うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

医療崩壊(産婦人科)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

新型出生前診断、1か月で441人…陽性は9人
読売新聞 5月10日(金)20時4分配信

 妊婦の採血だけで胎児に3種類の染色体の病気があるかどうかが分かる新型出生前診断を、4月の導入開始から1か月間で441人の妊婦が受けていたことが分かった。

 札幌市で開かれている日本産科婦人科学会で10日、報告された。想定を上回る需要に、希望する妊婦が近くで検査を受けられない状況も起きている。

 実施施設の医師らで作る共同研究組織「NIPTコンソーシアム」が全国15の実施医療機関の実績調査をしたところ、研究として始まった4月から1か月間で検査を受けたのは、30歳から47歳の441人。検査を受けた理由は、「高齢妊娠」が91%と最も多かった。

 結果が判明した257人中、染色体の病気が疑われる「陽性」と判定されたのは9人で、「ダウン症」が6人、「18トリソミー」が3人。「13トリソミー」や判定保留はなかった。

新出生前診断、1カ月で441人=9割が高齢妊婦、9人異常疑い
時事通信 5月10日(金)18時18分配信 

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断を全国の15病院が4月に導入し、同月中に441人が検査を受けたと、昭和大の関沢明彦教授が10日、札幌市で開かれた日本産科婦人科学会学術講演会で発表した。
 当初は1年で1000人を見込んでいたが、予想より希望者が多かった。検査を受けた理由は、出産時に35歳以上となる高齢妊娠が91%と大半を占めた。染色体異常の子どもを産んだ経験がある人が1%、超音波検査などで疑いを指摘された人が8%だった。
 結果が報告されたのは、うち257人。染色体異常の疑いがある「陽性」は9人(3.5%)だった。全員が羊水検査などの確定検査を受けたか受ける予定で、うち2人は胎児がダウン症と確認された。妊娠を続けたか人工中絶を選んだかは公表しなかった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130510-00000140-jij-soci

とりあえず、『想定を上回る需要』があるようですね。

この「9人」の妊婦さんがどういう選択をしたかは、今は公表しないそうですが、
もう少しデータが蓄積された後に、明らかにされる日が来るでしょうね…


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!
二審も病院が全面敗訴 心疾患見落とし、乳児死亡
2013/04/24 16:50 【共同通信】

 生後1カ月余りの女児が死亡したのは医師が先天性の心疾患を見落としたためだとして、栃木県の30代の両親が清水産婦人科クリニック(東京都江戸川区)の運営法人に5880万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、一審東京地裁判決に続き全額の支払いを命じた。

 判決によると、女児は07年11月、大動脈弁狭窄症で死亡した。病院側は「産婦人科医には診断が困難な心疾患だった」と過失を認めなかったが、坂井満裁判長は「遅くとも1カ月健診で心雑音を聴けば、適切に診断して他の病院に転送できた」と否定した。

 父親は「ずさんな診療が命を奪った」と病院側の対応を批判した。
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042401001542.html


1カ月女児の心疾患死亡 高裁も「病院側の過失」
2013年4月25日 東京新聞

  生後一カ月余りの女児が死亡したのは医師が先天性の心疾患を見落としたためだとして、県内の三十代の両親が、東京都江戸川区の清水産婦人科クリニックの運営法人に、五千八百八十万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は二十四日、一審東京地裁判決に続き全額の支払いを命じた。

 判決によると、女児は二〇〇七年十一月、大動脈弁狭窄(きょうさく)症で死亡した。病院側は「産婦人科医には診断が困難な心疾患だった」と過失を認めなかったが、坂井満裁判長は「遅くとも一カ月健診で心雑音を聴けば、適切に診断して他の病院に転送できた」と否定した。

 法廷で判決を聞いた父親は、裁判長に向かって深々と一礼。記者会見で「ずさんな診療が命を奪った」と病院側の対応を批判。母親も「このような医療事故が二度と起きてほしくない」と涙ながらに訴えた。

 病院側は「まれな心疾患で産婦人科医が結果責任を負わされれば、新生児医療は崩壊する」とコメント。最高裁に即日、上告受理を申し立てた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20130425/CK2013042502000179.html

お亡くなりになった女児のご冥福をお祈りします。m(__)m

原告(ご両親)のブログも拝見しましたが、
医学的には、病院側に厳しい判決に感じます…
(一カ月健診は、産科医が行なってはいけないのかも…)

カルテ改ざん(追記をそう認定された?)で裁判官の心証を悪くしたことが、
病院側全面敗訴につながったのかもしれませんね…

最高裁ではどういう判決が出ますかね?


今回もまた、脳性まひではないので、『産科医療補償制度』は役に立ちません…orz


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

クリステレル胎児圧出法で出産後に失血死、遺族が病院提訴/神奈川
カナロコ 4月24日(水)6時30分配信

 2009年9月に主婦=当時(39)=が女児を出産直後に死亡したのは、出産時に腹部に過剰な力を与えられた上に、容体の変化を見落とされたためとして、遺族が23日、医療法人産育会(横浜市瀬谷区、堀裕雅理事長)に約7540万円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こした。

 訴状などによると、主婦は、同法人が運営する産婦人科医院「堀病院」(同)で、妊婦の腹部に力を加え胎児を押し出す「クリステレル胎児圧出法」を助産師から受け、女児を出産。直後から体の痛みを訴え、心停止に陥ったことなどから別の病院に運ばれたが、出産から約4時間半後に死亡した。司法解剖の結果、死因は肝臓破裂による失血死と診断された。

 原告側は「病院側は、クリステレル胎児圧出法を行う際、過剰な力を母体に加えないようにすべきだったが、注意義務を怠った」と主張。さらに「腹部内の出血を認識するまでに出産から1時間40分を要するなど、肝臓損傷による出血性ショックを見落とし、適切な診断・治療を怠った」と訴えている。

 同病院は「訴状を見ていないのでコメントできない」とした。

◆圧出法、注意喚起を 遺族側が6法人に申し入れ

 お産の現場で、出産直後の母親が死亡した医療事故。「同じような事故が起きないよう、再発防止を」と望む遺族の代理人は提訴と同じ23日、日本産科婦人科学会など6法人に対し、クリステレル胎児圧出法を施す際の注意喚起などを求める申し入れ書を提出した。

 同圧出法は、効果が認められる一方、母体の腹部を強い力で押すことなどから、母体内臓損傷などの危険性が指摘されている。だが原告代理人によると、功罪をめぐる議論は深まっておらず、施設によって対応は異なるのが実情という。

 主婦は2001年1月、長女を無事に出産。遺族によると「次女を出産する前も健康だった」という。3歳となった次女は母の死の理由を知らない。夫は「家族4人の新しい生活が始まると思っていた。亡くなった妻のために、せめて、危険性を伝えていきたい」と訴えた。

◆クリステレル胎児圧出法
 妊婦にまたがって母体の腹部に両手をあてて胎児を押し出す方法。日本産科婦人科学会は診療ガイドラインで「胎盤循環の悪化、子宮破裂、母体内臓損傷などの副作用も報告されている」とする一方、「吸引術の娩出力補完に有効」と指摘。科学的根拠が乏しいため功罪は「今後検討されるべき課題」としている。
お亡くなりになった女性のご冥福をお祈りします。m(__)m

この方法自体は、他の病院などでも広く行なわれていると思うのですが…
クリステレル胎児圧出法は児娩出を急ぐ場合に吸引分娩の補助として,あるいは単独で用いられる
場合がある.
クリステレル法による胎盤循環の悪化や子宮破裂,母体内臓損傷等の有害事象が報告されているが,
その有効性も経験的に広く認識されている.クリステレル法の功罪についてはエビデンスが乏しい
のが現状である.
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kenshu_64-1.pdf

今後は、無理に産道から出そうとせずに、
中国アメリカのように)早めに帝王切開に切り替えることとなるのですかね?

また『産科医療補償制度』では、こういう産婦死亡事故に対する(無過失)補償が無いのも、
こういう不幸な訴訟が無くならない一因です…


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!


そういえば、少し前に『出産時出血死の妊産婦10人救えた?治療に不備』という記事がありましたね…

子宮頸がんワクチン問題 別の中2生にも自治体などが不支給決定
産経新聞 3月19日(火)12時56分配信

 子宮頸(けい)がんワクチンの予防接種を受けた女子中高生らの一部に重い副反応が出ている問題で、新たに、東京都在住の中学2年生が歩行困難などの障害が出たとして接種した自治体と医薬品医療機器総合機構(PMDA)に補償を申請したところ、ともに不支給の決定をしていたことが18日分かった。接種した医療機関は「ワクチンの副反応」と認め、厚生労働省に報告している。

 母親によると、女子中学生は平成23年5月にワクチンを接種。直後から激しい痛みが足首、膝、肋骨、腕、頬、耳の中などに現れた。鎮痛薬が効かず、痛みがひどい日は登校できず、今年の登校は2割程度にとどまっている。

 両親は、自治体とPMDAに健康被害を申請。自治体は、全国市長会の予防接種事故賠償補償保険へ申請したが、「適用にならない」とする決定を1カ月後に通知された。PMDAも8カ月後、「接種部位以外に不定期に痛みが現れ、発症原因が不明のため判定不能」と不支給を決定した。

 母親は、「副反応の数が増えないと国は動いてくれないのか。一定の割合で出てしまう副反応に悩まされる人をどう助けていくのか」と訴えている。

 賠償保険をめぐっては、重い副反応が出た杉並区内の女子中学生について、区は特別区自治体総合賠償責任保険への申請を検討したが、適用は厳しいとの感触を家族に通達。議会質問などを受け、区が独自に補償することを決定している。

接種した医療機関は「ワクチンの副反応」と認め、厚生労働省に報告している。


自治体は、全国市長会の予防接種事故賠償補償保険へ申請したが、「適用にならない」とする決定を1カ月後に通知された。

PMDAも8カ月後、「接種部位以外に不定期に痛みが現れ、発症原因が不明のため判定不能」と不支給を決定した。

のどちらが正しいかは、私にはわかりませんので、
今後の成り行きを見守りたいと思います。


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!


子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に
朝日新聞デジタル 3月8日(金)9時28分配信 

 【斎藤智子】子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を接種した東京都杉並区の女子中学生(14)が、歩行障害などの重い症状が出て、1年3カ月にわたり通学できない状況だったことが、7日の区議会で明らかになった。無料接種を行った区は「接種の副反応」と認め、補償する方針だ。補償額は未定。

 サーバリックスは3回の接種が必要。母親によると、女子中学生は12歳だった2011年10月に区内の医療機関で2回目の接種をした。その直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり入院。今年1月には通学できる状態になったが、割り算ができないなどの症状が残っているという。

 接種した区内の医療機関は「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に報告した。厚生労働省によると、昨年8月末の時点で、全国で接種した延べ663万5千人のうち956人に副反応が起きているという。失神が多いが「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もあり、副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000017-asahi-soci

子宮頸がんワクチンの副反応…杉並の女子中学生、重い後遺症に苦しむ
産経新聞 3月13日(水)11時28分配信

 子宮頸がんの予防ワクチン「サーバリックス」を接種した杉並区内の女子中学生が、接種直後から重い副反応が出て、1年以上通学できない状態だったことが12日、分かった。区は入院中の女子中学生を訪ね、状態を把握していたが、区議会で「重篤な症例の報告はない」と答弁していた。

 母親によると、女子中学生は平成22年10月、区内の医療機関でワクチン接種直後から、しびれと痛みを感じ始めたことから入院。症状は胸や体に広がり、発熱、おう吐が続いた。

 退院後もしびれなどのため車いすの状態が続き、自分の名前なども分からない状態だった。徐々に快方に向かい、今年に入って通学を再開したが、割り算ができないなどの障害が残っているという。

 医療機関は入院後、「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に連絡した。

 区は22年から、区の独自事業「中学入学お祝いワクチン」として、国の助成に先がけて子宮頸がんの予防ワクチンの無料接種を希望者に実施。当時、区はワクチンの副反応は、ごくまれと説明していた。

 厚労省によると、21年12月から昨年末までに、医療機関から報告があった副反応の件数は984件で、そのうち入院など重篤な例は88件に上っている。

 区広報課は「当事者、保護者の方にお見舞い申し上げる。補償は任意接種として行われたので国の救済制度への申請を支援するとともに、法定接種と同程度となるよう独自制度を設け話し合いを進めたい」とする区長コメントを発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000524-san-soci&pos=1

二審は遺族側逆転敗訴=子宮外妊娠の女性死亡―名古屋高裁
時事通信 2月28日(木)16時17分配信

 岡崎市民病院(愛知県岡崎市)で受診した女性=当時(36)=が子宮外妊娠で死亡したのは診断ミスなどが原因として、夫ら遺族3人が病院を運営する同市と担当医師(34)を相手に計7800万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、名古屋高裁であった。加藤幸雄裁判長は、医師の過失を認めて計約6700万円の支払いを命じた一審名古屋地裁判決を取り消し、請求を棄却した。
 加藤裁判長は「妊娠週数が明らかではなく、医師が初診時の所見から子宮外妊娠と確定できなかったのはやむを得ない」と指摘。その上で説明義務違反があったとの遺族側主張に対し、「医師は子宮外妊娠の可能性や危険性などの必要な情報を提供しており、産婦人科医として尽くすべき注意義務を怠ったとは言えない」と結論付けた。 
改めて、お亡くなりになった女性のご冥福をお祈りします。m(__)m

一審判決は知っていましたが、私は記事にしてないようです。

一審判決についての詳細は、Yosyan先生の
子宮外妊娠見落とし訴訟
岡崎子宮外妊娠訴訟の実相を考える


などをご覧いただきたいところですが、
あまりにも医療側に厳しい一審判決が、是正されたという印象です。

それでも、奥様を亡くされた上に、(おそらくは二審も)弁護士を立てずに本人訴訟を戦いながら
逆転負けを喫した旦那さんの心境を思うと複雑ですね…
(一審判決時は多数の報道があったようですが、毎日新聞などの記事は無いのかな?)


↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事