まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

最近のパソコン界の話題と言えば、Windows10のことで、当初秋と言っていたのが時期が早まって夏7月、遅くとも8月には出るようだ。Windows7、8.1のユーザーは無償でアップグレードできるから、Windows10が正式に出たら、即それぞれアップグレードされたらいいだろう。それ自体は簡単なことで、特に難しいことではないはずだ。

問題はそのアップグレードで、Windows10になったパソコンが問題なく動作するかどうかが。それはむしろそれぞれ元のパソコンのハード性能いかんに掛かっている。

あくまで一般論だが、Windows7、8.1のパソコンと言っても、そのハード性能自体に大きな違いがあり、Windows10にしてどうなるか、それまでと同じように使えるかどうかやってみなければ分からない。大雑把に言えば、Windows8.1のユーザー、Windows8.1が出た後に購入したパソコンならほぼ問題なく動作するはずだ。

そうでない、同じ8.1でも、元々7であったものを8.1にバージョンアップしたものをさらにバージョンアップするものについては少々その動作に関しては不満なところも出てくるかもしれない。7からも無償で10にバージョンアップできると言ってもである。

そもそもそれはWindowsなるOSを使っている限りは、避けられない基本的な問題なのだ。Windowsというのはそういう重いものなのだ。

私の場合、自宅では今Windows8.1のデスクトップパソコンと同じくWindows8.1のノートパソコンを使っている。デスクトップの方はWindows7からバージョンアップしたものであり、ノートの方は、1年半前ほど前ににWindows8.1のものを買ったものだ。 

二つともCPUは同じi7という高速、高性能のものを使っているが、デスクトップの方のCPUはとノートのものとでは同じi7と言っても世代が違う。やはりそれ相当な差が存在するのは当然のことなのだ。

だからこの二つ、仮に問題なくWindows10にバージョンアップできたとしても、その動作にはかなりの差が出てくることは予想している。ノートパソコンの方はWindows10にしても、ほぼ問題なく動作すると予測していて、その点当面問題はない。

実は最近この際、そうしたことを含めて自宅でのパソコン環境をどう変えるか、改善するかということに関して考えていることが二つある。

一つは通信環境のことだ。通信環境に関しては、光フレッツをベースに継続して使うことには特に問題はない。少々古くなった光モデムの入れ替えの検討はしている。それは基本的には無償でできるはずだ。

二つ目はパソコン自体およびその周辺機器ということについてだ。パソコン本体については上記のように、しかるべきアクションを取った上で様子見なのだ。問題は少々古くなったディスプレーを入れ替えようと考えていることだ。

このディスプレー、IOデータの20インチもので、もう5年以上使っているものだ。よく働いてくれた。たしかWindows7のデスクトップの時に一緒に購入したものだ。まだまだ十分使えてはいるが、画面自体少々暗くなり、色彩もあまりきれいでなくなってきている。今は5年前の時代と較べて、YouTubeの動画とか、撮った写真を沢山見るようになってきた分、どうせならもっときれいな画質で見たいのである。

そこでパソコン自体はまずそのままにして同じように20インチ前後のディスプレーを検討しようと思い立った。それは簡単なことで、それくらいのサイズのディプレーなら安いもので7千円位から、2万円弱のものまである。

最初はパソコンのディスプレーということしか頭になかったのだが、ふと思いついたのはこの際パソコンディスプレーでなく、20インチ前後の薄型TVにしたらどうかということだった。そして、ここ数日そのことを調べているうちに、そうすることをほぼ決めたのである。今回はもうパソコンのディスプレーでなく、ハイビジョンのTVにしようと計画したところである。

というのも、改めて調べてみて気がついたことが沢山ある。実はこの薄型小型TV、そもそもTVとしての録画機能を含めてより便利に使うこともできるのだが、パソコンのディスプレーとして完全に使えるものなのだ。

TVとパソコンと繋ぐ場合、今は殆どHDMI端子を使うのだが、それはもちろん備わっている。驚いたのはなんと、小型TV、パソコンとつなぐためのRGB端子もちゃんとついているのだ。要するに最初からパソコンのディスプレーとしての使用を想定しているのである。

これなら、問題なく今使っているデスクトップパソコンを繋げられるほか、最近大きな話題になっているメモリーステイックタイプのパソコンや、小型ボックスタイプのパソコンにも対応できるのである。

このメモリースティクサイズのPC、昨年末、一万8千円でマウスコンピューターが売りだして話題になった。そしてその後、インテルが同じもの、より機能の高いものを売り出しさらなる話題になった。もう既に数社がそうしたタイプのものを市場に投入している状況である。

そんなものはおもちゃ程度ものだろうというとそうではない。インテルのものを含めてフォーコアの中級パソコンのCPUに相当するものもどんどん出てきている。

そのうちi7、i5という高級CPUを搭載したステイックタイプのパソコンも出てくるだろうと予想されている。そうしたものは、さすが2万円とはいかないが、仮に4万円、5万円するとなっても、これまでそうしたグレードのデスクトップ、ノートパソコンを買うと、15万円、20万円したものが、デイスプレーを除くとわずか数万円で買えることになるのだ。

しかもそれはTVの背面にポンと挿すだけのものなのである。だからその対象のTVの方、20インチ前後のハイグレードのものにしておけばそれで高級パソコンとなるわけだ。

Wいndowsのステイックタイプのものがいろいろ出てきたので、なるほど、なるほどと関心を持って眺めているうちに、より衝撃的なものが出てきた。4月3日のBLOGに書いたChomeOSのステイックタイプPCChromebitがそれである。100ドル以下というからわずか1万円位のものだ。私にとってはがつんと頭を叩かれた感じである。

すでにこれまでもChromebookのメリットについては何度も書いてきている。Chromebook自体せいぜい2,3万円のものだから、それを買って試してみてもいいのだが、そうならないのには理由がある。私にとって、ノートブックとなると、あのノートブックのキーボードが余計なのである。

私にとっては、キーボードとマウスはパソコンを使う上で必須のものなのだが、ノートパソコンのキーボードすら全く使わないで。キーボードに関しては外付け大型デスクトップ用のものを使っている。その方がはるかに使いやすいからである。現在使っているものものたしか2、000円弱で7,8年前に買ったものだが、今でもデスクトップ、ノートパソコンですいすい使っているものである。

なんだ、これで上記で書いたTVをディスプレーにして使い、このChromebitを挿せば、完全なChromeOSのパソコンが実現できるではないか。そう確信した。

このChromeOSのパソコン、Windowsパソコンのように、OSの重さなど一切心配ないから、まさにすいすい動くはずである。キーボードもマウスも今使っているものもそのまま使えるはずである。

要するに新規に導入する予定の20インチハイジジョンのTVが仮に2万5千円前後としても、それは既存のデスクトップパソコンに対応する上、これから出てくるであろうWindows、ChromeOSのスティックタイプのPCをTVに挿すだけで、使えるようになるのだ。

これはすごい! これまでのパソコン、それでTVを見たい場合は、地デジチューナーなるものを入れる必要があった。私もたしか1万円弱出してそれをセットしていたことはある。ところがその操作結構面倒で最近は殆ど使わなくなった。

その点このTVは違う、それは元々TV自体だから、鮮明なTV画像が見れる上に、USBのハードデスクを使って録画も簡単にできるのである。TV録画もいろいろやってみたが、居間TVのブルーレイの録画機などその操作結構面倒だ。その点外付けハードデイスクへの録画が一番簡単なのだ。

こうしたパソコンメモリースティックはもちろん居間の大型TVでも使えるし、外に持ち歩いて、例えばパソコンクラブで使うプロジェクターに挿して使ったり、ホテルなどのTVに挿して使える。これ以上のモーバイルデバイスがあろうか。

いろいろごちゃごちゃ書いて話が混乱したかもしれないので、最後に今朝のBLOGのポイントをまとめておく。

・デスクトップパソコンディスプレーが少々古くなったのでこれを20インチ
 前後のハイビジョンTVにか買い換える予定である。(例えば今候補にあ
 げているのはSharpハイビジョン19インチTV、26、000円などがあ
 る。)

・そうしたTV、それをディスプレーとして使うものとしては随分高いではない
 かと言われようが、そうではない。実は本体のパソコンがこれから飛躍
 的にコストパーフォマンスが上がろうだろうからである。 

・このTVHDMI端子はもちろんRGB端子を備えているのであらゆるパソコ
 ンと簡単につなぐことができる。

・そうしたTV、二画面分割で使え、位置画面でTV、もう一つでパソコン画
 面と言った使い方ができる。

・パソコン用のUSBハードデイスクを使っての録画機能も極め使いやす
 い。

・これから出てくるさまざまなOSのパソコンのがメモリーステッィクタイプの
 パソコンや小型Boxパソコンで使えるものだ。

・スティックを差し替えるだけで、Windows、Chrome、LinuxなどのOSパ
 ソコンになる。

・そうしたスティックタイプのパソコンこれから高性能、安価なものが数
 多く出てくるだろう。

・そうしたものの中で現在一番関心がたかいのはChromebit、ChromeO
 Sのステイックタイプのパソコンだ。価格はわずか一万円、それでも2,3
 万はするChromebookなども不要。それれ一本でChromeOSをフルに
 試してみることができる。いやこれがパソコンなるものの定番になる
 可能性もある。

・WindowsOSパソコンはこれからWindows10にバージョンアップする
 それは出た段階でまずはバージョンアップすれば当面それで済む話だ。

・その後でてくるWindows10の新しいパソコンでi7、i5など高級なもの
 はおそらく最低15万円位はするものになろう。そんなものが果たして本
 当に必要だろうか。
 
・というのも、マウスコンピューター インテルを始め世界のパソコンメーカ
 ーはそうした高性能のCPUを備えたステイックタイプのパソコン、Boxタ
 イプのものをいくつも出してくることが予想される。その価格そうしたパソ
 コン本体価格の半分、 1/3程度になるのではないだろうか。

・どうしてもWindows10にこだわるのなら、私ならそうなった段階でそうし
 たスティックタイプのものを選ぶことになろう。

・今後のためChromeOSを使うこと試してみるのならこのChomebit十分
 使えるはずである。 それが今一番やってみたいことである。

それは是非やってみたい。そのことはみなさんにもお薦めする。それは居間の大型TVでも十分使えるものでもあるからだ。

私の場合それは書斎のパソコンルームで使ってみるつもりである。ASUSがすでにそのプロトコルを出しているが、本格的なものの登場を今か今かと待っているところである。

tad

参考資料:

スティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」:mouse 
インテル、HDMI端子に挿す Windows 8.1 PC『Compute Stick』発表:
Chromebit」-期待集める「Chrome OS」搭載スティック型コンピュータ:
シャープ 19V型ハイビジョン液晶テレビ「AQUOS」:kojima 





この記事に


.


みんなの更新記事