まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

パソコンクラブも3月で一区切り、4月から新年度が始まります。毎年何を学ぶか、同じようなことをやりながらもその内容少しづつ変わってきていることは当然のことでしょう。

それはパソコンというハード・ソフトの変化と進化それにインターネット、Webの世界の変化、進化に伴ってそうなるのが必然です。その変化にどれだけ対応できたかどうかは別にして、同じパソコンを学ぶと言ってもその中身が大きく変わってきていることはあるでしょう。

その一つ、4,5年も前にかなり力を入れて学んだことの一つにホームページ作りということがありました。そのベースとなる「HTML」についてもかなり時間を掛けて学んだものです。それに伴って実際に会員の何人の方や友人が、ホームページを作られたものです。そのメンテナンスを今も続けておられる方もいらっしゃるし、なんとなくそのままになっている方もいらっしゃる。

ところが、パソコンクラブでもここ2,3年はもうホームページ作りなどについて学んだり、HTMLについて学ぶ機会も少なくなりました。いや、ゼロに近くなったのかもしれません。私自身、以前のようにホームページの作成、メンテナンスにあまり力を入れなくなったということがあります。

それはなぜか、その理由、背景はいろいろあるでしょう。一つには、人々の情報発信の場がホームページというより、BLOG、SNS、Twitterなどに移行してきた、それが中心になってきたということがあります。私自身の場合は、最近はホームページというより、BLOG中心の情報発信に変わってきています。

いやそれはそれでいいのですが、ではホームページというものの存在意味はなくなったのかということ、それははない、ないはずです。

Webの世界での情報発信の場の中心・センターとなるべきものがあって、そこからBLOGとかSNSとかの形で情報発信をするという形がなくなったわけでない。あることはあるが、自身のホームページのメンテナンスなども殆どなく、細々と続けながらやってきた。そのことにある意味矛盾というか、疑念を抱いてきたことはありました。

そんな時、新年度のパソコンクラブでどんなことをやったらいいか、どんなことを中心に学びたいですかについてご意見、ご要望くださいという趣旨の質問を発しました。それに答えて、会員の一人BBさんが要望されたのが、「ホームページの作成」をやりたい、自分がやっているスポーツクラブのホ―ムページを作ってみたいということでした。

それを見た瞬間、私は即メールでその返事をさせてもらいました。「是非やりましょう。HTMLの基本を学びながら、それは直ぐにもできることではないですか」 と。

パソコンで学ぶことはいろいろあって、例えばワープロ、表計算・スプレッドシート、プレゼンテーション‥スライド、画像編集。動画作成など多々ありますが、それはなんのためかでしょうか。もちろんそれが目的であっていい。たださらに、それは自分自身に必要な情報処理のため、情報発信のためです。情報発信の場はBLOG、SNS、Twitterなどいろいろあるでしょうが、一つその中心的役割を果たすものとしてホームページがあっていい。それを作る意味は大いにある。

自身の住居がGoogleマップ上に存在すると同じように、自分自身の情報発信の中心たるホームページ、さらにクラブ、同窓会などのホームページがWebの世界にあっていいではないか。あってしかるべきではないか、大いに必要ではないかと改めて思ったわけです。

当たり前のことを言うなと言われたらそれまでですが、それを改めて考え直したということです。

新年度4月からそれをやっていきますが、直ぐに始められることは即始めていく、それが出来るということです。自分自身は現状あるものをベースにそのメンテナンス、改編に力を入れて行きますが、それと同時に、今年は希望するクラブの仲間、友人たちとともにホームページ作りに一つ力を入れて行こうとその意思を固めたのでした。

パソコンクラブに関しては早速、今週の例会からそれを始めたいと思っています。

さて、ではそれを要望されたBBさんに応えるために実際には何から始めたらいいかです。出来ることから即やっていけばいいのです。

そもそもホームページをどうやって作成するか、その方法論は私に言わせればまさに無限とまでは言わないまでも、いくらでもあります。その方法、そのためのの組み合わせはよりどりみどり、数多くあります。

私はホームページなるものを始めて作ったのはもう15年以上前のことだったのですが、その頃と違って今はもう超便利なソフト、方法がいくらでもあります。しかもその中身はがらりと変わっています。その中で一番使いやすいものを使えばいいのです。

ただ、道具はいくらいいものがあっても、まずはその基本、Webの基本たるHTMLのことを学んでおいた方がいいことなど言うまでもないことでしょう。いくら高級な電気道具をもっていても、さらにいくら高級な建築材料を持っていても、それを使いこなすための基本的知識、基本的技能を持たずしていきなり、高級な家を建てられないことなど当然のことでしょう。

一方そうした基本的な知識や、技能をまず学んでからでないと、何も出来ないかというとそうではない。さまざまなホームページ作りを実際に実践し試しながら少しづつ学んで行けばいいわけです。

本当の家作りに失敗は許されないが、Web上でのホームページなどいくらでも試行錯誤が可能です。それを繰り返しやっていけばいい。それ自体が楽しいし、それがトータルのパソコンの勉強につながるということです。

今朝はこのことこれ以上詳しいことは書きませんが、これについては今後のBLOGで数多くの話題が登場するでしょう。

ただ早速それを始めるためにやるべきことが一つあります。それは家を建てるためにまず必要な土地を確保するということです。クラブ会員の方はそれぞれその土地、ネット上にそのサイトをお持ちのはずです。それはどなたでも必ずお持ちです。それをまず確認すること、それを確保することです。

それは実際の土地でなく、Web上のサイトのことです。それはそれぞれすでにお持ちのはずです。どのプロバイダーを使っているか、Googleやマイクロソフトのアカウントを持っているかなどです。万一それがなければ、十分な広さのサイトを、無料で入手する方法があります。

例えば殆どどなたでもYahooのアカウントをお持ちであり、場合によってはYahooをプロバイダーとされている方がいらっしゃるでしょう。まずはYahooのGeocitiesというサイトに自身のホームページを建設するサイトを確保するところから話を始めようと思っています。

その実際の例は明日のBLOGで書きますが今朝はその実例のみ提示しておきます。
イメージ 1

分譲地の方はこちら:

上の二つ、同じものですが、その意味の違いお分かりですね。

tad

関係資料:

HTMLとは:wikipedia 
Geocityホームページの管理・編集:geocity 
ジオシティって何?geocity 

この記事に


.


みんなの更新記事