まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

ホームぺージ作りについてこれまでいくつかやってきたが、ここ2,3日は、
無料のホーム作り専用ソフトがあり、それを使ってやってみようと試みたのであった。

こうしたソフト、ホームページビルダーのように高額でなく、無料、しかもそれと同じように、短時間で、恰好いいホームページが簡単にできるというふれこみなのである。

とりあえず世間で評判だという二つのソフト、WixJimdoを使ってやってみた。アカウントを取り、ログインし、オンラインでやると点では共通している。それぞれテンプレートも豊富で、一見作りやすそうだが、その操作手順、慣れてしまえばいいのだろうが、それが極めて、複雑、なかなか厄介だった。

結構時間を掛けたのだが、その二つでは自身が納得、満足いくようなものが出来なかった。なによりも自分が未熟であるところはあろう。

しかしこれまで使ってやってきた方法は、そんなに時間を掛けなくてもまあまま上手く行ったのに、こちらはそうは行かなかったという結果である。この二つのソフト、私の中では不合格、不的確である。

それともう一つある。一番最初にやろうとして実際にはやっていない、YahooGeocityのホームページ作成コーナーのものである。これはかって、5,6年前にパソコンクラブでホームページ作りを始めた時に使った方法である。

Yahooアカウントを利用すること、ホームページを作成するサイトを確保し、ファイルマネージャーなるものででHTMLタグをそこに配置する。Goecity提供の結構豊富な、テンプレート、モデルを参考しながらホームページを作っていく方式である。

今回のホームページ作りに当たり、このGeocity方式、今やホームページ作り方法の本命ではないが、HTMLの基本を覚えるために一番最初にやってみてもいいと思っていたものだ。

ところが改めて、実際に最新の内容を調べてみたところ、Yahoo自体はまだこのホームページ作りのコーナーは維持しているものの、もはやあまり力を入れていないようなのだ。Geocityのコーナー自体縮小し、それ自体YahooBLOGに統合する方針なのである。

それはいいとして、少々落胆したことがある。ファイルマネーーを使用しして、HTMLを編集して行こうというのはいいのだが、このGeocityホームページ作りのページはIEでしか使えないというのである。

これでは話にならない。天下のYahooたるもの、未だIEでしか使えないページをおいていること自体が理解しがたいところがある。こちらはもうブラウザーとしてはIEをやめてChromeを中心に使っている時代にである。

そんなこともあって、この際もうYahooのGeocityのページとは決別することにした。それを使うことででHTMLの基本を学ぼうかと思ったのだが、その必要もなさそうだ。HTMLについては別途なんからの方法で基本的なことだけ学べば済む話である。

そもそも今やHTMLでホームページを作る必要などなにもない。どんなページであれ、その原点はたしかにHTMLに戻るのだが、なにもHTMLのタグを一つづつ積み上げてホームページを作っていく必要などさらさらない。

Webデザイナーでもなんでもない我々一般ユーザーはそんな必要はない。

それに上記のようにホームページ・ビルダーのようなフリーのホームページ作成ソフト作成ソフト、Wix、Jimdoなどを使う方法も、あまり上手くないことも判明した。それについては将来さらに検討の余地は残っているが、とりあえずそれもやめた方がよさそうだ。

と、なると、現時点では、ホームページ作成の手段、方法としてはこれまでやってきた1から4の方法のどれか一つか二つになる。

結果的には、あらゆる観点から見て、三番目に試みたGoogleサイトを中心に使うのが一番いいというのが結論である。

4月から始まるパソコンクラブでも、ホームページ作りということに関しては、それを中心にやっていくことにした。すでに以前やった3の方法、Googleサイトで作ったものの改良版がこちらである。

まだ不慣れでうまく行っていないところもあるが、Googleサイトであれば、他のさまざまなGoogleAppsを学び、使いながら、それと平行し、また連携して学んでいけるところが、それを主として使うことにした最大の理由である。

さらにそれは一作日のBLOGホームページのコンテンツの趣旨にもっとも沿うものでもある。

なにはともあれ、作成したサンプルをごらんいただければと思う。まだまだその形が全部できたわけでないが、それは今日のクラウド中心のコンピューティングに最も適ったものであることは間違いない。その線に沿って順次やっていけばいいと思うのである。

もう一つGoogleサイトで気に行ったのは、HTMLを意識して使う必要は全くないが、作成したホームページのHTML、使用タグをいつでも確認できるようになっているところである。自分が構成し、使用したレイアウトをHTMLタグで作るとこうなるのかということを確認ができるのだ。

それに今後BLOGのため、パソコンクラブノ教材作りのためにGoogleDriveで作ったまた作るであろうさまざまな作品を、このホームページに内に作品集、資料集としてその中に組み込んでいけるのである。

こういう使い方こそが、ホームページ作成の本来の目的に適っているのではないかと思う。

Googleサイトに作成したページ:google 

tad

関係資料:

Googleサイト:google 
Googleサイトの使い方:google 
Google AppsforWork:google 
Wix:wix 
Jimdo:jimdo 
Yahoo Geocity:yahoo 

この記事に


.


みんなの更新記事