まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]


当BLOGでは「懐かしの音楽」シリーズというのをやっていて、直近のものは4月15日の「懐かしの音楽その68,映画音楽百選(4)」のBLOGである。

しばらく音楽関係から離れていたので、今朝は「懐かしの音楽その69、映画音楽百選(5)」をやってみようと思っていたのだが、急遽変更、今朝の主題となった。

そのきっかけは、早朝起きて読むメールである。何通かあるメールの中に、高校の同窓生、しかも大学学部でも同窓であったのMMさんからのものがあった。それは私にとって極めて関心の高いものであったのだ。

そのメールをちょっと引用させていただく。

「(以前)お話したことがあるかもしれませんが、LP700枚余を金沢工業大学PMC(=Popular Music collection)に寄贈したことがあります。同大学PMCに電話すれば、LP50枚が入るカートンBOXを送ってくれます。すでに21万枚以上のLPが集まっているとか。

神奈川県立図書館でリスト生誕100年を記念したLPを聞く集まりが催されので、同館にLP寄贈を申入れた所、保管場所満杯を理由に、金沢工業大学PMC運営室の紹介を受けました。・・・・」

実は私、最近あちこちで復活しつつあるLPレコードに興味があったので、その金沢工業大学のPMCなるものに俄然興味が湧いた。そして早速いろいろ調べてみたのでした。そして思った。

「ええっ、MMさんが700枚ものLPレコードをお持ちであったとは知らなかった。すごい!」

いや、もちろん私もかってLPレコード音楽にはさんざんこだわったオーディオファン。しかし持っていたのはせいぜい百枚かそこら。会社員の身、あちこち転勤したということもあって、結構多額のお金をかけたオーディセットともども、泣く泣く、それを廃棄処分したことがあった。それは今思い出すと実にもったいないことをしたと思っているのである。

というのも、オーディオセットの方はともかく、最近LPレコードの復刻というのことがあって、LPレコードがヤフオフで売買されたり、LP新板が発売されたりしているからだ。プレヤーも同じだ。

昔のLP音楽を知らない若い音楽ファンは別にして、かってのそれを知っているオールド・オーディオファンは今のCD音楽には大きな不満を持っている。いや、本当はオールドファンに限らず、あのアナログLP音楽の世界を知って、CDデジタル音楽からLPの方に転向する若いファンが結構いるのである。

それはもっともなことなのだ。LPレコードを処分し、CDになって、かってLP
レコードで聴いた曲を聴いてみるのだが、どうも違うのだ。何が違うか?

CDの方はたしかにLPレコ−ドでは気になったあの「バリバリ」という針の音など一切ない、実にクリアな音なのだが、その反面どうもLPのものと較べてその音の深さ、迫力が違うのである。

例えばである。それが今日の主題だ。LP時代さんざん聴いたックラシック曲の一つに、ショスタコーヴィッチの交響曲第4番、「革命」という曲がある。それには特に思い出がある。

私は特にその出だしと最後フィニッシュの迫力に圧倒されて聴いていたことを今でも思い出すのである。

当時、私のオーディオセットは自宅の二階にあったのだが、ボリュームを上げてそれを演奏するとすごかった。最後のところでドラムが鳴り始めると部屋の窓ガラスがビリビリと共鳴するような感じすらしたものだ。いや、していたのではないか。よく隣近所からクレームがこなかったと思う。

当時「革命」のLPレコードは多分二、三種持っていたが、一番気に入っていたのが、ニューヨークフィル、バーンスタイン指揮のものだったと記憶する。

あの迫力懐かしく思い出した。CD時代になってCD盤を買っていくつも聴いたがどうも不満なのである。

もちろんそれはCDかLPかの違いだけでなく、手持ちのオーディオセットのせいでもあろう。今更LPに還るわけにはいかないし、さてどうしたものかということだった。

ところが、その音楽自体がまた変りつつあるのだ。パソコン・デジタル音楽が、以前のような迫力しかも高音質のものに変身しつつある。それで最近はその話題の高音質音楽セットを揃えることにしようと決めたのである。

その内容はほぼわかっているが、今のところなかなかそれが実行に移せない状況なのである。

多分そうなのだ。LPかCDかでなく、要するに最近登場しているさまざまな
機器デバイスであの迫力の再現はできるはずなのだ。それに本格的に取り組むのが大いなる楽しみの一つになっているのだが、多忙にかまけてそれがなかなか達成できていないのである。

その楽しみは「老後」のために取ってある。 (うん?)

別にこれに限らない。LP当時聴いていた懐かしい曲は数多くあるが、今朝はこの「革命」という曲ひよっとするとご存知でない方もいらっしゃるかもしれないので、YouTube演奏のものをいくつか聴いていただくことにした次第である。

演奏例二三あげたが、やはり「バーンスタイン」のものが一番のようである。

じっくり聴く時間のない方は、曲出だしの部分と最後フィニッシュの部分だけ聴いてみられたらいかがであろうか。

MMさんありがとうございます。おかげさまで朝から懐かしの音楽が楽しめました。北陸新幹線ができて、そのうち金沢には一度行ってみるつもりですが、その時は是非その金沢工業大学のPMCを訪れてみたいものです。

tad

参考資料

ポピュラー・ミュージック・コレクション:PMC
ライブラリーセンタ:kanazawa-it 

この記事に


.


みんなの更新記事