まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

白馬滞在の3日朝、天気が予想以上によかった。それで早朝、白馬三山の写真を撮るお薦めスポットに出かけて、写真を撮ったわけだ。私は普通には、動画、静止画いずれもSANYOのビデオカメラを使っている。ところがより精度の高い静止画を撮る場合には、ちょっと重いし、大きなサイズになるがキャノンの一眼レフデジタルカメrを使うことにしている。今回もいい画面が欲しいとこの際、キャノンのカメラを使うことにした。

そして実際いい写真が何枚か撮れた。それを持ち帰って、パソコンに入れたまではよかったが、あれ?これはおかしいとなった。パソコン転送フォルダーには写真のサムネイルが正常に表示されたので、いつものようにサイズの変更とか、ちょっとした編集加工作業を、ペイント、Jtrimといった定番
のソフトでやろうとしたが、それが出来ないのである。

そして気づいた。その画像ファイルの拡張子はすべて、cr2となっている。当然jpgだと思っていたのに、これは一体なんだとなった。

キャノンのカメラを買い、使い始めて一年近くになるが、なんだこれは、と一瞬思ったが、直ぐにそのi意味内容が分かったのである。購入以来、キャノンのカメラについては何の設定もしないで、デフォルト、工場出荷の状態で使ってきた。だから写真画像の拡張子はすべてjpgとなる。

いつその設定を変えたのは何時なのか不明なのだが、そういえば
最近息子がそれを貸してくれというので貸したことがあった。息子はその基本設定をjpgからいわゆるRAW形式に変えたようなのだ。cr2はキャノンカメラのRAW形式画像の拡張子なのである。RAWとはなにかについては、Wikipediaの説明をご覧頂きたい。

RAWとはまさに生という意味だが、要するにJPGのように画像データーを圧縮した形でなく、原型、生そのものの形で保存することで、より精度の高い、きめの細かい加工編集が可能となるという。だから、プロの写真家、マニアば写真を撮る場合は、この形式で撮るのが普通なのだ。そしてキャノン、ニコン、ソニーなどの高級カメラにはそれぞれ独自のRAW形式データの拡張子があるのだ。

そこまではよかったが、さてそれでは困る。先にあげたようにcr2形式では従来のパソコンソフトでは処理できないことがいくつか出てくる。さて実際に撮った白馬三山の写真をどうするかとなったのである。

自宅にいれば、cr2形式のデーターは簡単にjpgに変換できるはずだ。カメラを購入した時ついていたDVDの中にたしかその変換ソフトがあったようだし、ネットで調べた限りいくつか転換のためのフリーソフトもあるようだ。

私は息子に問い合わせ、得た回答は次のようなものだった。フリーソフトでもキャノン提供でもなんでもない。あえて必要なソフトを挙げれば、フォトギャラリーなる、Windowsに付属してついているソフトでOKだという。フォトギャラリー一本で簡単にcr2をjpgに変換できるというのだ。

以下その手順(図1−図6)である。

・パソコンに入れた写真画像データーがcr2となっている。 図1
 これをどうjpgに変換するか?
イメージ 1


・対象ファイルを右クリック→プログラムから選ぶ→ フォトギャラリを
 選択 図2
イメージ 2

・「この画像を編集するには写真のjpgコピーを作成する」と出るのでOKを
 押す。   図3
イメージ 3

・ ファイル→コピー作成ボタン 、図4
イメージ 4

・コピーするフアイルの形式としてjpg を選択する。  図5
としてjpgを選択する。  
イメージ 6


.・目的のファイルをjpgで保存する。  図6
イメージ 5

・サムネイル一覧から、新しく 対象のjpgファイルが保存されたことが確認
 できる。

めでたく、cr2タイプのファイルがjpg形式で保存されたので、それを二枚ばかり掲示しておく。

イメージ 7

イメージ 8

tad

参考資料:

RAW画像:wikipedia 

この記事に


.


みんなの更新記事