うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

川島さんは闘病生活の中で、抗がん剤などによる治療ではなく、「電磁波による邪気をとりのぞく」(2014年7月5日のブログより)といった民間療法を採用していたため、没後はネット上で「一般的な治療を受けたほうがよかったのではないか」といった声が上がり、議論が巻き起こっていた。

そういった意見に反応したのか、鎧塚さんは12月15日に「癌医療に関する様々なご意見ありがとうございます」とFacebookに投稿。「この度の女房の癌がかなり進行している状況において様々な医師を訪ね歩いた中で両極端な医師の見解について・・ とある大病院の医師による『どうみても負け戦です。後はどう敗戦処理を考えるかだけです。』という人情味の全くない冷たい見解の医師 ある民間医療の『必ず治りますから希望をもって諦めずに治癒をしましょう』と言って高額な治療を勧めてくる一見人間味溢れる医師」と明かした。

鎧塚さんは「藁をもすがる患者とその旦那にとってどちらが名医でどちらが薮医者だったのでしょうか?私には今となっても結論はみいだせません」とつづった。また「自分自身が選択し納得して進めた治療が正解であり、そこに心をもって寄り添ってくれた医師こそが名医なのでは?と思います」というファンのコメントに、鎧塚さんは「本当にその通りだと思います」と返している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00010001-trendnewsn-ent

『どうみても負け戦です。後はどう敗戦処理を考えるかだけです。』

という見解を、川島なお美さん本人に言うのはどうかと思われますが、

ご家族にのみ伝えることは、往々にしてあります。

それを『冷たい』と受け取られるのは残念ですが、
現実はもっと残酷ですからね…


川島なお美さんの治療に関しては、
最初の「都内の有名大学病院」の外来主治医と合わなかったのが残念だった、と私は思います。
舞台出演を優先したいという川島の意向を無視して外科手術をすすめ、拒否すると、抗がん剤治療を提案された。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151212-00000006-pseven-ent

この方針は、後から考えれば『ベストの選択』だったかもしれませんが、
症状の乏しい『この時点』では、なかなか説得は大変かと思われます…


とりあえず

ある民間医療の『必ず治りますから希望をもって諦めずに治癒をしましょう』と言って高額な治療を勧めてくる一見人間味溢れる医師」

には、ご注意下さい。

がん患者や、ご家族の「藁をもすがる思い」につけこむのです。



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

閉じる コメント(5)

転載させていただきました^_^

ありがとうございます。

2015/12/21(月) 午後 6:24 [ 真実を知りたい! ] 返信する

顔アイコン

これは本当の事だし、事実です。
諦めないで頑張りましょうという言葉に踊らされた方々がどれほどお見えになる事か。

それよりも検査のデーターを元に客観的に病状を説明して下さるDRの方がどれほど良いか。

私も数回に渡る手術を(頭部、心臓、額間接骨折、腸閉塞など)繰り返して参りましたが、優秀なDRほど「情」に訴える事は絶対にありません。

情が移る前に入院患者を退院させ、在宅医療に切り替えます。
「いよいよ、と言う時に現れるのが本当のDR」と私も感じております。

2015/12/21(月) 午後 8:22 [ - ] 返信する

顔アイコン

真実を知りたい!さん
どうも有難うございます。m(__)m

2015/12/22(火) 午後 5:16 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

IWAN DORAGOさん、
今も昔も、多くの患者さんやご家族が翻弄され続けてますよね…

>優秀なDRほど「情」に訴える事は絶対にありません。
説明方法や態度は、相手を不快にさせない技術があるに越したことはありませんが、
説明「内容」に情を込める必要は無いですよね。

2015/12/22(火) 午後 5:25 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

はじめまして。
エントリー違いで申し訳ありません。
私は主人が宇和島徳州会病院の万波先生に一命を救われた者です。
実際に接してみて、確かに説明の下手な、ちょっと「せっかち」な先生だなぁと思います。でも苦しんでいる患者さんを救いたいという情熱は半端じゃないと感じます。
万波先生は高齢でいらっしゃいますが、先生の下に女子医大で研鑽を積んだ若手Dr.も育ってきています。彼らもなんとか移植が良い方向に進み事を夢見て、遠い愛媛の田舎で頑張るといってらっしゃいました。
12月4日、第三者への修復腎移植が実施され、再度先進医療の申請がなされました。私は密かに応援しています。

宇和島徳州会病院は、本当に「奇妙な」病院で、本当に全国から患者さんが集まってきています。皆さん、万波先生を頼ってお越しになります。

2015/12/24(木) 午前 6:51 [ mint1921 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事