まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

今年も毎朝ラジオ体操


昨日は地元小学校の入学式、孫の話によれば、5組150名近い新入生が入学したそうだ。子供が少なくて、廃校になる学校が結構あるなか、結構なことだと喜んだ。私はその学校で、ボランティアとしてパソコンクラブの指導をやっていることもあって、入学式の案内がきていた。行ってみたい気持ちもあったが、あいにく、妻を整形病院に連れていく用事があってあきらめた。

お決まりの膝痛、腰痛である。私自身も少し腰痛なのだが、私の場合、毎朝のラジオ体操、それと少々痛かろうが、辛かろうが、強引に続けている週二回の卓球の成果であろうか(?)なんとか、それ以上たいしたことなく病院の世話にならなくてもよい状況なのである。

卓球が腰痛にいいかどうかはともかく、ラジオ体操は間違いなく、腰痛だけでなく、体全体の健康維持には大きなプラスになっていることは間違いない。なにしろ全身運動、背筋、腹筋、腰、膝の筋肉を伸ばし、朝の太陽を浴び、いい空気を吸うのだから、それが悪いわけがない。

そのおかげで、朝ごはんが美味しく食べられるのも、健康のため大きなポイントであろう。

この地区のラジオ体操も十二年ほど続いているが、私自身はもう十年近く参加している。12月、1月の厳冬期、去年までは参加者もさすが減少し、せいぜい15名ほどであったのが、この冬は20名ほど常時参加していた。ラジオ体操がいいという口コミもあったのだろう。

が、昨年度の場合、案外その増進に役立ったのが、指導者のSさんが、昨年4月に配ったラジオ体操スタンプカードであったと私は推測している。

そのことは以前のBLOGでも書いたことがある。昨年4月最初それが配られた時、参加者のみなさん、「なんだ、子供じゃあるまいし・・・」と思ったふしがある。私はそれはラジオ体操推進のためにいい手ではないかと思った。

案の定そうだった。最初少々恥ずかしがり、尻込みしていたみなさん、今では競ってスタンプを押してもらうようになったのである。これまではちょっとしたことで、「今日はやめとこう」となったのが、このスタンプのおかげで、参加へのマインドが高まったことは間違いない。夏休みの子どもと同じである。

自慢ではないが、その点私は出席率は極めていい方だろう。雨天または、旅行などでどうしても出れない時以外は一日も休んだことがない。いや、意地でも休めるか、というところなのだ。それでいいのである。

そのスタンプカード、3月末になってもなかなか新年度4月以降のものが配られなかったので少々気になっていた。3月30日になって、それが配られたのでほっとしたものだ。

そのラジオ体操、特にここ数日、特に気分よく出来ている。 会場の大南公園の桜が満開なのだ。

今朝はどうやら雨模様、ラジオ体操があるかどうかわからない。あろうがなかろうが、雨ならば私は傘をさして、会場まで往復10分ほど歩くことにしている。

tad

関係資料:

NHKテレビラジオ体操

この記事に


.


みんなの更新記事