うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

泌尿器科の日常

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

全国医師連盟 第2回総会・集会

とき:  2009年6月7日(日) 13:00〜17:30
ところ: 秋葉原コンベンションホール  
東京都千代田区外神田1-18-13(JR秋葉原駅 電気街口を出てすぐ)

会場案内 http://www.akibahall.jp/data/outline.html
交通   http://www.akibahall.jp/data/access.html

参加費: 3000円  18時より懇親会(5000円程度)を行います。

午前 全医連総会(2008年度会費納入会員のみ出席可能)
午後 全医連集会「つくろう!医療新時代」(一般公開)
   1、昨年度の活動報告
   2、全国医師ユニオン設立報告
   3、勝谷誠彦氏 記念講演
     「日本の医療を斬る 〜全医連に期待するもの〜」
   4、勝谷氏と集会参加者のトークセッション

第二回集会では、記念講演に、医療について理解の深いコラムニスト勝谷 誠彦氏を迎えました。
医師の職域ユニオンである全国医師ユニオンについての報告も行います。
皆様お誘い会わせの上、ぜひお越しください。
http://www.doctor2007.com/soukai2.html

早いもので、第一回総会からは1年、総決起集会からは1年半ですね…
「医療事故原因究明試案」などは出していますが、
期待に十分に応えられているとは言えません…

人手も資金も限られていますが、日本の医療を良くする為に頑張るしかありません。

長い目で、応援頂ければ幸いです。m(__)m
突然のお願いの恐縮ですが、

今後はコメント頂いた方などに対して、基本的には「さん」付けで呼ばさせて頂きます。m(__)m

(本文に引用する著者の方に対しては、『先生』と呼ぶこととなるかと思われますが…(爆))

今まで、特に文句などを言われた事はありませんが、
医師以外の方がこのブログを読まれて、何となく違和感を感じていたかと思われます。
自分の中でも「もやもや」していましたので、この機会に統一させて頂きます。

年上の方に対して「さん」付けで呼ぶのは抵抗があるのですが、
最近はかなり広まっていますよね?

思えば初めて年長者を「さん」付けで呼んだのは、高校の部活(硬式テニス)の顧問の先生に
「先生と呼んでも返事しないぞ!」と言われたのがきっかけですね。


遠い昔の話です…


もし、ご不満・ご要望などありましたら、何なりと仰って下さい。m(__)m

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/m/moto-ballpen/20090402/20090402144435.jpg

以前から当ブログでも紹介している中原利郎先生の過労自殺問題ですが、
労災は認められたものの、勤務先の病院に対する損害賠償訴訟は東京高裁で棄却されました。
最高裁に上告していますが、厳しい戦いが続いています。

頑張っている小児科などの先生方が、これ以上過重労働で倒れないようにする為にも応援し続けていきます。

先日も、奈良病院で医師の当直勤務を「時間外労働」として、割増賃金支払い命じる判決が出たり、
愛育病院で総合周産期母子医療センター指定返上か?という話があったりと、
医師の労働基準法とかけ離れた過重労働は社会問題となっています。
また、看護師2万人が過労死予備軍という記事もありましたし、

過重労働を医師や看護師に強いて、労災で過労死させても病院には管理監督責任はないよ

というこの高裁判決を覆すことが、医療費全体の総額を増やし、
患者さんに良好な医療を提供することに繋がると私は考えています。

応援頂ければ幸いです。

「小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会」のHPも是非ご覧下さい。
●「ボールペン作戦」参加方法
 
★ボールペンご希望の方は、封筒の表に
「中原支援ボールペン希望」と朱書し、送り先の住所・氏名を記入し
必要金額の切手を貼った返信用封筒を同封の上、下記あてにお申込みください。
お一人様1本は無料でお送りいたします。

このボールペンで同封の署名用紙にご協力いただけたら幸いです。
 
2本以上ご希望の場合は、1本につき原価(約84円)以上のご寄附を、
下記口座あて、お願い致します。

ご寄附でさらに追加のボールペンを作成し、
無料配布による支援の輪を広げていきたいと考えます。
 
★[宛先]
460-0012名古屋市中区千代田5−20−6鶴舞公園クリニック
 
★複数本ご希望の方は、
【10本まで】
「中原支援ボールペン○本希望」と朱書して、返信用封筒には
2本まで:120円 
3−5本  :140円
6−7本  :200円  
8−10本 :240円
の切手を貼ってください。

【11本以上】
104-0033東京都中央区新川1-11-6 中原ビル「中原支援の会」
(TEL:090-6133-0090 FAX:03-3552-2888)まで御連絡ください。
個別にご相談、対応させていただきます。
 
★ご寄付は下記宛にお願い致します。
◎三菱東京UFJ銀行 築地支店 普通預金 0026409
「中原先生支援する会 ボールペン作戦」
◎郵便局振込口座 00160−2−361759
「中原先生支援する会 ボールペン作戦」

開く トラックバック(3)

イメージ 1

みなさんこんにちは〜

LUPO先生の「妊娠の心得」をロハスメディカルさんが絵本にしてくれました。
4月10日発売です。

アマゾンの商品説明より・・
「産婦人科医をしていると、女性に正しい知識がないために悩んだり苦しんだりしているのを見て、もどかしい気持ちになることがあります。また、限りある医療資源を有効に活用するために、知っておいてほしいことがあります。」(あとがきより) 川崎医科大講師だった宋美玄医師が、こんな思いから自身のブログに綴った『妊娠の心得11か条』。 福島県立大野病院事件をきっかけに結成された『周産期医療の崩壊をくい止める会』の医師たちが、それを見て共感し世の中に広めようと、佐藤章・福島県立医大教授、海野信也・北里大教授の2人の監修のもと、若干アレンジして「妊娠の心得」をロハス・メディカル誌09年1月号の特集にしました。絵がついてみたら、ブログとは、また違った印象になりました。 書かれていることは非常にシンプルながら大事な真実。一過性に終わらせたくないという思いが関係者に共通していました。そこで、さらに絵を描き足してもらい、今回このような形で絵本として出版しました。将来お母さん、そしてお父さんになる中高生にぜひ読んでいただきたい一冊です。
*宋医師の『11か条』は、09年2月に08年ブロガー大賞に選ばれています。
是非是非ご自身が読まれるだけでなく、ご家族やお友達などなどの啓蒙にご利用くださいませ〜

↓ここからで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/dp/4990346130/
2冊買うと送料が無料でございますよ〜。なんちて。

イメージ 1

1年前も似たような企画があったような気がしますが、
医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟のシンポジウム(H20.4.12) )
宜しければご参加頂けると幸いです。
(今度は私も参加します。(汗))
■医療志民の会設立シンポジウムのお知らせ
http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/symposium.html

医療志民の会は、閉塞的な医療の現状を打破するため発足されます。
医師、患者、政治家など、様々な立場の人々が議論し、協力できる開かれた「場」をつくり出します。
当日は、パネルディスカッションに加え、現在動きつつある新しい運動を紹介し、
交流できるブースを設ける予定です。

新しい時代の幕開けに、是非お越し下さい。

・日時 2009年4月11日(土)

・会場 学術総合センター 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号)

・アクセス 東京メトロ東西線 竹橋駅下車 B1出口徒歩4分
   東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・都営地下鉄新宿線 神保町駅下車 A8出口徒歩3分
    
・プログラム(予定)

ー付・開場 16:00より開始

▲屐璽硬玄─Ω鯲会 16:00より20:00
−医療志民による現在動きつつあるプロジェクトの展示及びご紹介−
参加者同士自由に交流していただくことを目的としております。
このブログも入った(笑)、『医療系ブログの歩き方ガイド』という冊子を配布する予定です。

シンポジウム 17:00より19:30 
 司会:黒岩祐冶(フジテレビ報道局・解説委員)

・開会の辞:佐藤章(福島県立医大産科婦人科・名誉教授)

・来賓の挨拶

・パネルディスカッション 二部構成 (途中休憩がございます。)

・閉会の辞:大谷貴子(元白血病患者)

・パネリスト(50音順:敬称略)
足立智和(丹波新聞・記者)、
大谷貴子(元白血病患者)、
大塚勇二(NPO法人みんなの歯科ネットワーク・副理事長)、
神津仁(神津内科クリニック・院長)、
黒川衛(全国医師連盟・代表)、
小松秀樹(虎の門病院泌尿器科・部長)、
崔秉哲(滋賀県立成人病センター放射線治療科・医師)、
塩見健三(がんまんクラブ・代表)、
竹内麻里子(医師のキャリアパスを考える医学生の会)、
豊島勝昭(神奈川県立こども医療センター新生児科・医長)、
取出涼子(初台リハビリテーション病院・ソーシャルワーカー)、
長尾和宏(長尾クリニック・院長)、
中田善規(帝京大学麻酔科・教授)、
畑中暢代(東京大学・看護師)、
福田衣里子(薬害肝炎被害者)、
竜宗正(千葉県がんセンター・センター長)他

・会費 2000円

・参加方法 ご参加いただける方は以下のURLから事前にご登録いただけますよう、
     宜しくお願い致します。
http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/symposium-apply.html

なお、シンポジウム会場は自由席となっております。
当日席が少なくなる恐れもありますので、お早めにお越しいただきますよう、宜しくお願い致します。

詳細に関しては、
http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/symposium.html
のシンポジウムページにて更新していきます。

また、医療志民の会の詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

※当メールは転送自由です。
当日は多数の方々にご参加いただきたいので、
幅広く周知していただけると幸甚です。

******************************
医療志民の会 事務局
e-mail:iryoushimin@umin.ac.jp
ホームページ http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/
******************************

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事