まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「去年、Amazonはプライム会員向けにCloud Driveで容量無制限、無料の写真ストレージを提供した。今日(米国時間3/26)、Amazonは有料の容量無制限のストレージ・サービスを発表した。Unlimited Cloud Storageと呼ばれる新サービスはプライム会員以外のユーザーも対象となり、写真以外のファイルのアップロードもサポートされる。これには2種類のプランが用意され、写真のみを対象とするプランは年額11.99ドル、unlimited everythingというビデオやPDFファイルなどあらゆるメディアファイルがサポートされるプランが年額59.99ドルとなる。

この新サービスの狙いは、明らかに一般ユーザーだ。今や一般消費者がもつデジタル・コンテンツはさまざまなデバイスとプラットフォームをまたいで、大量かつ無秩序にちらばり(おっと、私もそうだ!)、伝統的な方法による管理が限界に近づいている。.

Amazonのクラウド・ドライブのディレクター、Josh Petersenは、「多くの人々は誕生パーティー、バケーション、旅行その他ありとあらゆる無数の記憶すべき瞬間を多様なデバイスの上に保存している。そのすべてをバックアップするには何ギガバイトあればいいのかもわからないという状態だ。われわれが今日発表した2種類の新しいプランを使えば、消費者はもうストレージについて心配する必要がなくなる。写真、ビデオ、映画、音楽、その他あらゆるデジタル・コンテンツを安全、確実、かつ手頃な料金で一箇所でまとめて保存、管理できるようになる」とコメントした。」techcrunch 

クラウド・ストレージサービスについては、数多くのIT企業がそれを提供している。私の場合はその中でも。Google、Microsoftの無償のものを、中心に使っていて、現状ではほぼ用が足りている。ただし、ある意味ではそれぞれを一定の制限条件内でそれを使っている状況でもある。その制限を超えるようなら。様子をみながら、有料で100G、200Gと増やしていけばいいわけで、その費用も100Gで月200円、200Gで400円という程度だからたいしたことはない。そんな状況で現在クラウドサービスを利用しているのだ。

ところAmazonのクラウドサービス、スタート時15Gまで無料というのは、GoogleDrive、OneDriveと同じレベルだが、写真だけだと月1ドル、100円ちょっと、それ以外の動画、ドキュメント類全てのフォイルなら月5ドル、500円強支払えば、無制限だというのだ。

これはそれなりに魅力あるプランではないか。要するに月500円払えば、あらゆるパソコン上のファイルを無制限に保存できるのだ。これ自体試してみる価値があるのではないか。

Amazon、最初はこうしたプランはプレミアム会員に限定していたが、今回の発表では一般のユーザーもその対象としたのである。

いずれにせよ最初3か月無料で試してみれるとあったので、早速ログイン画面から申し込みをやってみた。私の場合、すでにAmazonのユーザーであるので、Cloud使用申し込み画面から簡単にログインできた。全フォイル保存の方である。図1 
イメージ 1

そして早速写真ファイルフフォルダー、その他全ファイルのアップロードを始めたのだがそれを始めたのが、30分ほど前、まだ完了してないが、大量のピクチャーフォルダー他のフォルダーファイルを保存実行中である。

とりあえず3ケ月間利用して使い勝手を確認の上、二つある有料無制限プランのいずれを使うかどうか検討したらいいと思ったところである。どうせなら、全フォルダー、全ファイル対象だ。でないと、GoogleやOneDriveのものに加えて、別のクラウドサービスを使う意味がない。

そもそもGoogleやMSのクラウドサービスを利用しているのはただファイルの保存という機能を使うだけでなく、それぞれのDriveApps、オンラインアプリソフトを使うということのためである。

Google、MSの場合、ただ保存というより、自動保存ができるというのも大きな
メリットなのだ。特にGoogleの場合、事実上ドキュメント類の保存は無料だし、写真のサイズの上限さえ守れば、その保存量に制限なし、すべて無料なのである。

だから無制限保存ができるといわれても、改めてAmazonクラウドを検討する必要性はそんなに差し迫ったことでもない。ただ、高精度の写真や、長い大容量の動画を大量に保存したいというニーズも当然あるわけで、そのような向きには検討の余地ありということだ。なにしろ制限の量を一切心配する必要なしということ自体魅力でもある。。

まずは3け月間写真保存、ビデオ、ドキュメントなどについてサイズ制限、トータル容量など一切気にせずこのAmazonクラウドに保存してみようかお思い立ったところである。

Google、OneDriveの二つに加え、さらにこのAmazonの三大クラウドサービスをどう組み合わせて使うか、Google、MSのクラウドサービス使用は変わることはない。問題はAmazonのそれをどう組み合わせて使うかである。。


いずれかのプラン申込みはこちらから。

Amazonアウントでログインして、パソコンフォイルフォルダーのアップロードを始める、アカウントをお持ちでない方はメールアドレスほか登録し簡単に入手できる


tad

関係資料:

Amazonクラウドお試し申し込みサイト:amazon 

この記事に


.


みんなの更新記事