うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

 富士山での遭難者救助ヘリをめぐり「3200m以上は出動させない」と決めた静岡市に対し、議論が起きています。滑落した男性を救助中に過って落下させた事故を受けての決断。ネット上では「当然だ」という意見がある一方、「複雑な問題」と受け止める人もいます。


男性遺族が提訴

 事故は2013年12月に起きました。静岡市消防局のヘリコプターが京都市の男性(当時55)を救助中、3メートルの高さから男性が落下。翌日、救出された男性は死亡が確認されました。

 事故当時、県の防災ヘリは定期点検中で出動できず、2012年3月に県と静岡、浜松両市で締結した相互応援協定に基づき、県の要請で静岡市のヘリが出動しました。

 協定締結後、静岡市のヘリとしては富士山での遭難者救助は初のケースで、風や気流など気象条件が厳しかったうえに、酸素が薄い中での救助活動でした。

 事故をめぐっては男性の遺族が2015年12月、救助方法が不適切だったとして市に約9200万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こしています。


救助の困難さ考慮し決断

 静岡市消防局は市内最高峰の間ノ岳(3190メートル)での遭難を想定した救助訓練を年2、3回実施していますが、富士山の現場の高度は3469メートルでした。

 消防局は事故後、対応を検討した結果、ヘリが上空にとどまる難しさや救助隊員の危険度を考慮し、3200メートル以上は出動しないことを決めたそうです。

 今回の決定は、静岡市の田辺信宏市長が1月22日の定例記者会見で、死亡した男性の遺族が市を提訴したことについての質問に答える中で明らかにしました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000001-withnews-l21

危険を冒して頑張って出動したのですが、結果が悪かったのは事実です。
また、訴訟を起こす権利は万人にありますので、訴えるのも自由です。

しかし、今回のように救助に失敗したら訴えられるのなら、
「訓練していない高度の遭難には、救助に行かない」という対応になるのは仕方がないですよね…


この訴訟がどうなるかは不明ですが、
似たような、積丹岳の救助作業事故では地裁で1200万円
高裁では増額されて1800万円の賠償命令が出ています…

最高裁判決はまだですが、覆る可能性は低そうです…

私は、静岡市の判断を支持します。


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!


まあ、これらの救助ミスが有責になるのなら、
(救急などの)医療ミスで多額の賠償命令が出るのも、当然なのかもしれませんね…orz

閉じる コメント(8)

顔アイコン

お久しぶりです。当然するべき訓練をしない。当然備えるべき準備をしない、当然備えるべき技術を持たない、失敗したときの対応、言い訳すべて落第です。要救助者を落としてからすべての言い訳が始まっています。ブログで何回も取り上げていますのでよければ読んでみてください。危険な登山をするから落としても仕方がない葉まったく別次元の話で、莫大な税金を使ってヘリなんか持つべきではないでしょうね 静岡市は

2016/1/27(水) 午後 11:34 [ bel**14b*989 ] 返信する

顔アイコン

3メートルの高さから落として回収できないなどありえないでしょう。30メートルなら滑落して見失いことはありうるでしょう。落として5分で現場を離脱しています。30メートルだったので死んだと思ったのでしょう。

2016/1/27(水) 午後 11:39 [ bel**14b*989 ] 返信する

顔アイコン

航空事故として第3者による正確な調査が行われていませんので、裁判で明らかになることでしょう。

2016/1/27(水) 午後 11:40 [ bel**14b*989 ] 返信する

顔アイコン

シリアに行ってISに掴まり惨殺されたケースなどでは、自己責任という声が圧倒的なんですが、かりに救助にいったとして作戦が失敗し死亡した場合も遺族は賠償請求するんでしょうか?そんなことをしたら、無駄に税金を使わせた上にかねもとろうとするのかって、国民から袋だたきに遭うと思いますがね。
それとどう違うんでしょうか?こういうのがまかり通るなら、今後こういった遭難については救助せずに自己責任でいいんじゃないですか?

2016/1/28(木) 午前 9:44 [ ひさ ] 返信する

顔アイコン

bel**14b*989さん、手厳しいコメントを有難うございます。

相互応援協定を結んでいて、いざとなったら出動しないといけないのですから、
本来なら、事前に訓練して対応しなければいけませんよね…

まあ、この意向は『県や浜松市からは了承を得ている』そうですが
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160123-OYT1T50039.html

リスク回避としては自然な対応ですが、「後ろ向き」なのは間違いないですね。

2016/1/28(木) 午後 4:16 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

ブログ記事を拝見しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/70329949.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/68456466.html

>事故調査は当事者である静岡市が調査委員会を設けて行っただけで、航空事故調査や県警による刑事事件としての捜査もされなかったようです。

故意に落としたとは思えませんので、「刑事事件化」には断固反対しますが、
かなり大きなニュースになったのに、航空事故調査委員会に回らなかったのは何故ですかね?

静岡市側の対応や姿勢に大きな問題があったことは、理解しました。

2016/1/28(木) 午後 4:28 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

ヘリの技量不足も原因の一つですが、やはり山岳救助、特に富士山は、と言う部分を忘れてはいけないと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/fujisannnoyousei/62680018.html

2016/2/2(火) 午前 10:36 [ - ] 返信する

顔アイコン

bel**14b*989さんの書かれたとおり、結果的にうまくいかなかった事例ですので事例の詳細は検証して今後に活かすべきだと思います。ただ、医療と同じですが、そこに裁判が入ってくるのには違和感しか感じません。免責前提での検証が行われる環境が日本にないのが一番の問題かと思います。

2016/2/2(火) 午後 4:10 [ rfj*t ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事