うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

先日の金スマの放送以来、多くの訪問数、コメントを頂いていますので、
一度、私の専門である泌尿器科領域について、
早期がん進行がんで、どのくらい治療内容が変わるか説明してみます。
 
1.前立腺がん
 PSA検診ライトブルーリボン運動などにより、早期がん患者数が増えていますが、
時々進行がんで発見される患者さんがいらっしゃいます。
 
治療法は、早期がん なら年齢や悪性度に応じて、
手術(前立腺全摘)、放射線治療、ホルモン療法、無治療経過観察
(『放置』に近いですが、ちゃんと経過を見て行きます(笑))
など、治療法がさまざまあって悩ましいくらいです。
 
そして、もし再発や再燃しても、ホルモン療法や放射線治療などで進行を抑えることが可能なことが多いです。
また、ホルモン療法で治療開始しても、長期間効き続けることが多いです。
 
 
その一方、骨転移による腰痛や、PSA異状高値(1000以上も多い(正常は4未満))で見つかる
進行がん(stageD)に対しては、基本的にはホルモン療法以外の選択肢はありません
 
また、3〜5年くらいで、ホルモン療法への抵抗性が出現し、再燃することが多く、
その後に抗がん剤治療や、他の薬剤によるホルモン療法などを行なっても、癌死する患者さんが多いのです…
(ホルモン抵抗性前立腺がんに対する治療は、どんどん新しいクスリが出てますけどね…)
 
 
前立腺がんは基本的に進行は遅いですし、進行がんで発見されてもある程度の期間は
生活の質を保って生き続けられることが多いのですが、
最終的には治療が効かなくなり、癌死してしまう患者さんがほとんどです。
 
一方早期がんならば、定期的な通院を怠らなければ、前立腺がんで死に至ることは稀です。
 
どう思われますか?

閉じる コメント(9)

アバター

TVは観ていません。前立腺がんで死ぬことは無いという認識でしたが、たまに亡くなる方がいるのは、結局進行がんだったという事なんですね!近藤氏の本も読んでいませんが、こちらで拝見した限りでは、早期がんできちんと治療するのが一番確実な気がします。
全ポチ

2014/10/7(火) 午前 0:00 LIBRA 返信する

顔アイコン

前立腺癌の罹患数、死亡者数ですがだいたい1年間に5万人ほどが前立腺がんと診断され、1万人ほどの人が前立腺癌でなくなっています。(80代などの高齢者で早期の前立腺癌であれば前立腺がんで死ぬ事はかなりすくないと云えるとは思います。)
参考までに肺癌だと各々10万人、7万人くらい、大腸癌だと7万人、3万人くらい、胃癌だと12万人、5万人くらいです。

2014/10/9(木) 午後 5:53 [ rad*o1*09* ] 返信する

金スマは、みていませんが。
Facebookの勝俣先生の意見は、ききました。
病院へ体調が悪いから治してもらう為に、病院へ来た患者さんの本当の声があるのですよね。
保険医師として、
治療が必要なければ病院へ行く必要は、ありません。しかし、精神状態が健康な状態の判断なのかを、きちんと判断して考えたら、近藤先生みたいな決断は、無いのかなとおもいました。
最期の最期まで、人間は、生きたいとおもって、生きなければいけません。あきらめた途端、癌で無くても、この世から亡くなってしまいます。
早期に発見して、きちんと治療する決断が大切だと思います。

2014/10/9(木) 午後 10:17 hanagoat 返信する

顔アイコン

昨日書いたコメント訂正しようとしたができず書き直します・・

テレビは見ませんでしたが・・・

近藤先生の「医者に殺されない47の・・・」は読みました。

私の母が昨年末に未破裂脳底動脈瘤の予防するための術後脳梗塞、心不全になり入院が長引きました。

介護保険の申請をして要介護1になり半年後の更新では要介護2になりました。

未破裂の動脈りゅうを予防する前は友人と観劇や旅行・・自転車も乗ってたんです・・
お医者さんによると想定外のことが起きたそうですが・・・・
元気に生活しててたまたま見つかった脳底動脈瘤を予防する手術で介護状態になってしまう・・・
これってどうなのかなあって思うんです。

手術さえしなければ・・・・って今は思ってしまいます。

お医者さんは「想定外でした」っていうけど・・・

家族の生活も想定外になってしまう・・

予防のための手術ってどうなのでしょう・・・・・

コメントずれて申し訳ありません。 削除

2014/10/10(金) 午前 8:36 [ みつこ ] 返信する

顔アイコン

みつこさん、未破裂脳動脈瘤の予防手術での合併症ですか…

破裂して、くも膜下出血を起こすと死亡してしまうことも多いですし、
助かっても深刻な後遺症を残すことが多いですが、
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/brain/pamph66.html

みつこさんのお母さまのように、
手術の合併症で深刻な後遺症が残ってしまうこともあるということは、
私でもよく知ってます…

昨年とのお話ですので、手術前に合併症の話はお聞きしてると思われますが、
実際に深刻な合併症が発生し、患者さんやご家族の生活が一変してしまった後では、
「手術さえしなければ・・・・」と思われるのは、当然だと私も思います。

2014/10/10(金) 午後 6:43 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

しかし、過去に戻って手術をしなかったことには出来ないので、
辛いとは思われますが、現状と折り合いをつけてもらうしかないのです…

訴訟にまで発展した例も多いですが、多大な労力とさまざまな費用がかかりますので、
お勧めはできません…

2014/10/10(金) 午後 6:56 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

お忙しい中お返事ありがとうございます。

入院中は弁護士さんに相談に行ったこともありましたが訴訟は先生のおっしゃるように多大な労力とさまざまな費用がかかるとおききししました。

訴訟は考えずに訴訟にかかる膨大な時間を母のために使おうと決めました。

これからも長い介護生活は続くと思います。

お互いがいらいらしてしまうこともよくあるけど上手に手抜きをしてストレスをためないようにしていきます。

「極めれまれな状況・・」そんなわずかな確立に昨年末は想定外で当たってしまったのだから
母は「今年の年末は宝くじが当たるかもしれない・・」などなど言ってます・・

私自身の健康管理をしっかりしてがんばります。

ありがとうございました。 削除

2014/10/11(土) 午前 6:58 [ みつこ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは^^

ワタシの大事な友達が62歳で昨年春ころ?前立腺ガンと言われました。診断が出る前から、軽い脳梗塞や、高血圧の薬や、鬱の薬も既に飲んでいたのですが、がん宣告を受け、益々気持ちが不安定になり、パニック症候群で救急搬送されたりしていますが、現在は連絡もつかず心配ばかりです。
自身の会社を失くし、母子家庭の娘に世話になる生活の通院で、ガン治療は治療費等の問題があり、途中で止めたそうです

この本の理屈から言ったら、『放置』が1番良いみたいに書いてあったので、最初は放置も勧めたのですが、今となっては、「治療して良くなった!」と何人かに聞いて、放置のすすめは間違いか?支払いが出来ないから・・とほおっておいたら、やはり早く?確実にガンは進行ですよね!?

いろんな薬を飲むと言うこと自体、体には良くないと思うのですが・・・元気で再会は無理なのか・・・半ば諦めています

2014/10/11(土) 午後 2:37 れぃ 返信する

顔アイコン

れいさん、それは心配ですね…

記事中にも書きましたが、
前立腺がんは、病期によっては「無治療経過観察」という方法もありますが、
「経過観察」は少なくとも大切です…

もし、その方にお会いする機会がありましたら、
治療するかどうかはともかく、病院には通院するようにお話して下さい。

2014/10/14(火) 午後 6:05 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事