うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

かなり遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。m(__)m

 三島市谷田の公的病院「三島総合病院」で、新生児集中治療室(NICU)に準じた最新の設備を持つ「周産期センター」の開業のめどが立っていないことが分かった。センターは病院敷地内に昨年8月に完成し、同10月にもオープンする予定だったが、産婦人科医ら医療スタッフの確保が出来ていないためだ。子育て支援を進める同市にとって、中核施設として期待が大きいだけに、関係者は不安を募らせている。

 病床は24床で、このうち3床は疾患を抱えた新生児を集中的に管理・治療できるようにする。24時間態勢で、出産や診療などに対応するため、少なくとも産科医3人、小児科医2人の常勤医師が必要だが、年が明けても確保できていないという。

 同病院の樋川洋一事務長は「計画段階では医師が確保できる見込みだったが、全国的な産科医不足の影響で難しくなっている。年度内にはオープンできるよう努力を続けている」と話す。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20160117-OYTNT50303.html?from=ycont_top_txt

24時間態勢で、出産や診療などに対応するため、少なくとも産科医3人、小児科医2人の常勤医師が必要

こんな条件で働いたら、間違いなく過労死しますな。
医師が寄り付かないのも当然ですが、理解できないのでしょうね…

『全国的な産科医不足』を、言い訳にして欲しくないものです。


まあ、新潟県加茂市にも、身の丈を考えない愚かな多選市長がいるようですし、
どうしようもないのでしょうね。

建築業者を喜ばせても仕方がないのですけどね…



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

閉じる コメント(2)

親の視点と想像からですが、医師が寄り付かないのも、労働時間が40時間以上にまたがる勤務(今はあるのか分かりませんが)があるから、過労死しそうです。仮眠しながらと聞きますが、ぐっすり寝れないのでは?勤務時間を8時間交代は出来ないのでしょうか?


治療判断を間違えれば、赤ちゃんは、一生、障害を抱える。NICUは一刻一秒を争う、小さな赤ちゃんばかり。小児科医師の数は1人でも多い方が良い。判断に迷ったら、誰に相談するのか?2人では少なすぎます。


実際の話ですか、1人の赤ちゃんが急変してる所に、他の赤ちゃんが急変。NICUの小児科医師は1人。どっちも離せず、GCUにいる小児科医師がいたから、何とかなったケースを見ました。


出産は365日24時間、いつお産になるか分からないのに…。もっと環境を整えて、産科医師・小児科医師が、増える事を祈ります。

2016/1/18(月) 午後 6:34 [ MAMIRINN ]

顔アイコン

あけましておめでとうございます。
つぶやき先生のブログでも取り上げられていましたね。

それにしてもゴミ売りをはじめマスゴミの記者は記事を書いてて必要人員が少なすぎると思えないのかな。あるいは自分の赤ちゃんを小児科医にとり上げてもらったり、赤ちゃんの病気を産科医にみてもらって全然構わないと考えているのか。

2016/1/21(木) 午後 4:14 [ rad*o1*09* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事