まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

現在インターネット接続はNTTのフレッツ光を利用しています。ADSLからケーブルTVを経て、東日本フレッツ光を利用し始めてほぼ10年になるでしょうか。これについてはほぼ満足して使ってきました。

ところがここ二、三か月、たいしたことではないが、時々回線が切れたり、LANケーブルで直接繋ぐ場合はほぼいいのですが、無線ルーターを使って繋いだりした場合、特に接続が切れたりすることが、時々発生するようになってきました。

まずは原因はフレッツ光を受信する装置(モデム)が劣化したのか、それとセットで使っているNEC製のWiFiルーターが悪いのか、そのいずれかだろうと考えました。NTTのサービスセンターとNECのルーター関係のサービス両方に電話して、いろいろ相談したものです。双方とも親切な対応ぶりでしたが、特にNTTの方は、向こう側でチェックしてみた限りでは、機器に関してはほぼ大丈夫のようだが、場合によっては、モデムの交換を無料で行うこともできるので、検討してみてくださいということになったのでした。

5月29日の午後、NTTサービス担当の技術員がやってきて、一通りの点検をした上で、基本的には現在のモデムでも問題はないが、事前のやりとりもあったことであり、この際、機器を無料交換しましょうとなりました。そしてほんの30分ほどで新しいものをセットしてくれたのです。機器代はもちろん、NTTとの保守契約がそうなっていたのか出張サービス料も無料ということでやってくれた。

結果その後の況は極めて良好で、特にLANケーブルで直接接続の場合は以前のように接続が切れることもなく、接続スピードもやや改善したかなと感じるくらいで。大変満足しているところなのだ。

WiFi接続の場合、ルーターは私の書斎の二階にあり、同じ二階の部屋は問題なく繋がるが、一階での受信はやはり少々の難がなるのは、やむをえないところだと思う。より
スピードの早いもの、より距離の離れた、しかも二階と一階というような条件にも適合するルーターに買い替えようと検討を始めたところである。そうした条件に適合するルーターは数多くあるのでじっくり選ぶつもりだ。

ここまでは前置き、今朝のBLOGはこのことが主題ではない。実は最近各社光回線の売り込み競争が非常に激しくなり、あちこちから売り込みが盛んであることはご承知でしょう。

NTTフレッツ光、、AU光、NUROロ光など、電話攻勢、直接訪問の売り込み合戦が盛んです。その結果でフレッツ光からAUやNURO光なる新手に乗り換える方が結構います。NTTが上記の無料交換に応じてくれたのもそういう背景があったのかもしれません。

しかし私の場合は、フレッツ光から他のものに替える気はそもそも全くないこと、その理由を説明しておきます。というのもこのこと、やはり新規導入や乗り換えを検討されている方々の参考になろうかとも思うからです。

そもそも私がAUだの、ましてやNUROうんぬんなど検討する気が全くないのは、光回線そのもの自体月額の費用、やはり安くなったこともありますが、そもそもフレッツ光以外は私ののニーズに答えてくれないからです。

このことフレッツ光についての使い方は図1、図2、図3で説明します、

図1は今回新しく交換したフレッツ光の設置機器の表と裏の外観です。図2はその基本機能図です。
イメージ 1

イメージ 2

・まずインターネットの受信、LANケーブルでパソコンと繋いだり、WiFi無
 線ルー ターとつなぐ口が四つあります。
・LANケーブルでパソコンにつなぐのが安定的にスピードを得る一番の道
 でしょう。
・無線ルーターにつなぐことで、パソコンWiFi接続が可能になります。このルーター 自体もう5年程使ったものですから、より性能の高いものを検討中です。
・インターネット接続費用は月額2200円ほど、すでにかっての費用に比
 べると抜群に 値下が りしています。
・問題は回線のスピードです。AUやNUROがフレッツより何%も早いとい
 いそれは事実であることもありますが、問題はあくまでご自身の体感速度
 でしょう。果たしてそ れがどうなのか。
・IP電話、NTTはひかり電話と言っていますが、従来の固定電話に変えて、毎月15 00円ほどでほぼ従来の固定電話と同じように電話が使える
 状況です。
・フレッツ光とAU、NUROの違いはTVの視聴ができるかどうかです。これ
 が大きな 違いでフレッツ光は月660円程度で、地デジ、BSなどあらゆる
 チャンネルの受信が 可能なのです。
・AUは地元CATVが小会社であるということもあり、AU自体、私の住む地
 域ではT Vのサービスは一切提供していません。NUROもそれはないよ
 うです。
・TVなどアンテナを張ればタダで見れるとおっしゃるでしょうが、私は屋根
 にアンテナ などを張るめぐらすことには同意できません。このことについ  てもいつか改めてBLOGに書くつもりです。
・要するに光のスピードがどうのこうのだけでなく、インターネットだけでな
 い。そうし た複合的なサービスを提供してくれるのはフレッツ光だけであ
 るという説明です。

図3は我が家の場合の光フレッツの利用法を説明しています。我が家は一階、二階の二世帯住宅となっていて、そういう意味で、インターネットに掛かる光プロバイダー料金それにTV料金、まさに一世帯ではその半額になるというメリットがあります。
イメージ 3

それは我が家特有のメリットですが、それにしても、そうした三つのトータル費用、インターネット+ひかり電話+TV、現在二世帯でトータル4、200円前後となります。一世帯、2.100円です。

そうなると、フレッツ光以外検討の余地なしであることをご理解いただけるでしょう。

tad

参考資料:

東日本フレッツ光:hikari 
フレっツ光費用:hikari   
ひかり電話:hikari 
ひかりTV:hikari 

この記事に


.


みんなの更新記事