うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ツイッターからですが、こういう闘病記が発表されていました。

【精巣ガン】クリスマスにきんたま取ってみた
笑いにくい題名ですが(爆)、
早期発見であり、抗がん剤治療などの必要がなかったのは幸いです。

もう少し進んで、転移などがあると抗がん剤による治療が必要となります。
「さよならタマちゃん」(武田一義著)



精巣(睾丸)がんは、10万人あたり1〜2人と頻度こそ少ないですが、

20〜40最という若い方に多い癌です。


発見時に転移巣があっても、頑張って抗がん剤治療をすれば治ることが多いですが、
早期発見できるに越したことはありません。

早期発見のポイントは、『痛みを伴わずに、片側の精巣だけが硬く大きくなる』ことです。
ご自身やパートナーが発見する事も不可能ではありません。

とりあえず、時々触ってみて左右の確認をしましょう!



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事