まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

本年度のパソコンクラブでは、それぞれの会員個人のホームページ作りとグループとしてのクラブ全体のホームページ作りを目指すことを決め、現在進行中です。それぞれ個人のホームページはそれぞれの独立性を保ちながら、所属クラブのホームページと連携したものにしたいのは当然のことです。

さてそれがどんなものになるか、それ自体、そのホームページの作成過程一つ一つが楽しく、またパソコンのさまざまなテクニックを学ぶ機会になる、一石二鳥にも三鳥にもなるわけです。

二つあるパソコンクラブではまず個人々々のホームページサイト、クラブのページの設定から始まって、今少しづつその二つが出来つつあるところです。すでにかなり出来た人、ある程度出来た人、サイト自体は設定したものの、まだあまり出来ていない人もいらっしゃる。それでいいわけです。

姿形もさることながら、問題はそのコンテンツ、内容であって、それぞれどんな内容を盛りこむか、それが一番楽しく、頭を使うところでしょう。

ワード、エクセル、パワーポイントに相当する、GoogleDriveののオンラインソフトを学びながら、写真画像編集処理、動画作り、YouTubeの使い方などを学びながら少しづつ作っていけばいいのです。そうしたアプリケーションソフトを学んだ一つの成果がホームページ作りにも反映されるのです。

何も出来た、出来ないということだけが問題になるわけではありません。ホームページは作るがそれは一切公表しない、公開したくないということであれば、それはそれでいいということです。自分自身のためだけ、クラブ内だけの交流のために使えばいいのです。

ホームページ作りなどとんでもない難しいことだと考える方が多いでしょうが、それはかっての時代のこと、私がこの3月以降BLOGで紹介してきたGoogleサイトの仕組みを使えば、作ること自体はまことに簡単なことです。実際すでにパソコンクラブでも会員の方殆どがホームページサイトの確保から始まって、基本的なページの制作まで始められています。

ただここにきて出来たことは出来たが、その全体の仕組みがいまいちよくわかっていないので再度まとめて説明してくれという要望がありました。それに答えるべく書いたのが今朝のBLOGです。

この内容主に今朝9時からあるMPFパソコンクラブのために書いたものです。ただ、丁度時を同じくし、私の高校同窓会の幹事の方から、従来ある同窓会のホームページからこのGoogleサイトの仕組を使ったホームページに移行したい、計画中であるというご意向を聞きました。このBLOGがそのその参考になろうかと思います。

その同窓会のホームページはもう十年も前のものですが、元々私がその作成に協力したものです。幹事の方が苦労を重ねてその後ずっと維持されてきたものです。さてそれをどう新しいものに作り直し継続していくか、です。ホームページの作成自体極めて簡単なことです。

ホームページを作るのはいいが、そのメンテナンスは結構大変です。サイトの維持費も掛かります。そういう意味ではこのGoogleサイトを使う限りにおいては、その移行も、その後のメンテナンスも、より簡単であることは間違いありません。第一その費用など一円も掛からない。だから是非このGoogleのサイトを使ったものにされたらいいとお薦めしているところです。

その作成が簡単であるとか、メンテナンスが簡単ということもありますが、この仕組を使う、もっと大きな意味とメリットは、会員参加でそれができるということです。会員がそれをお望みならです。ホームページ作りに参加シたい方はいくらでもそれができるし、また仮に私のようなものの支援が必要であればいくらでもその制作過程でそれができるということでしょう。

要するに試行錯誤を重ねながら、共同編集をやっていくことが可能なのです。それをどの程度、公開するか、共有するか、しないかも個々に相談しながらやっていけばいいわけです。

はい、ここまでは今朝のBLOGのまえおきです。ここからはこれまでやってきたこのGoogleサイトの仕組みを使ったホームページ作りの再説明のまとめです。

グループのホームページと会員個人のホームページについて:

まずホームページ作りをするしないはそれぞれ個人の自由です。ただそれがなんであれグループのホームページがいろいろな意味で役立つことはいうまでもないでしょう。それぞれ目的に応じて作成し、閲覧利用できるようにすればいいのです。

ただそのグループページと個人のページが連携し、連動しているような形のものであれば、グループのページがより活性化するのは間違いありません。

個人、グループのホームページの作成法について:

そのための基本的な事項は、3月以降のBLOGの中で網羅されています。それを拾い読みするのは面倒ですから、必要なものを改めて確認しておきます。

・ホームページサイトの確保:

BLOG Googleサイトでホームページ作りサイトの作成、PC929 3月16日

まずはホームページのサイトの確保と入手法です。かってはそのこと自体大変面倒なことでした が、このGoogleサイトを使えば、それは極めて簡単にできます。

・確保したホームページの編集:

BLOG ワープロ感覚で作るGoogleサイトのホームページ:PC930 3月17日

出来たサイトでGoogleサイトの基本編集機能を使い、ワープロで文書作りをするような感覚で、文章と画像、リンク挿入などによってWebページを作っていけばいい。この編集機能を使いこなせれれば、簡単に基本的なページを作成できます。

・GoogleDriveAppsとの連携:

BLOG Googleサイトでのホームページ作成することの意味:PC941 3月30日 
BLOG まずはGoogleDriveドキュメントから始めよう:PC942 3月31日
 
上記のようにGoogleサイトの編集機能を使ってもいいが、直接GoogleDrive三つのApps 文書、スプレッドシート、スライド作成ソフトそのものでWeb文書を作成し、サイトページと連動させれば、Webページがより簡単である。
 
例えばドキュメント(文書)スタイルのページであれば、それをGoogleDriveドキュメントで作成しておき、そのファイルをそのままGoogleサイトの適当な位置に挿入指定すればいいのである。

GoogleDriveで作成されたあらゆるファイルは、Googleサイトと連動していて、Googleサイトに掲載するページの編集作業はすべてGoogleドライブ側で行えばいいのである。

それが超便利な機能なのだ。Googleサイト側では必要最低限の編集操作のみを行い、ページの基本的な内容はすべてGoogleDrive側で作成すればいいのだ。

これがオンラインソフトのオンラインであるゆえん、メリットであろう。

・Googleサイト動画挿入法:

BLOG 動画を挿入する方法、PC939 3月27日 

Googleサイトの場合、Webページへの動画の挿入も極めて簡単な操作で済む。Googleドライブ上に保存した動画、さらにYouTubeにアップロードした動画ファイルのURLを指定するだけで簡単にGoogleサイトページに挿入することことができる。

・グループホームページ作り:

BLOG みんなで作ろうグループホームページ、PC943 4月1日 

まずそれぞれ個人のホームページは上記のように作っていけばいい。次にそれと自分の属するグループのホームページにそれをどう連携させるかである。グループホームページは管理者が容易作成するはずだ。それも簡単なこと。

ここでは、MPFパソコンクラブのホームページを例にあげて説明しておきます。

MPFパソコンクラブ・ホームページ 

MPFのホームページのひな型は、管理者(tad)がすでに作成してネット上で閲覧可能となっています。すべて完成しているわけでありませんが、それぞれの関連項目、会員のページなどクリックしてご覧になってみてください。会員にはそれ自体即役立つものであるはずです。

会員のページは編集用のものが別にあって、編集作業はそこで行っています。 MPF会員のページはかなりの会員のホームページが既に作成されていますが、作成途上でもあるのでまだ未公開です。ここでは代表者の二人のページのみがクリックして見れるようにしています。あくまで参考のため提示しているものです。

これはBLOG上公開されていますが、会員以外は閲覧できるだけで、編集に参加したりできません。会員が共有し、編集に参加することができるようにGoogleDriveのワークシートが共有編集のために提供されているのです。 

会員の方はそれに自身の名前と自身のホームページのURLを登録することで、自身のページをクループページ上で紹介することができるようになっているわけです。それをネット上公開するか、非公開にするかどうかも個々に設定することも可能です。

図1 全てのデータ入力編集作業はGoogleDrive上で行います。
イメージ 1


図2 GoogleDrive上での編集結果がそのままGoogleサイトページに反映されます。
イメージ 2

 もちろん共同編集という形でなく、自身のページのURLをグループページ管理者にメールすることでその設定をしてもらうということでもかまいません。自身のページにさまざままな作品を掲載してもいいし、そうした作品をグループページの共同展示場に掲載するようにしてもいいわけです。

グループページ管理者は会員それぞれの意向、希望を確かめながら、個人のページの内容の共有の範囲、公開の範囲を決めればいいのです。そうしたことは今後のこととしてとりあえずは個人個人のページの完成、グループページとの連携をどうするか、作成を継続しながらその内容を決定していけばいいわけです。

個人のページはそれぞれご自身の意図と希望で作られたらいい。ただグループ全体のホームページは会員全員にとって役立つはずで、それについては管理責任者の方が責任を持ってその作成と管理に当たればいいのです。

このGoogleサイトを使えばそれも実に簡単なことです。

サンプルとして提示したものは、まだ作成を始めた段階1のものであることをご理解ください。今後その中身、コンテンツをどう充実させていくか、これが一番重要です。

それからホームページとしての見栄え、見やすさなど使用する画像をえらんだり、レイアウトを変えたりいろいろやっていけばいいのです。

ただ出来たものを即役立てながらそれをやっていく、いけるのがこうした仕組みを導入する大きなメリットであることをご理解ください。

tad


この記事に


.


みんなの更新記事