推進している人は、女性の救済、ガンの予防という美名のもとに、何もわかっていない人をごまかして、雰囲気だけで押し切ろうとしているような気がしますがね。バックに製薬会社がいるらしいですが。

まず、あなたが言ってる「ワクチンにかかる費用と子宮頸癌になってしまった人にかかる医療費のどちらが大きいかで決まると思いますよ。」ってのはかかった人1人単位で考えれば、当然、医療費の方が高いでしょうが、それは詭弁であり、実際に何割の人が子宮頸ガンにかかるかを当然考慮に入れる必要があるでしょう。
そう言う説明をせずにいかにもワクチンを接種した方が国にとって経費節減になるという事実と異なるイメージを与えようとしているようにな気がします。

で、子宮頸がんの発病率ですが、仮に高リスク型HPV に感染しても、子宮頸がんを発症する確率は1000分の1くらいだと言われているらしいですからほとんどいないに等しい訳ですよね?
にもかかわらず、すべての女子児童にワクチンを投与すれば、仮にすべての女性が高リスク型HPV に感染すると仮定しても、その99.9%以上は無駄な投与ということに

2010/8/13(金) 午前 0:59 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

(前の投稿から続く)
なる訳です。

かかった人は当然負担は大きいかも知れませんが、それはそもそもかかった人のモラルに問題があったのが原因であり、「自業自得」というべきものでしょう。
そんな一部の人間の言い分を真に受けて、苦しい財政事情の中、税金を使って助成する意味があるのか私にはさっぱりわかりません。
もっと他にお金を使うべきところはあるはずです。
例えば、高額な治療(粒子線治療など)検査(MRIやPET)に対する助成やがん検診に対する助成などはがんの早期発見や転移・再発の早期発見のために必要でしょう。

国は、一部の限られた人が利益を享受することになるような政策ではなく、広く国民のためになる政策を推進して欲しいですね。

高額療養費の件は当然知ってますよ。

2010/8/13(金) 午前 1:02 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

Yumさん
気のせいです。バックに製薬会社もいません。(コンドームの使用やSafe Sexについて積極的に触れないグラクソのワクチン広告の姿勢にはむしろ疑問を感じますし、MRさんが来たらおかしいと思うと話をします。)

医療費については社会的負担の総額も問題になるに決まっています。当たり前の事です。癌に限らずほとんどの人が健康保険制度での治療を受けますので。

癌の早期発見等に費用をという事自体は賛成です。ただし検診・検査の有効性については各種の癌で細かく検討されるべきであり、MRIやPETに広く公賓助成をつけるべきではありません。(ところで、検診で見つかる癌の人なんてごくごく一部とは思わないのですか。癌の検診で病気が見つかる人は少ないですし、さらにみんなが治るとはいきませんから利益を享受する人も一部の限られた人という事になりませんか。)また治療もエビデンスの乏しいものは全額保険適応外で良いと思っています。

2010/8/13(金) 午後 0:31 [ rad*o1*09* ] 返信する

顔アイコン

「気のせいです」ってのはあなたが個人的に思っているだけでしょう。
そのような噂があるのは確かです。ただ、表に出ることはないでしょうし、確認のしようもないですがね。
ただ、厚生労働省への全額公費助成の要望書を提出とする直前にグライソ社がTVCMを始めたのはタイミング良すぎなんじゃないですか?
連携取ってやってるとしか思えないでしょう。

がんは早期発見が重要です。
「がん検診でがんが見つかる人が少なく、皆が治る訳ではない」とおっしゃいますが、何だか子宮頸がんワクチンだけ無料接種できれば、他のがんにかかる人はどうでもいいというような物言いですね。
がん検診以外に早期発見のための有効な手段が他にあるのでしょうか?
万能ではありませんが、全身の検査ができるものとしてPET-CT検診がありますが、費用が最低でも8万円台と高額で、受診できるのはごく一部の人に限られます。かかる人が性的モラルのない特定の人に限られる子宮頸がんに助成するよりはこういうところに助成した方が全国民にとって有用と言えるのではないでしょうか。

2010/8/15(日) 午前 11:20 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

Yumさん
まともな根拠も無く、確認も出来ない事を「気がします」といったのはあなたですよ。気のせいですよ。タイミングも有能な商売人ならなるべく有効な時期に広告を出そうとすると思いますけど。

>何だか子宮頸がんワクチンだけ無料接種できれば、他のがんにかかる人はどうでもいいというような物言いですね。
以前のあなたの発言からすると、検診などもワクチン同様「一部の限られた人が利益を享受することになるような」ものという事になるのではありませんか。

癌の多くにタバコとの関連や生活習慣(食生活や肥満など。)などとの関連が判っています。Yumさんはそれらの癌に対してはタバコや肥満を法律で禁止すれば良いだけとは思わないのですか?セックス禁止よりよほど簡単そうですけど。

2010/8/16(月) 午後 0:16 [ rad*o1*09* ] 返信する

顔アイコン

タバコや肥満を法律で禁止する方がセックス禁止より簡単?
そんなに誰とでもセックスしたいの?
国の税金で子宮頸がんワクチンをタダで接種させて、若いうちから多くの人とセックスすることを楽しみましょうってこと?

子宮頸がんが誰とでもセックスしなけりゃかからないってことはマスコミでも言わないし(言いにくいだろうけどね)、そのことを知れば誰も賛成しないだろう。

あんたらも「私たちはどこの誰とも知らない多くの人とのセックスを楽しむために、ワクチンの無料接種を推進してるんです。だってお金払うのいやですし、「ワクチンでがんが予防できるんです。未来ある女性の命が救えるんですよ。」と言えばわかってないバカな人はすぐ騙されますから。」と正直に言えよ。

セックスしたいのは勝手だが、国民の税金を使ってまでやるのは行き過ぎだろ?
本当に生活に困っている人や病気で苦しんでいる人のことを考えたことがあるのか?
身勝手だと思わないのか。

2010/8/17(火) 午後 11:24 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

>まともな根拠も無く「気のせいですよ」と言ってるのはあんただろ?
「タイミングも有能な商売人ならなるべく有効な時期に広告を出そうとすると思いますけど」ってのは立派な根拠じゃない?
だってタイミングを知ってたってのは、団体側と何らかのコンタクトを取ってたってことでしょ?

ごく一部のモラルに欠けた人しかかからないがんを対象とした「無料」のワクチン接種とすべての国民を対象としたがん検診への一部助成とどちらが「限られた人が利益を享受」しているかまともな頭があればわかるだろ?
あんたが言ってることはわけがわからないからちゃんと説明しろよ。「以前のあなたの発言からすると」ってのは何を指してるんだ?

2010/8/17(火) 午後 11:38 [ Yum ] 返信する

顔アイコン

Yumさん
あなたの主張から演繹すればそうなりませんかという事ですよ。(私の立場は公衆衛生学的に十分意味があり、コストベネフィットも納得できるものであれば行うべきです。その意味でPET検診みたいなものは無駄だけでなく、被爆の点からむしろ有害と言えます。)冷静になりましょう。乱暴な口調は精神状態に良く無い、と精神腫瘍学の先生が言っていました。
「連絡取ってやっているとしか思えない」とのことですが、公費助成に関する要望書は半年以上前から複数の団体によって提出されていることは知っていますか?サーバリクスの広告が広く出る前からですけど。
STDという側面からあなたの子宮頸癌の一部に対するワクチン接種助成への過剰な反応が起きている様ですが、STDには感染させる側がいる点について落ち着いて想像力を働かせてみてください。また、一度の過ちでも感染してしまう可能性についても理性的に考えてみることをお勧めします。
念のためにいっておきますが先日報道されたサーバリクスへの公費支出は医学的な検討が不十分と思われる点で早計と思っています。

2010/8/19(木) 午後 6:15 [ rad*o1*09* ] 返信する

顔アイコン

私は、副島隆彦氏を、過去に誤解していたようです。

『私は医学のことなんて分からない、でも、この副島が大丈夫というのだから戻ってきなさい、副島もここで住む、だから家を貸してください、戻ってきて暖かい布団で寝なさい』

過激なか言葉に、隠された、本心。 照れ隠しかな。 削除

2012/7/24(火) 午後 10:10 [ omizo ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事