移ろう季節の中で

これまでに皆々様から頂きましたお心籠もる言葉の数々、何よりも大切に思います。

全体表示

[ リスト ]

粟田神社の例大祭

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

旧東海道へ通じる粟田口にある粟田神社のお祭は出御祭、夜渡り神事、神幸祭、還幸祭が執り行われた後は例大祭。
急な坂道を上り詰め、境内に入るとまずは巫女さんの手で運ばれる抹茶のお接待を受けました。
村田珠光の弟子、侘茶人として知られる粟田口善法の暮らしていた地でもあり、粟田焼きの名で陶器を産出していた地でのお茶の一服に心が和みます。
祝詞の後は八坂神社の神職によるお供え物の供進などがあり、舞殿で舞楽が奉納されます。
桔梗の花の挿頭花をつけて舞う巫女さんと雅楽を奏でる人の後ろには秋の気配の色濃くなった京都の町。
ここからは京都の東北部が一望できます。お盆の送り火の主峰大文字山が真近に迫り、遥かな北山の山並みには「舟形」や「左大文字」、目を凝らしてみれば「妙法」の妙の字も山影にわずかに文字の片鱗を覗かせています。
旅に出る時は新幹線や関空、伊丹空港からの飛行機で出かけることが殆どの今でも、旅に出るのは粟田口からとの意識が消えず、京都を離れる時はこの神社の「旅立ち守護」のお守りを携えている私です。
雲ひとつない秋の一日、心地よい秋風を頬に受けながら秋の深まりをしみじみと感じたひと時でた。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

巫女さんの手で運ばれる抹茶の接待、舞殿で舞楽、京都の東北部の一望・・深まり行く秋の景色の中でゆったりとした時間の流れ、心安らぐ ひと時ですね(^^♪

2006/10/16(月) 午後 2:53 yok*ot*an*0

顔アイコン

秋日和が続いて気持ちがいいです。こんな時は出来るだけ戸外で過したいですね。

2006/10/16(月) 午後 4:27 蓼花

顔アイコン

最後の京都市内の写真、以前金福寺から見た写真に似ています。違ったらごめんなさい。

2006/10/17(火) 午前 4:11 sun*ay*orni*g*95*

顔アイコン

金福寺はこの写真の右手奥の辺りになると思います。広がる風景は同じなのですが・・・ 粟田神社は鴨川にかかる三条大橋の東の山手にあります。

2006/10/17(火) 午前 9:31 蓼花

顔アイコン

粟田神社の例大祭、来年は是非行ってみますね。

2006/10/18(水) 午後 8:20 feliz221

顔アイコン

粟田神社は見晴らしもよく、気持ちいいです。例大祭の前の剣鉾の巡行も面白いと思います。祇園祭の鉾のルーツともいえるのですから。

2006/10/18(水) 午後 10:09 蓼花


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事