うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

かなり遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。m(__)m

 三島市谷田の公的病院「三島総合病院」で、新生児集中治療室(NICU)に準じた最新の設備を持つ「周産期センター」の開業のめどが立っていないことが分かった。センターは病院敷地内に昨年8月に完成し、同10月にもオープンする予定だったが、産婦人科医ら医療スタッフの確保が出来ていないためだ。子育て支援を進める同市にとって、中核施設として期待が大きいだけに、関係者は不安を募らせている。

 病床は24床で、このうち3床は疾患を抱えた新生児を集中的に管理・治療できるようにする。24時間態勢で、出産や診療などに対応するため、少なくとも産科医3人、小児科医2人の常勤医師が必要だが、年が明けても確保できていないという。

 同病院の樋川洋一事務長は「計画段階では医師が確保できる見込みだったが、全国的な産科医不足の影響で難しくなっている。年度内にはオープンできるよう努力を続けている」と話す。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20160117-OYTNT50303.html?from=ycont_top_txt

24時間態勢で、出産や診療などに対応するため、少なくとも産科医3人、小児科医2人の常勤医師が必要

こんな条件で働いたら、間違いなく過労死しますな。
医師が寄り付かないのも当然ですが、理解できないのでしょうね…

『全国的な産科医不足』を、言い訳にして欲しくないものです。


まあ、新潟県加茂市にも、身の丈を考えない愚かな多選市長がいるようですし、
どうしようもないのでしょうね。

建築業者を喜ばせても仕方がないのですけどね…



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事