まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「Google がスティック型の Chrome OSコンピュータ Chromebit を発表しました。

テレビやモニタのHDMI端子に直挿しして無線・有線キーボードやマウスをつなげば、Chromebox デスクトップやChromebook ノートのように、フル機能の Chrome OS搭載PCとして使えます。

Google が売っているHDMIスティック型の「Chromeなんとか」製品といえば、すでに Chromecast が販売中です。Chromecast が自前のユーザーインターフェースを持たず、外部のアプリからキャストされたコンテンツを表示するレシーバ的な使い方であるのに対して、新たに発表された Chromebit は Chrome OS搭載のPCそのもの。キーボードやマウスを追加して使う、スティック型Windows PCやスティック型Androidなどに近い製品です。

本日公開されたASUS製 Chromebit の主な仕様は、Rockchip 3288プロセッサ、2GB RAM、16GB内蔵eMMCストレージ、HDMI端子と反対の端にUSB 2.0(フルサイズのホスト)、側面に電源用マイクロUSB端子、HDMI出力端子、無線は 802.11ac対応WiFiとBluetooth 4.0など。

Rockchip のRK3288は 4コア Cortex-A17 と 4コアARM Mali T760を組み合わせた、セットトップボックス向けのSoC。チップとしては4KデコードやOpenGL ES3.0、GPUコンピューティングのOpenCL1.1にも対応します。

HDMI端子は90度折り曲がるようになっており、モニタの端にHDMI端子があって不格好に突き出てしまう場合や、壁や他の機器と干渉する場合は曲げても使えます。

また面白いことにバッテリーを内蔵し、駆動時間未確定ながら挿しただけで外部給電なしでも利用可能です。

予価100ドル以下で夏発売。」Engadget 

すごい! 実は私この種のものが出てこないかと待っていた。

USBメモリースティック状のスティックをTVに挿して、Windows8.1のパソコンにしてしまうというデバイスは既にマウスコンピューターや、インテルのものが発表されている。当BLOGでも紹介済だ。

価格的には2万円前後だし、パソコンとしてはまずまず使えるというもだから、興味はあった。、しかし、2万円出すののなら。8インチのWindowsタブレット位は買えるようになってきているから、あえてそれを買うユーザーさんいるのかなという感じで見ていたわけだ。

もちろん私も使ってみたい気はある、居間で見ているTVに挿しておけば、ちょっとした合間にメールをチェックしたり、TVを見ていて思いついた事を、メモしたり、クラウド上に保存したり出来る。既にタブレット用の無線キーボードやマウスも持っているから、それさえTVの前に用意しておけば、直ぐにそのスティックパソコンが使える。

おもしろそうだからやってみるか、という気持ちはあった。が、評判ではそこそこ動くということではあったがその点がやはり気になっていた。動作の遅いものをわざわざ改めて使うこともない。

その後マウスコンピューター結構よりハイスペックの同種製品を発表していて、そういう意味でも、もう少し、その後の新製品開発状況も見てみようと思っていたわけだ。

そこへ出てきたのが、このGoogleChromeOSのステイックPC登場のニュースだった。図1 
イメージ 1

これはおもしろい、これから即購入して試してみてもいいと思ったわけだ。その理由は、
・OSが、Windows8.1でなく、Chromeである。Windows8.1
 はもうすぐ10にバージョンアップする。その場合、このステイックPCのバ
 ージョン アップはどうなるのか、という問題がある。

・すでに述べたが、Windows8.1そのものでなく、Googleのものが、
 ChromeOSであるところに興味があるのだ。ChromeOSなら、CPU
 がそんなにハイスペックのものでなくてもより軽く動きそうである。

・これならWindowsでなく、ChromeOSそんものを試してみたいという欲
 求自体に答えてくれる。

・その価格、100ドル以下というから、要するに1万円前後、それくらいな
 ら、仮にたいしたものでなくても、ChromeOSを試したみたいという要望
 に応えてくれそうだ。

・そういうわけで、まだそれが何時になるか、未発表だが、予約販売のこと
 が発表されたら、予約してみようかと思っているところである。

・いや世界中で売り始めるが日本だけは除外するとならぬことを祈念して
 いるところだ。

話は少々それるが、どうもこのGoogleにしても、マイクロソフトにしても、アップルにしても、新製品の発売に当たって、日本だけそれを遅らせるという傾向があるのはどういうわけだろうか。

それはつまり、ある意味日本のIT市場事情は、他の先進諸外国、発展途上国のそれより、ある意味遅れていると言うか、違うところがあるからなのだ。それがどういうことか今はその内容について詳しくはは述べないが、いずれにせよ、パソコンユーザーの一人として面白くない話なのである。

このChromeOSということについてもそうなのだ。ChromeOSのパソコンが欧米先進k国ですでに結構大きなシエアを占めつつある中で、日本だけは別格扱い、ChromeOSのパソコン、やっと昨年末あたりから日本でも法人中心に発売が始まったということなのだ。

何が何でもChromeOSがいいと言うのではない。ただ論理的になぜそれが世界のパソコン市場の中でもある一定のシエアを増やしつつあるかということ、そして日本だけが未だそれがほぼゼロの状況でなるのか、おかしいですねと言いたいのだ。

私は是非その内容を自身で試してみたい。その意味でもこのChromeOSのスティックPCの登場大歓迎なのである。

tad

関係資料:

Google Chromebit発表:engadge
GoogleChromebit写真:engadget 
世界最小クラスのPC“Windowsスティック”登場:PC850 :blog 
Intel、ステッィクPC「IntelComputeStick」を発売:PC875:blog 

この記事に


.


みんなの更新記事