まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「皆さんはタブレットはiPad派ですか? それともAndroid? なんてOSのことを気にしなくてもよい時代がやってこようとしているのかもしれませんよ。だって、1台に2種類のOSをデュアルに搭載したモデルが発売されてしまったのですから!

B&Sパートナーズが先月末より発売した「AzICHI」は、Windows 8.1およびAndroid 4.4の両方のOSが標準搭載されてしまった7インチタブレット。インテル製のクアッドコアプロセッサー「ATOM Z3735G」1.33GHzのCPUを採用し、1GBのRAMメモリ、32GBのROMストレージを装備しています。タブレットとしては、まずまずのスペックでしょうかね……。

OS間の切り替えは、驚くほど簡単です。例えば、Windows 8.1のデスクトップ画面には、タスクバーに見慣れないAndroidのアイコンが〜。このアイコンをタップすると、ひとまずWindows OSをシャットダウンして、Android OSが起動しなおす仕組みになっていますよ。

一方、Android 4.4からは、ステータスバーの右上を下方向に指でスワイプ。すると、操作パネルには、これまたAndroidで通常は目にすることのないWindowsのアGizmodo イコンが姿を現わします。そのままアイコンをタップすれば、やはりAndroid OSがシャットダウンし、Windows OSが起動するようになっていますね。

いちいち時間のかかる再起動を経てからでなければ、WindowsとAndroidを切り替えられないというのは不便ですけど、これだけは仕方がないのでしょう。ただし、1台で、Windowsでしか使えないソフトで作業をし、同時にAndroidでしか使えないアプリも利用できるというのは、シャットダウンの手間を差し引いても十分に魅力あるモデルかもしれませんよね。

なお、すでにAzICHIは、アマゾンジャパンでのオンライン販売や、ヨドバシカメラでの店頭販売がスタートしているようです。しかも、アマゾンでの販売価格は1万9980円!えっ、これって、単体のWindowsタブレットやAndroidタブレットとしても安すぎませんかね……。

ふと一昔前に雨後の竹の子のように出そろった、低価格の中華パッドのことが頭によぎった人もおられるかもしれませんよね。確かに、AzICHIのカメラ性能は、フロントカメラが30万画素、リアカメラが200万画素と、最近では廉価版スマートフォンでも目にすることがない低解像度になっています。おまけにバッテリー駆動時間は2時間半が限界とのこと。何度かOSの切り替えにシャットダウンを繰り返しただけで、バッテリーは底をついてしまう危険性も〜。

とはいえ、2万円を切る価格でデュアルOSタブレットが姿を現わしてきたことは、ある程度評価されてもよいでしょうか。このままWindows 10への無償アップグレードまでできてしまったら、もっと商品価値は高まることでしょうね。ついでにいつの日かiOSとのトリプルブートができるタブレットまで登場してくる展開は、やっぱり夢のまた夢でしかないかな?」Gizmodo 

最近はパソコンにせよ、タブレットにせよ、スマホにせよ、本当にいろいろな種類のものが出てきていて、一体どれを買ったらいいのやらさっぱり分からない状況でしょうか。

パソコンはパソコン、タブレットはタブレット、スマホはスマホでそれぞれ独立したもので、互いに関係がないわけでない。パソコンだけ持ってい:Gizmodoて、いわゆるガラゲー携帯電話を持っている人もいるし、パソコンを中心にして使いながら、スマホやタブレットを別に持っている人もいる。パソコンなど一切持たず、スマホだけという人もいる。パソコンもタブレットもスマホも、その三つを持って使っている人もいる。

まあそれがどの程度、理にかなっているか、利にかなっているかどうかは別にして、それぞれのデバイスのOSがそれぞれどうなっているかとなると、これまた話はさらに複雑になってくるようです。

パソコンはWindowsで、タブレットやまたはスマホはAndroidという人もいるし、パソコンはWindowsで、タブレットはiPadという人もいる。

それぞれのOSの違いを理解した上でそれぞれのものを使いこなししている人もいるだろうしい、極端なことを言うと、Windowsのパソコンを使っている人が、AndroidやiOsのiPadを買い、使い始めてみて、その違いに気づくなどということも大いにある話なのだ。

本当、実にややこしい話なのである。

だからもっぱらパソコンだけ使っている人にとっては、ましてやスマホだけ使っているという人にとってはこうした各種デバイスのOSの違いのことなどよく分からないのは当たり前のことだろう。

このWindows/Androidデュアル搭載タブレットが格安2万円弱で売り出されたというニュースを聞いても一体なんのことやら、だからそれがどうした?となるのも無理からぬところなのだろう。

私などはパソコンはもちろんくWindowsだが、タブレットはAndroidのものを買ってみた、またiOsのiPadは自分では持っていないが、妻が購入し、使っている。それについて時々その操作法を聞かれて困ることがある。それにはなんとか答えたりしている状況なのだ。でもパッと答えられないこともあって、に当惑したりする。

だから、こういうデユアルブートのタブレット発売の意味自体はわかる。ましてやこの記事にもあるように、Windows、Android、そしてiOsの三つのOSが切り替え使えるようなタブレットが出てきたら理想的だという意味もよくわかるのである。

妻など、iPadをいきなり見せ、その画面から次の操作をどうしたらいいか教えろなどと要求する。妻はそれは私が年中使っているWindowsパソコンや時々使っているAndoroidのタブレットと使い方、操作法などなんら変わるものでないと思っているのである。iPadなど触ったことがない者がその操作などすいすい出来るわけがないのに、そう思っているのである。

私には言い分がある。iPadであろうと何であろうと、そんなもの二三日も触っていれば、Android、ましてや、Windowsタブレットと同じように使えるようになるよと言いたいのだ。だがそんな言い訳をしたところでなんにもならない。それを説明したところで、相手はその意味は全く分からない。ましてや、OSがどうの、こうのなど言っても所詮仕方がないことなのだ。

さて話を戻して、だからこのWindows/Android両方で使えるタブレットを買う意味があるかどうかだ。それを買えば少なくとも、デバイスのOSの違いの勉強になるかどうかである。

結論から言うと、私自身はあまり意味はないと思う。OSを時々切り替えて使うというのは一見大変優れたやり方のようだし、しかもこの機器のように瞬時に切り替えができるというのはたしかにすばらしい。ただ、そうした場面、ケース、ニーズが実際問題として一体どれほどあるかということだ。

問題はむしろOS自体はなんであってもいいのだ。そのデバイスで使うアプリソフト、とりわけオンラインソフトがどれだけスムースに快適に動くかどうかがこの際一番大切なポイントなのである。

というのも、これからのコンピューティング、当然いわゆるクラウドコンピューティングであり、オンラインソフトを使うことが中心になっていく。その意味では、OSの違いはさほど大きな問題ではないはずである。問題はむしろそのOSの中で使われているブラウザーとの相性だろう。

例えば、Chromeで、GoogleDriveのAppsを使うとしたら。それを
Windows上で使うか、Android上で使うか、そのどちらかが早いか、の問題となってくる。

その場合。おそらくそれはAndroidの方だということになろうから、使うOSは最初からAndroイd専用機の方がいいはずなのだ。わざわざより重いWindowsを介する必要性はないのではないだろうか。

Windowsと、Androidと、iOsの三つが入ったタブレットがあればそれはたしかにおもしろかろうが、このようにWindowsとAndroidという組み合わせは可能であってもiOsが共に組み込まれたデバイスなど登場するわけがない。

仮に出来たとしても相当高額なものになろうし、なによりもその動作の高速性に関しては保証の限りではないだろう。iPadはそのハードの中でそのOSを含めてあらゆるUI(ユーザーインターフェース)がベストであるよう自己完結的に設計されているからだ。それが保証されない限り、そのOSを切り離して他のデバイスのために提供するなど考えられないことだ。

OSなんて所詮、そのデバイイスを立ち上げ、使用するアプリへの橋渡し役に過ぎない。後肝心なことはそのアプリソフトとりわけこれから中心になるオンラインソフトが如何に高速、スピーディに動くかどうかがその勝負となるはずだ。

その点では同じ2万円出すのなら、WindowsもAndroidも、でなく、むしろAndroid専用でいいから、他のスペック、例えばこの記事でも問題になっていた電池の持ち時間などが優れたものを選ぶのか正解だろうと思うのである。

Windowsなどという本来重いOSを組み込むことで、ぞれが全体の動作に影響を与えるようなことになるとしたらそれは本末転倒となりかねない。

tad

参考資料:
Windows/Androidデュアル搭載タブレット:Gizmodo 

この記事に


.


みんなの更新記事