うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

民間病院長の年収アップ3098万円に 厚労省調査、診療報酬議論に影響も
産経新聞 11月6日(水)10時50分配信

 厚生労働省は6日、医療機関の経営状況を調べた「医療経済実態調査結果」を中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に示した。平成24年度の平均収支は診療所が1787万円の黒字(前年度比116万円増)、医療法人が経営する民間病院は7621万円の黒字(同215万円増)で、経営の改善傾向が明らかになった。

 医師の平均年収は医療法人が経営する民間病院の院長が3098万円(前年度比53万円増)、病院勤務医は1590万円(同43万円増)。医療機関の経営改善が影響したものとみられる。

 一方、医療法人経営の診療所は院長(主に開業医)が2787万円と31万円減ったが、それでも病院勤務医に比べ約1・75倍の開きがあった。

 調査結果は、来年度の診療報酬改定の基礎資料にされる。改定をめぐっては、厚労省や日本医師会、自民党厚労族議員がプラス改定を求めているのに対し、財務省は国民負担が増えるとして反対。今回、医療機関の増収傾向が示されたことで引き上げ反対論が勢いを増すとみられ、改定率が決まる年末に向け調整の難航も予想される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000520-san-soci


病院の赤字額縮小=開業医年収2787万円―厚労省調査
時事通信 11月6日(水)9時3分配信 

 厚生労働省は6日、医療機関の経営状況を調べた医療経済実態調査結果を中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に示した。2012年度の一般病院の1施設当たり平均赤字額は、1136万5000円で、前年度の2932万円から縮小した。12年度診療報酬改定で、医師の技術料など「本体部分」をプラス改定したことが影響したとみられる。また、開業医(個人経営の診療所)の平均年収は、前年度比1.1%減の2787万3734円だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000033-jij-pol

元となった概要報告書です。

実感とまったくかけ離れた結果のからくりは、2年前と同じでしょう…

少なくとも?H1>開業医の年収『2787万3734円』は、2年前と同じく大部分の「個人」診療所を省いた、『医療法人』診療所の平均給与です。 (この「個人」と『医療法人』の違いは、2年前のYosyan先生の記事をご参照ください)

まあ、2年毎の診療報酬改定前の恒例行事なのでしょうね…


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事