うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

この話の続報です。

 1審名古屋地裁は、「目を離さず見守ることを怠った」と男性の妻の責任を認定。長男も「事実上の監督者で適切な措置を取らなかった」として2人に請求通りの720万円の賠償を命じた。2審名古屋高裁は「20年以上男性と別居しており、監督者に該当しない」として長男への請求を棄却。妻の責任は1審に続き認定し、359万円の賠償を命じた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000559-san-soci
判決は、どちらかに見直されるようです。

この訴訟は原告が鉄道会社ですから、被害者を金銭的に救済する意味合いが乏しいこともあり、
おそらくは、(妻や長男の)賠償金額が減る方向になるのでは、と私は予想しますが

 民法は、子どもや精神障害者が他人に損害を与えても賠償責任を負わないとした上で、被害救済のため親や家族らが「監督義務者」として原則的に責任を負うと定めている。今回の訴訟では、認知症の人を介護する家族の監督義務の有無が争点となっており、最高裁の判断は介護の在り方にも影響を与える可能性がある。

 家族の賠償責任を認めた1、2審判決に対し、介護に携わる関係者からは「認知症介護の実態を理解していない」と強い反発の声が上がった。遺族側も弁論で「認知症の人を一瞬の隙(すき)もなく見守ることは不可能で、隔離などの対応をせざるを得なくなる。超高齢化社会の在り方が問われている」と主張した。一方で法律家の間では、損害回復の視点も軽視すべきではないとの意見が根強い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000009-mai-spo

いっそ請求を満額認めて、国の在宅介護方針をぶっ潰す判決を、個人的には期待しています。(爆)


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

閉じる コメント(3)

顔アイコン

>いっそ請求を満額認めて

私もそれに近い考えですね。
民法の「監督義務者」としての義務というのも、おかしい話でもないですから、
特殊例として大幅な減額とか認める事も出来ないでしょうしね。
まあ方向性としては、こういったときの保険を充実させていくしかないでしょうね。

2016/2/5(金) 午前 9:33 [ ひさ ] 返信する

顔アイコン

ひささん、私も保険はいい考えだと思います。

ただ、介護してる家族は経済的に苦しいことが多いことや
(このケースは違うそうですが…)
認知症の人の家族が、他人に危害を加える可能性に思いが至らない可能性が高く、
加入率が伸びないような気がします…

2016/2/8(月) 午後 5:26 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

家族に監督義務なし、という逆転判決が出たようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000036-asahi-soci

予想通りですが、
国(厚労省)の在宅介護方針に辟易している私としては、
面白くないですね。

2016/3/1(火) 午後 4:25 さすらい泌尿器科医 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事