まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

初鰹の季節です

「めにはあおば  やまほととぎす はつがつお」

山口素堂の有名な俳句です。 最近近くのスーパーに買い物にでかけるとの丁度いいサイズのかつおの切り身が500円前後で売られています。背の部分、はらみの部分があり、お好みで買えばいいのですが、一般的には背の部分の方がいいようです。そちらは血合いがついているので刺し身で食べるなら取り除いた方がいい。

家族二人三人で食べるには、そうした切り身を買ってきて。刺し身で食べてもいいのですが、やはりタタキにした方が一段とおいしいことはまちがいありません。冷凍のタタキも売っていますが、それは全くいただけない。やはり生の切り身を、自分で炙ってタタキにするのが一番おいしい。実際に試してみてそれがよく分かりました。

我が家でもタタキを試したことはなかったのです。難しそうだし、面倒そうだ。ところが5月5日のNHKの「きょうの料理」でそのかつおタタキの作り方をやっていたのを見ました。大納得、これならできそうだと、やってみたわけです。 実際に出来たものは番組のものと似ても似つかぬ、がさつなものでした(スライド)が、その味は大変よかったです。
  イメージ 1
いや、生の刺し身も悪くはないが、タタキにすること、焼きをいれると、なるほどかつおの表面の脂がジリジリと焼けそれがかつおの風味を増すのだということがよく分かったわけです。それが一番の重要なポイント、後はタタキにつける生野菜や、にんにく、生姜、レモン、大根おろしなどの調味料はまさにお好みの問題で、それぞれ選択すればいいわけです。 

「きょうの料理」のようにあれもこれもと豊富な付け合せがあれば万全でしょうか、野菜はありあわせのものを三、四種類もあれば十分、後はポン酢などで十分美味しくいただけます。

初鰹を楽しむクックパッドの豊富なレシピなど、どれもこれも試してみたくなりますが、そんな時間もない。まずは鰹のタタキをやってみたのですが、改めてタタキにする意味について納得し、そしてその味には満足しました。

いつものことながら、妻はこんなことをやることには消極的で、なによりもかつおの焼入れでガスコンロ台に脂が散って汚れてしまうことに文句たらたらでした。我が家のガスコンロ、数か月前新品にしたばかりなのです。

はい、それはたしかにそれはそうです。 しかしそれについては次回やる時は、その対策も別にそんなに難しくもないのではないか、とそれは検討済です。

そう言えば焼き肉がそうですよね、なぜ同じ焼き肉でもフライパンで焼くのと、じりじり脂を飛ばしながら焼くのでは全然その味が違うことがよくお分かりでないのです。

さらにそう言えば、本場土佐のタタキの場合はわらで焼くのです。 ガスコンロなどで焼いたりはしない。じゃ、一度庭でわらを燃やしてやってみるか・・・・・。 さすがそれはないですね。 ハハハ。

tad

参考資料:


かつおのたたき(NHK きょうの料理):nhk
初ガツオレシピ: クックパッド


この記事に


.


みんなの更新記事