まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「米Microsoftは3月18日(現地時間)、中国深センで開催中のハードウェア開発者向け会議「WinHEC」において、次期OS「Windows 10」のシステム要件を発表した。

Windows 10のシステム要件は、テクニカルプレビューに関しては既に発表済みだが、正規版についてのまとまった発表はこれが初めてだ。ディスプレイは8インチ(解像度は800×600ピクセル)以上をサポートする。
 
メモリは32ビットは1Gバイト、64ビットは2Gバイト必要。ストレージの空き容量は32ビットが16Gバイト、64ビットは20Gバイト必要だ。同社は16日、Windows 10では必要ストレージ容量が従来より6.6〜15.6Gバイト少なくなったと発表している。

同社はまた、Windows 10がサポートする最新SoCも発表した。米IntelのSkylake(2015年後半に登場予定)や米Qualcommの最新Snapdragonをサポートする。

Windows 10のアップデートは今夏に実施される予定(具体的な日付はまだ発表されていない)。Windows 7/8/8.1のユーザーは、海賊版ユーザーも含めて無料でWindows 10にアップデートできる。」 itmedia 

Windows10がこの夏に発売されることはすでに発表済だが、そのシステム要件が公表されたのは始めてだ。

大雑把にいうとこの要件決して高いレベルのものでない。とりわけ、Windows7、そして8.1のPCを使ってきた人にとっては問題なくクリア出来そうな要件ではある。

ただマイクロソフトがその発表の中でも言明していることだが、これは最低限のシステム要件を明らかにしたまでで、それぞれのユーザーのさまざまな環境の下で用いられているPCの動作を保証するものでないということだ。

それはそうだろう。ただパソコンを使う、Windows10を使うといっても、その環境、通信環境、使用しているアプリソフト、PCに付属している周辺機器、そしてそのPC環境でこなしている業務の内容などによって、思う通り、期待通り動くかどうかは分からない、それは保証の限りではないというのは当然のことだ。

一般のコンシューマーユーザーがやっているような仕事、パソコン・ワークの範囲ないで、上記のようなシステム要件を満たしているなら、まずは大丈夫、Widnows10は問題なく動作するだろうということだ。

「Windows 10」は2015年夏にリリース予定となっているが「正式リリース日は2015年7月末になる」という一部の報道もある。

いずれにせよ、それが出た段階でダウンロード・インストールすればいいことだ。それ自体は特に難しいことはないはずである。

tad

Microsoft、「Windows 10」の最低システム要件を発表:itmedia 
MicrosoftがWindows 10の最低システム要件を発表:gigazine 
「Windows 10」、最高15.6Gバイトのストレージ容量が不要に:itmedia
正規版発売は7月末:livedoor 
  

この記事に


.


みんなの更新記事