まいにちまいにち

百聞は一見にしかず、百見は一験にしかず。

全体表示

[ リスト ]

小沢氏出馬の総決算

民主党内はどうやら小沢氏出馬で大勢が決まったようだ。まだ決定的ではないが、国会議員に党員・サポータの数を含めて総数票で勝てると小沢氏サイドは判断し、小沢氏はその判断のもとに、立候補の決意をし、その表明をするようだ。

その大儀名分は昨日のBLOGで書いたように「挙党態勢」であり、「原点回帰」である。それだけなら、党内の空気は大勢小沢支持だが、小沢氏にとって最大の難関、弱点は、言うまでもなく、「政治とカネ」問題である。しかし小沢サイド、小沢氏自身はこれは中央突破するしかないと判断したようだ。その中央突破とは、新しく参議院議長に選出された西岡氏の言葉である。要するに小沢氏が首相になってしまえば、そんな問題ふっとんでしまうだろうと意味なのだ。

それは参議院議長になった西岡氏にしていえることなのだが、実はそれは今回小沢出馬を求める新旧議員の大半の気持ちなのであろう。党内の大勢は、国会のねじれ現象で野党攻勢はますます強まり、一時的に菅内内閣への支持率の回復することはあっても党勢はじり貧の道をたどることは必至であると見ているのだ。

新旧の議員は今の菅首相、仙谷官房長官、枝野幹事長体制では連立を含めた根本的なねじれ対策ができなものと見ている。その点、小沢氏なら連立をはじめ、さまざまな政権運営のための国会対策ができると見ての待望論なのだ。もちろんその弊害、すなわち政治とカネ問題への世論の反発は十分承知している。しかし政権さえ安定すれば、支持率も回復するし、その問題もかなりの程度、消えてしまうだろうとの見方なのだ。いや、そうかもしれない。第一問題の検察審査会の結論もそうした空気によって変わるだろうし、万が一、強制起訴の結論が出ても、裁判になるだけで、それが直ちに法的にどうこうの問題でないということ読んだ上のことだろう。

民主党の新議員は150名の多くに達するが、管首相がこれに直接支持を働きかけたことも逆目に出る可能性が高い。新人議員たちはもともと心情的に小沢氏支持なのだが、世論からすれば選挙のためには脱小沢で行った方が得なのだ。しかしいずれにせよ、今の民主党に対する世間の冷たい風をなんとかもう一度順風に変えなければならない中で、実は結局それができるのはやはり小沢氏しかないという判断に傾いたようだ。彼らとて今の民主党内の空気を見ていると勝ち馬に乗っておいた方がいいということと、第一菅首相から踏み絵を突きつけられた以上、議員になるまで世話になった小沢氏に公然と反旗を翻すことなどできないということだ。菅首相の直接的アプローチローチが逆目にでるというのはそういう意味である。

小沢待望論ではないが、なにかにつけて小沢vs反小沢で集約される今の日本の政治、なにかと言えば政治とカネが最大の争点になる日本の政治の現状に決着をつけるために、小沢氏が立候補して決着をつけるべきだという政治評論は結構多い。みんなの渡辺氏なども闇将軍政治をやめるためにも小沢氏の出馬を求めているのだ。相変わらず政治とカネ問題の追及を続けている公明党などもいざ小沢首相となれば、上層部から連立の指示が出る可能性が高い。そうした中で、より政策本位で政界再編が行われるのであればそれは日本の政治にとって一歩前進になるはずだ。

そういう意味では菅政権の継続は今のねじれ政治、混迷政治が当面続くだけの結果になる。その再生にまだまだ時間の掛かる自民党などはぜひそれで行きたいのだ。小沢氏が登場してそれにガラガラポンと再編を仕掛けられることは避けたいのである。彼は解散総選挙を声高に叫ぶが、実はそれとてどこまで本音かわからない。小沢氏が登場して、真っ向から消費税論議を仕掛けられることも避けたいのが本音なのだ。

小沢氏代表選出馬で今の日本政治の懸案、政治とカネの問題、消費税増税論、普天間外交安全保障問題などなどあらゆる重大政治案件が再度争点として浮上しそれにそれについての民意がより明確にされるきっかけとなることへの期待を表明しておきたい。

tad

関係記事:

小沢前幹事長に出馬促す:nifty
小沢氏は堂々と勝負を」=みんな・渡辺氏:時事通信
民公連携」を言い出せない民主幹部たちの「過去の悪業」:nifty
首相交代でも解散ない=民主・山岡氏:時事通信

閉じる コメント(9)

顔アイコン

今朝のツイート

ここにきて民主党内の空気は一気に小沢氏出馬に傾いたようだ。与野党、マスコミ、一般世論の中にも、、もはやこの際小沢氏自らが出馬して、積年の政治の懸案事項に決着をつけるべしという論が多く出てきたのはいいことではないか。反小沢、親小沢という次元はもう卒業してもらいたいのである。

2010/8/21(土) 午前 5:59 tad 返信する

顔アイコン

「一寸先は闇」と言う言葉を思い出しながら読ませていただきました。国民は闇の中に何をみているのでしょうか?それが見えないから生まれた言葉なのだと思いますが、何かを見ていることは間違いありません。マスメディアという屈折するレンズを通してです。しかし、それは誰にもわからない。それが民主主義なのかもしれません。

2010/8/21(土) 午前 7:40 [ harmony815jp ] 返信する

小沢さんが出た方が解りやすくていいと思います。民主党は割れて政界再編をしないと、あまりにも考え方が違い過ぎて、総理がコロコロ代わる混乱よりも、もっと大きな混乱を招くと思いますし、各国(アメリカは除く?)も実質最高権利者の小沢総理の誕生を望んでいると思います。望んでないのは、官僚とマスコミだけ?

2010/8/21(土) 午前 8:13 JUN 返信する

顔アイコン

tadさん 現在でも闇将軍の様に言われている小沢一郎は闇から表の将軍に成るべきです。「みんなの党の渡辺氏が闇将軍政治をやめるためにも小沢氏の出馬を求めている」事は、珍しくもっともな事を言っていると思いました。小沢一郎が表に出た方が政治が解りやすくなると思います。
何処かの大臣が起訴されるかもしれない人が、代表に成る事はいかがなものかと、牽制していましたが、彼は誰のおかげで瀕死の状態にあった民主党が復活させ、政権交代を実現させ、自分が大臣に成ったかを忘れている様な言動に呆れました。
これが最後の仕事と、思って中央突破してもらいたいと思います。
検察審査会がもし起訴しても新たな証拠が無ければ裁判など維持出来ない事は、誰が見ても解る事です。また、この国の将来を左右する政治家は国民の暮らしに直結します。それを11人の人間が判断しても良い事でしょうか。

2010/8/21(土) 午前 11:15 [ 如月 ] 返信する

顔アイコン

私の描いた展開になりつつり、喜ばしい限りです。所詮選挙で負けた代表では多くの党員はついていかないという当然の結末を迎えるでしょう。これを突破するには相当なヴィジョンを構築し、リーダーシップを発揮するしかありませんが、管や仙石の社民主義では無理です。円高になす術もない自己主張だけの子供内閣は崩壊です。小沢氏のリーダーシップと政権ヴィジョンが出れば一気に小沢政権ということになるでしょう。人気が低いほうが一喜一憂しなくていいと思う。トップが実権をもった本物の内閣を作って欲しい。この国の緊急時に政治と金なんかどうでもいいのであって、ちゃんと仕事をしてくれさえすればそれでいいということにいずれ国民を気づくのではないか。

2010/8/21(土) 午後 9:40 [ ゴルゴ ] 返信する

顔アイコン

>マスメディアという屈折するレンズを通してです。しかし、それは誰にもわからない。それが民主主義なのかもしれません。
harmony815jpさん

建前と本音のあまりにも違いすぎる日本人です。そのややこしさを一度リセットするために小沢立候補をいう論は正しいのではないでしょうか。

2010/8/22(日) 午前 10:15 tad 返信する

顔アイコン

>望んでないのは、官僚とマスコミだけ? JUNさん

マスコミの評論家はほんと建前しか語りません。一連の報道など
ばかばかしくて見ておれないなどという。権力闘争なんてあんなものです。それを殺し合いでなく、口先と言おうが、やっているのだからそれでいい。民主主義なんてそんなものです。

2010/8/22(日) 午前 10:19 tad 返信する

顔アイコン

>彼は誰のおかげで瀕死の状態にあった民主党が復活させ、政権交代を実現させ、自分が大臣に成ったかを忘れている様な言動に呆れました。如月さん

あの人には落胆しています。もう一人、長老気取りの方がいますが、あの発言もひどい。

2010/8/22(日) 午前 10:22 tad 返信する

顔アイコン

>所詮選挙で負けた代表では多くの党員はついていかないという当然の結末を迎えるでしょう。ゴルゴさん

今朝も渡辺、小宮山などがフジの番組でさかんに言ってました。菅内閣なら解散が必要なく、小沢内閣なら解散だと言ってました。不思議なわけのわからぬ論理です。

2010/8/22(日) 午前 10:24 tad 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事