うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 
乳児治療で大やけど、指3本失う 医療ミスか?
産経新聞 12月21日(火)13時6分配信

 神奈川県二宮町で今年5月、自宅分(ぶん)娩(べん)で生まれた男の乳児が直後に低体温と呼吸障害に陥り、搬送先の病院で治療を受けた際に両足などにやけどを負い、足の指3本を失っていたことが20日、乳児の両親への取材で分かった。神奈川県警は業務上過失傷害容疑も視野に入れながら、事実把握のため医療機関の関係者から事情を聴いている。
 父親(34)によると、乳児の母親(40)は当初、自宅近くの助産院で出産を計画。経過は順調だったものの、5月27日夕から不規則な陣痛が始まった。助産院を受診した母親は「まだ大丈夫」などといわれ、いったん帰宅。ところが、同日深夜から再び、陣痛が強くなり、呼んだ助産師が自宅に到着した後の28日午前8時12分に出産した。
 乳児は呼吸状態などが悪く、約1時間半後に助産師の判断で近くの診療所に運ばれた。しかし、診療所では対応しきれず、秦野赤十字病院(神奈川県秦野市)に搬送。呼吸不全や低体温症などと診断され、NICU(新生児集中治療室)で応急措置を受けた後、28日午後1時50分ごろに人工呼吸管理設備の整った市立病院に救急搬送された。
 だが、市立病院で乳児の右足などにやけどがあることが判明し、熱傷病棟がある大学病院に転送された。重度のやけどと診断され、6月に右足の小指と薬指、左足の小指を切断した。
 父親は秦野赤十字病院に処置の内容ややけどの経緯について説明を要請。病院側は乳児の体を温めるため、保育器に入れ、ドライヤーで暖めたなどと説明したという。ただ、やけどの原因については「原因は不明。救命を最優先した処置に問題はなかった」などとしているという。
 乳児の父親は8月、県警秦野署に被害を訴え、県警は関係者の聴取に乗り出している。
 取材に対し、秦野赤十字病院は「複数の病院にまたがる事案。(やけどが)あったかどうかも含め、調査中」とコメント。一方、乳児の父親は、 「診療所などでは治療経過をみていた。他の病院でやけどしたとは考えられない」と話している。
 乳児の父親は「詳細な説明をしない病院の不誠実な対応には憤りを覚える」などと訴えている。
呼吸障害はともかく、低体温は病院で出産していれば有り得ない話だと、私は思いますが…
 
神奈川西部も産科医療体制は厳しい ですが、まったく考慮されないのでしょうね…
 
 
(追記)
琴子の母さまの記事Yosyan先生の記事、なども合わせてご覧下さい。m(__)m

閉じる コメント(17)

顔アイコン

私が以前危険性を再三指摘していた通りになりましたね。
今時自宅分娩しようなんていう両親は非常に危険な思想。
こういう人ほど何か起こってから救急で病院に縋って結果が悪ければ文句をいったり暴れたりするからどうしようもない。
どこもこんな救急患者を受けたがらないですよ。
詳しい事情はどうあれまたも警察の介入ですか?
これで神奈川県西部地区も産科崩壊決定ですかね?
医療過誤?のたびに警察が介入してたらもう終わりでしょう。
後は開業医〜神奈川県西部の数少ない病院医師〜神奈川県東部の病院へのドミノ倒し現象が起こるのを見守るしかないのでしょうね。 削除

2010/12/21(火) 午後 5:22 [ NMD ] 返信する

顔アイコン

NMDさん、この話がどこまで発展するかは不明ですが、
助産所や自宅出産で問題が起きた場合の受け入れ先探しは、
さらに厳しくなるでしょうね…

2010/12/21(火) 午後 6:10 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

そもそも高齢出産でハイリスクなんですね。低体温にならなければこういう事にならなかったのに。医療過誤かどうかはさておいて自宅出産はハイリスクです。リスクを甘受出来ない人はやるべき手はありません。 削除

2010/12/21(火) 午後 6:18 [ 元外科医 ] 返信する

顔アイコン

元外科医さん、高齢だろうが、自宅で産もうが、
自分は大丈夫と思っていたのでしょうね…

まあ、他の助産所や自宅出産をする人が不利益を受けるのは確実でしょうね。

2010/12/21(火) 午後 6:36 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

どうして助産師がいたのに、治療が必要になるような低体温になったんでしょうか?
そもそも、低体温にならなければ、救命治療が必要になるはずはなかったのに。

体温を上げなければ、命の危険があったんですよね?
分娩から搬送までの管理の状況が知りたいです。

2010/12/21(火) 午後 10:28 [ 首都圏の産科医 ] 返信する

>一時間半後に近くの医院に助産師の判断で搬送
とあるけど、救急車ではないんですね。
また、一時間半もなぜ時間がかかったんだろう?

2010/12/22(水) 午前 9:36 KIDNEY 返信する

顔アイコン

業過傷を問うなら、非常識な判断をした自分たちや助産師じゃないの。
どうして尻ぬぐいをさせられた、それも不本意な形でさせられた者が問われなければならないのか。 削除

2010/12/22(水) 午前 9:43 [ 町医者 ] 返信する

顔アイコン

首都圏の産科医さん、助産師の対応はどうだったのですかね?
(まさか、カンガルーケアをしてたとか…)

最大の問題はそこにあると、私は思いますが…

2010/12/22(水) 午前 10:45 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

KIDNEYさん、一時間半の間に助産師が行っていたことと、
時間がかかった理由を知りたいところです。

2010/12/22(水) 午前 10:48 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

町医者さん、助産院での出産(自宅出産)が非常に危険な行為だとは、
今も思っていないのでしょうね…

やりきれません。

2010/12/22(水) 午前 10:50 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

産経の見出しも産経らしいというかなんというか。
医療問題の無知丸出し。
自宅出産にしろ助産所出産にしろ、そのこと自体が山登り異常の、自ら危険を冒す行為、胎児の方からしたら胎児虐待に等しい(医療ニグレクト)行為じゃないですか。そこを無視して、医療ミスかって、ほんと、怒りを覚える。
ま、産経は、こと医療に関しては毎日新聞以上のマスコミだから。グループ全体がこれだ。 削除

2010/12/22(水) 午後 4:26 [ 町医者 ] 返信する

顔アイコン

35歳以上の初産婦はそもそも、助産師だけでみるべき対象ではなく、産婦人科医と一緒にみるべき患者さんです。それを自宅分娩させる、、というのがそもそもの問題だと思います。
さらに、他のブログで、助産師の車で小児科の開業医に搬送とあります。これは、最初から救急車を呼んで患者さんの自宅からNICUのある病院に搬送すべき事例なんじゃないでしょうか?
そういう搬送の問題も指摘しないんでしょうか@新聞記事。
是非、周産期の会議でしっかり問題点を指摘整理して頂きたいです。 削除

2010/12/23(木) 午前 11:50 [ 麻酔科医 ] 返信する

顔アイコン

そんな危険があるとわかっていたのに
万全を期しても死亡することだってあるのに
助産師だけの判断だったんでしょ?
かわいそうだけど
両親には自業自得感が・・・・
子どもは、もっと可愛そう
そして、搬送先の病院はイイ迷惑 削除

2010/12/23(木) 午後 0:03 [ さくらひめ ] 返信する

顔アイコン

うーーん。刑事告訴する??
...疑問符が沢山あります。

2010/12/23(木) 午後 3:54 [ luckdragon_2009 ] 返信する

顔アイコン

そういう今日の読売新聞には、横須賀市立病院の院内助産の記事が載っていました。常勤産婦人科医なし、非常勤と市内の開業医の協力を得て、市立病院の助産師10人がやるようです。病院の外科系医師の逃散の原因にならないといいのですが。 削除

2010/12/23(木) 午後 4:34 [ 麻酔科医 ] 返信する

顔アイコン

多くのコメントを有難うございます。m(__)m
続報は出ませんね。(Nスタに出てたそうですが…)

何か情報がありましたら、教えて下さい。

2010/12/24(金) 午後 3:30 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

麻酔科医さん、横須賀の院内助産の話は23日の朝日にも出てましたね。

その中に、こういう一節があります…

>最後まで市民病院に残り他病院に移ることになった産科医が
>助産師たちに一歩踏み出すように呼びかけた。
>「皆さんは人間としても、知識・技術でも誇れる仲間。
>妊婦についての判断はいつも間違っていなかった」

本当に、こんな事を言ったのでしょうか?
仲間でなくなる人が…

2010/12/24(金) 午後 3:38 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事