うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、助産師は13年4月27日夜、女性(当時33歳)が出産後に大量出血したのを確認したが、すぐに医療機関で治療を受けさせるなどの対応を怠り、翌28日に搬送先の病院で死亡させたとされる。

 助産院と助産師は、医療法で定められた市長の許可を受けず、緊急時の嘱託医療機関も確保しないで助産院を経営したとして、医療法違反容疑でも書類送検されたが、同容疑については不起訴となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00050111-yom-soci

この話の続報です。
罰金刑ですが、行政処分も続いて出るかと思われます。

ただ、今回の母体死亡は、氷山の一角に過ぎず、
搬送先病院の尽力で不幸な転帰を逃れたケースや、新生児のみが死亡した事例は、
この何倍もあります。

他ならぬ今回の搬送先である、北里病院病院の論文に、
『助産所からの搬送例の実状と周産期予後』というのがあります。(少し古い話ですが…)

『助産所からの搬送例は有意に死亡率が高い』のは間違いありません。
そして、論文の考察にもありますが、

助産所分娩には適さない妊婦が経過中に医療機関を受診せずに,助産所で分娩していることもある

妊婦の,あるいは助産所のあまりにも強い「自然」分娩指向があるためなのか,搬送時期が遅れ重症・予後不良となった症例もみられた

のは、おそらく今も大差ない現状かと思われます。

助産師会の指導に従わずに退会したこの助産所・助産師が特に悪いのは事実ですが
(まさか、いまだに分娩を扱ってはいませんよね?)

人手が絶対的に足りず(緊急事態に対応するスキルも低く)、
緊急時の搬送に時間のかかる、助産所や自宅での出産自体が危険だと私は以前から思っています。


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!


まあ、今も昔も「自然」指向の強い方や、(標準)医療を忌避する方は多いですが、
順調に進んでいても、いつ何時急変するか解らない分娩くらいは、なるべく安全な場所を選んで欲しい、
と私は思います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事