うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

 遺族は、研修医が常勤医に相談する体制が整っていなかったなどの問題があったとみて、公表に踏み切った。
http://www.asahi.com/articles/ASHD274GPHD2UBQU00S.html

 会見で長女は「適切に診察し、手術をすれば命を亡くすことはなかったのではないか」と涙ながらに話し、青山弁護士は「研修医はなぜベテラン医師に相談しなかったのか。救急外来体制を見直し、再発防止に努めてほしい」と訴えた。
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20151203ddlk22040006000c.html

お亡くなりになった女性の、ご冥福をお祈りします。m(__)m

まだ、調査が始まったばかりの事案を公表するのは、何らかの意図があるのでしょうね…


似たような事案は、以前からありますが、
『研修医が常勤医に相談する体制が整っていなかった」のは、確かに問題で
病院側は大いに反省すべき所かもしれません。

ただ、事故前の2015年4月15日から「救命救急センター医員募集」や、
多くの科の「医師募集」をしているように、慢性的な人手不足だったのでしょうね…


また、繰り返されるこういう事案を減らす為には、
個々の医師や病院全体のスキルアップだけではなく、
医療費や医師数を今の数倍に増やして、夜間も日中並みの医療を供給できるようするしかないですが、
(救急患者が来ないと、病院の赤字が増えるだけですから…)
こういう方々がそのような主張をしたのを、私は知りません。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

2日ほど前にも、報道ステーション?だったかで「医療事故調査制度が全く機能していない」とか特集組んでいましたね。
その中で、制度が医師側に偏っていて、被害者側が無視されているということを論説委員とかも必死になって言っていましたが、こんなアホなマスコミだらけで、国民を洗脳していれば、ホント将来日本も危なくなりますね。
制度の本来の目的を理解していないし、それなら遺族側を守る制度を作ろうと声を上げればいいだけの話だろうが?

2015/12/10(木) 午前 9:42 [ ひさ ] 返信する

顔アイコン

ひささん、彼らに制度の本来の目的(医療事故の再発防止)
を理解してもらうのは、不可能だと私は考えています。

>遺族側を守る制度
本当に作って、失敗した医師をどんどん罰する制度ができたら…
救急や産科・小児科などは、どうなりますかね…

2015/12/14(月) 午後 4:52 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

ヨーロッパの多くの国のように、故意等でなければ医療側の責任を問わず補償する無過失補償制度を考えていくのが、先例もあり現実的でしょうね。

2015/12/15(火) 午前 9:08 [ ひさ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事