まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


毎朝結構早く起きてBLOGを書くのが日課になっているが、起きだしの時が肝心である。ボーっとしている頭をすっきりさせやる気を起こさせてくれるのが一杯のコーヒである。

その後も、二杯、三杯目を飲むのが普通だが、その時どうしてそのコーヒをいれるかが問題である。ネスカフェ、インスタントコーヒーもそう悪くはないが、それはやはり、本格的コーヒーが飲みたいのは当たり前のことだ。かってはいちいち豆を挽いて、それをコーヒーメーカーを使っていれていた時代もある。

しかしそれは面倒だし、時間が掛かる。費用的にも高くつく。二杯、三杯飲むのだから、その分作り置きしてももいいのだが、時間をおくと断然まずくなる。

結局コーヒーメーカーで作るのはもうずっと昔からやめてしまった。今はもっぱら一杯づつ袋に入ったコーヒーに
熱湯を注ぎ、コーヒーを煎れる方式になっている。 それが一番簡便、効率的、費用的にも一番やすくついている。その味もそう悪くない。コーヒーマニアに言わせるとそんなもの、問題外とおっしゃるに決まっているが、私はほぼそれで満足している。

かってはその方式のコーヒー袋セットも種類が限られていたが、最近は結構種類が増え、さまざまなメーカーが販売している。店頭でいろいろ選んで試してみるのも一つの楽しみだ。コーヒーメーカーで作る場合は楽しむコーヒーの種類も限られが、こちら袋セットの方は、なにしろ種類が豊富、袋一つ一つ完全に真空パックだから、常に新鮮な状況が保たれるのもいい。毎日飲む、毎回飲むコーヒーのブレンドを変えながら飲めるのがいいのだ。

かっては一つの袋に入っているコーヒー数量が7gとかで少量だったが、これではダメだ。 最近は10g、12gとかのものがあって、そのいれ方、そんな慎重にやらなくても結構おいしいコーヒーがいれられるようになったのも大きなメリットだろう。

湯沸かし機に90度前後の湯さえ用意しておけば、いつでも一、二分でコーヒーをいれ飲めるのがいい。パソコンの前から離れてそれをするのも結構気分転換になる。

私の場合、ブラックで飲むべしという通とは違って、砂糖と、ミルクは必須だが、ミルクはあの市販の植物性(?)のものでなく。もっぱら牛乳をいれることにしている。どうやらこれが一番いいようだ。

砂糖を使い過ぎるのはよくくないという説が根強くあるので、砂糖の時と、甘味料を使うが、いずれかに偏らないようにはしている。

コーヒーカフェインも健康に役立つという説と、やはり控えた方がいいという二説あるが、この辺りも世の中まだまだいい加減なのだ。いずれにせよ一日二、三杯程度ならそれも大勢には影響はないと勝手に判断している。

コーヒーに関しては、マニアぶることなど一切ない。そんなところで満足しているところだ。どんな銘柄、ブレンドを好んで飲んでいるかなどということも特にないが、最近は通信販売のブルックス、片岡物産のもの。市販ではKALDYのものをもっぱら飲んでいる。本当のところその味の違いもよくわからないが、それでも最低十種類のものを。選んで飲めるのがいい。

最近コンビニのコーヒーがおいしいという宣伝で時々そこに寄ったついでに飲んだりはするが、たいしたことはない。それをわざわざ家まで持って帰るまでもない。、店で飲むのだが。飲みながら店内を歩いたりするのは厳禁だからそれも面白くない話だ。何をいうか、だ。第一一杯100円は高すぎる。

それがスターバックスだとさらに250円、300円(?)する。 コーヒーだけでは済まないのでちょっとケーキを食べたりすると軽く600円.700円は行ってしまう。そんなためにカネを出すこともない。

その点、ブルックスなどの袋コーヒーは家で簡単にいれれるし、好きな時にパッと作って飲める。それで一杯30円。40円程度だからそのコストパフォーマンスは最高なのである。

tad 

この記事に


.


みんなの更新記事