うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

この話の続報ですが、開業助産師も起訴されなかったようです…

 二宮町で2010年5月、自宅分娩(ぶんべん)で生まれた男児が呼吸障害から低体温症に陥り、治療中のやけどで足の指3本を失った事故で、横浜地検は23日、業務上過失傷害の疑いで書類送検された二宮町の女性助産師(68)ら3人を不起訴処分とした。地検は処分理由を明らかにしていない。

 ほかの2人は、男児が搬送された総合病院の小児科に当時勤務していた女性医師(39)と、研修医だった男性医師(32)。

 県警によると、男児は分娩途中に羊水を飲み、呼吸障害を発症。立ち会った女性助産師が自分の車で二宮町の男児宅から秦野市内の総合病院に搬送した。医師2人がヘアドライヤーで保育器を温めた際、男児は対流した温風で足にやけどを負い、右足薬指と小指、左足小指の一部を失った。

 女性助産師は、男児が呼吸障害になったのに医療機関に救急搬送せず男児を低体温症にさせたとして、医師2人はドライヤーで加温処置をした際に男児の足の指3本を失わせたとして、それぞれ13年2月に県警が書類送検していた。

 男児の両親が県警に事故の被害を申告。医師2人については刑事告訴していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000622-kana-l14

医師の不起訴は当然です。

仮に

医師2人がヘアドライヤーで保育器を温めた際、男児は対流した温風で足にやけどを負い

というのが事実だとしても、

呼吸不全や低体温になったのは開業助産師のずさんな管理のせいです

命が助かっただけでも良かったと、私は思うのですけどね…

この助産師は除名後も助産業務を続けていたそうですが、今はどうしているのでしょうね?
ブログは昨年9月まで更新がありました)


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

閉じる コメント(1)

顔アイコン

医師は刑事告訴していたって・・・。自宅出産などという判断をしたあげくの様だと思うのだけれど自分には理解できない価値観の親です。

2015/4/30(木) 午後 4:49 [ rad*o1*09* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事