うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]


梨花、“壮絶”出産をブログで明かす「生死をさまよう事となってしまった」
オリコン 11月21日(月)12時36分配信

 18日午後に第1子男児を出産したモデルの梨花(38)が21日、自身のブログを更新。出産時に「意識不明」となり、「生死をさまよう事となってしまった」と、壮絶な裏側を明かした。

 梨花は「2011年11月18日午後14時05分!!!!! 3090gの元気な男の子を無事出産することができました」と初めて自ら報告。出産に際し「赤ちゃんの首には二重にへその緒が巻き付き私は意識不明」になったといい、「輸血、心臓マッサージ...そしてみんなの大きな呼びかけで目を覚まし、今、ここにこうして元気に存在することが出来ています。難産というよりも、生死をさまよう事となってしまった私は我が子を抱けたのは次の日.......赤ちゃんを初めて抱きしめることができた瞬間のシチュエーションは、全く想像とは違うものとなってしまった」という。

 過去に流産経験があり、今回も2度の切迫流産を乗り越えての待望の出産。無事に男児を授かったことで「今は母子共に元気で幸せな時間を過ごしています」、「今まで経験した事のない幸せを噛み締めて毎日を過ごしています」と幸せたっぷり。「妊娠できた時もそうでしたが、出産も母子ともに無事であるという事が決して当たり前ではないという事、命の大切さを、どこまでいっても神様は私に!伝えたいみたいです(笑)」と前向きに綴っている。
輸血はともかく心臓マッサージとは、本当に危険な状態に陥ったようですね。

母子共に元気になって何よりです。

ご本人のブログ記事にもありますが、

出産も母子ともに無事であるという事が決して当たり前ではないという事

再認識させる話ですね。



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

閉じる コメント(5)

顔アイコン

2度の流産経験と30代後半の出産ですから、かなりのハイリスクであることは言うまでもありませんね。
流産経験がなくとも30代中〜後半という年齢の初産はハイリスクですから、産む側にもそれなりの覚悟が必要だと思います。
産科で日夜多くのハイリスクな出産に立ち向かうDrには本当に頭が下がる思いです。Drの力及ばないケースも少なくないはずです。
無事に出産が終わった人はすべて母子とも無事でよかったと神様と医療スタッフに感謝してほしいものですね。 削除

2011/11/22(火) 午前 10:16 [ NMD ] 返信する

顔アイコン

何か、結構この事で、医療関係者に「ありがとう」って言われてましたね。
>梨花さん

ま、ある意味、お産の危険性を認知するのに、とても役立ってくれた、ありがとう、と言われてました。

素直に、危険を語ったのが、やはり好感度だったのかも。

2011/11/22(火) 午後 1:54 [ luckdragon_2009 ] 返信する

顔アイコン

ともあれ、今後は母子共に健やかに。

2011/11/22(火) 午後 1:55 [ luckdragon_2009 ] 返信する

顔アイコン

NMDさん、luckdragonさん、芸能人の影響力は大きいですから、
これからも、現代社会で忘れられがちな「お産の危険性」を伝えてもらいたいものです。

2011/11/22(火) 午後 5:35 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

本当ですね、芸能人の影響力をおもうと、自宅出産での成功例とか、そんなんばっかりだったので、これから「お産の危険性」を語ってくださることに私も期待しています! 削除

2011/11/27(日) 午前 1:06 [ 琴子の母 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事