うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]


さいたま赤十字病院:小児科常勤医退職問題 産婦人科に余力、知事「決定的影響ない」 /埼玉
毎日新聞 6月12日(火)12時27分配信

 さいたま赤十字病院(さいたま市中央区)の常勤小児科医4人全員が退職の意向を示し、母子共に命の危険があるハイリスク妊婦の新規受け入れが制限されている問題について、上田清司知事は11日の定例記者会見で、同市内の産婦人科に余力があるとし、「周産期医療に決定的な影響はない」と強調した。
 知事は、同院の小児科医が退職した場合、分娩(ぶんべん)取扱件数は現在の年約1000件から約300件減るとの見通しを示した。その上で「さいたま市内には年600件ほど余裕があるのでカバーできる」と説明。ハイリスク妊婦については試算していないものの「特にさいたま市境では、市内に余裕がなければ隣に搬送するなど努力をしていく」と述べた。【西田真季子】

6月12日朝刊

小児医療センター移転
2012年06月12日 朝日新聞

◇新病院、16増の316床/住民説明会で県報告

 県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)のさいたま新都心(同市中央区)への移転計画をめぐり、地元住民に対する説明会が10日開かれた。蓮田市や岩槻区などから100人以上が参加。県は3月にまとめた施設整備基本計画の内容を報告した。

 計画によると、病床数は現在より16床多い316床。特に新生児集中治療室など周産期と救急を計52床増やす。同時に移転して一体整備されるさいたま赤十字病院(さいたま市中央区)との連携では、赤十字側にハイリスク妊産婦と胎児のための集中治療室(MFICU)を新設。病院入り口や一部の検査部門、レストランなどの共同利用も検討するという。

    ◇

 さいたま赤十字病院で小児科常勤医が退職の意向を示し、ハイリスク妊婦の受け入れが困難になっている問題について、上田清司知事は11日の定例会見で、「近隣の医療機関とも協議し、市域を越えて調整したい」と述べた。通常分娩(ぶんべん)は、赤十字で減少が見込まれるのは年間約300件で、市内の他の医療機関で受け入れ可能という。
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001206120004

練馬区長らもそうですが、どうして首長はこういう無責任な発言をするのですかね…
選挙前にも同じような話をしてたような…)

同市内の産婦人科に余力があるとし、「周産期医療に決定的な影響はない」と強調した。

もしかしたら、さいたま市内に限れば、少しは余力があるのかもしれませんが、
今ですら、県外への妊婦搬送数の多い埼玉県での志木に続く騒動は、
周産期医療提供体制に少なからぬ影響があると、私は思いますけどね…

まあ、成り行きを見守らせて頂きます。

↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

県立小児医療センター:移転問題 課題の周産期医療 ハイリスク妊婦に対応 /埼玉
毎日新聞 6月14日(木)12時36分配信

 県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)がさいたま新都心(同市中央区)へ移転する第1の要因は、老朽化の進んだ同センターの耐震性の問題だったが、県は移転をテコに課題となっている妊娠後期から新生児早期までの周産期医療の充実を図る。
 背景には、脳出血など妊婦に命の危険があったり、早産で通常の病院では出産できない「ハイリスク妊婦」の受け入れ先不足がある。
 県内には、高度な周産期専門医療機関は埼玉医科大総合医療センター(川越市)の1カ所のみ。このほか9医療機関がハイリスク妊婦を受け入れているが、県医師会によると、10年にはハイリスク妊婦1046人のうち164人(16%)が、東京都など県外に搬送された。
 また、未熟児などを受け入れる新生児集中治療室(NICU)のベッド数不足も深刻だ。厚生労働省の新生児1万人につき25床という基準に沿うと、県内には150床が必要だが現状では101床と3分の2にとどまっている。
 このため県は、新都心に移転後の新センターに危険性の高い母体と胎児を同時に診察できる「総合周産期母子医療センター」を新設し、NICUなど周産期病床を36床増やす方針だ。
 同センター施設整備検討委員会の委員も務めた、東京大学医学部付属病院の岩中督教授は「晩婚化で出産年齢が上がって、子宮内で十分に成長する前に早産となる危険性は上がっている。NICUの需要は増加傾向にある」と指摘する。【西田真季子】

6月14日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120614-00000107-mailo-l11

閉じる コメント(2)

顔アイコン

人口あたりの医師数が少ないと言われた際に、
面積あたりなら少なくないと答えた人ですからね。

2012/6/26(火) 午後 5:21 [ n_y*m*ju ]

顔アイコン

はじめまして。
県立小児医療センターの移転を反対しているものです。
周産期以外にも移転すれば地域の小児救急にも影響が出ると思うのですが、どのように思われますか?
新都心に移転してまで総合周産期の確立は行えないものなんでしょうか?

2012/9/14(金) 午前 0:38 [ poliahu ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事