まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

Evernoteはいいと思ってずっと使ってきたが、最近ご承知のように、マイクロソフトのOneNoteがその無償化をはかり、サービス向上に取り組み始めていることに注目が集まっている。私自身もそうだ。

ノートソフトを使っている、使おうとする人はさてどちらを使うか迷っているところだろう。それぞれメリット・デメリットがあるのだが、OneNoteに関しては、なにしろOneDriveの使用ということと密接に関連しているから、その意味でも好むと好まざるに関わらず、OneNote利用の機会が増えそうだ。

この二つに関しては、当面両方をケース・バイ・ケース使い分けやって行けば自ずから、いずれを中心に使ったらいいか決まってくるだろうと思っているところである。

一番肝心のクラウドサービスに関してはもうその方針は決まっている。山ほどあるそのサービスの中で、GoogleDriveとOneDriveの二つが中心になることは必定だ。もはやそのことで迷うことはない。

ところで、OneDriveにはOneNoteというノート作成ソフトがあるのだが、Google、GoogleDriveにはそれに相当するノートソフトはないのかと聞かれることがある。

たしかに、GoogleDriveにそうしたものがあって不思議はないが、それはない。ないからと言って、それで困ることはない。すでにEvernoteがあるし、OneNoteがある。そしてその二つとも、GoogleChromeの拡張機能として使えるようになっている。Evernoteにせよ、OneNoteにせよ、その点ではGoogleDriveのオフィス関係ソフトとの連携使用には何の問題もないわけだ。

GoogleDriveにはEvernoteやOneNoteのような本格的なノートソフトはないが、実は、GoogleKeepという簡単にメモを取るソフトがある。これが超簡単で、手軽にメモが取れて便利なのである。

パソコンをやっている時、クラブなどに出ている時、スマホやタブレットを使っている時にちょっとしたことをメモっておきたいことがある。EvernoteやOneNoteを使ってもいいのだが、そこまでの必要はないし、そのためには少々余計な手間も必要なのである。

メモって、要するに目の前の紙切れにちょっとメモっておきたいということだ。それはいわゆるToDoリスト(やらなければならないこと)作成のためであったり、後ほどスケジュール表に書きこまなければならないことであったり、書こうと思っているBLOGのテーマに関わるヒント集であったりするわけだ。

思いついた瞬間、気がついた瞬間ぱっと書き留めておきたい、おかなければならないのだ。でないと折角のアイディアが失われてしまう。

それが出来る、それをするためにあるのが、GoogleKeepというメモ取りソフトなのだ。

このGooleKeepというメモ帳、さっとなんでもメモっておける。もちろん文字が基本だが、画像を保存しておくこともできる。音声、声でメモっておくこともできるのだ。その点ではEvernoteやOneNoteに匹敵する機能がある。

このメモ、普通の紙のメモと違って、書けばそのままオンラインネット上に保存されるからどこかへ行ってしまう、行方不明になることはない。パソコン、スマホ、タブレットのいずれからでも、どこからでも読める、確認できるのである。それが大きなメリットなのだ。

さてその入手法である。GoogleKeepはGoogleのさまざまなアプリの一つであり、Chromeにログインしていつでも瞬時に呼び出して使える。再度言うが機能は極めてシンプル、そこで文字を入力してメモるか、音声でメモるかだ。どうしも保存しておきたい画像を残しておくこともできる。

あらゆる場でそれを呼び出して、何が大切ことをやり残していないか、さてまとめようとしていたBLOGのテーマでどんなことをカバーしょうと思っていたかの確認などができるのである。事が済めばどんどん消去していけばいい。

その使い方、まさに人さまざまなのだ。

今朝はあえてその使い方の解説などしないでおこう。まず使ってみることから始められたらいかがであろうか。私自身それを最近使い始めたばかり、そのうちその使い方の一端など改めて紹介させていただく機会があろうかと思っtいる。

tad

関係資料:

Google Keep でメモやリストを作成:google 
Google Keep : 使わなきゃもったいない!Google謹製クラウドメモアプリを改めてご紹介:octoba 
Google Keepに【共有】の新機能!Keepの使い方をおさらいします!:blog 


この記事に


.


みんなの更新記事