まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

6月7日、MPCパソコンクラブ会員の村川 渡さんがMLに送ってこられたご本人作成のホームページ紹介の中に、これまで描かれたきれいなパソコン画をスライドショーとして紹介されているページがありました。

自動的に連続して表示されるので、目を引き、非常に効果的ですが、そのやり方、作成法について、教えて欲しいという他の会員の方からのご要望があったので、それにお答えしておきます。

村川さんのページを拝見する限り、そのスライドショーはGoogleDriveのプレゼンテーションスライドで作成されているようです。

写真を撮ってそれをアルバムとしてまとめ、それをスライドショーとして、ネットで発表するという手段方法、気の利いたスライドショーを作成するソフトは沢山あります。パソコンクラブでもこれまでいろいろなものを取り上げてやってきましたが、パソコンワークのクラウド化、オンライン化、そして、ホームページ作成は、この4月以来Googleサイトを使ったものを中心にやっているという二点からすると、数あるスライドショーソフトの中で、GoogleDriveのプレゼンテーションスライドを使うというのが正解なのです。

上記村川さんのスライドショーはまさにその一例なのです。

なぜか? 

・すでに何度も説明しているように、Googleサイトによるホームページ作
 成の場合、GoogleDriveの三つのApps(アプリソフト、すなわちドキュメ
 ント、スプレッドシート、プレゼンテーションスライド)はGoogleサイト本文
 作りにぴったり適合している、二つの相性は抜群にいいのです。

・とりわけ、その名前のごとく、写真アルバムのスライドショー作りにはプレ
 ゼンテーションスライドがぴったり、欠かせないものです。

・今回はその作成法の詳細には触れませんが、作成作業自体はまことに
 簡単、使いたい写真をポンポンとスライドに挿入していくだけです。

・スライド作成ソフトですから必要なタイトル、説明文、コメントなどテキスト
 を入れることも簡単です。

・切替効果、アニメーション効果などについては専用のソフトやマイクロソ
 フトパワーポイントなどにには及ばぬ所はありますが、必要最小限度の
 役割は十分備わっています。

・ここではあえてもっぱら写真、画像を主に提示することのみを重点的にや
 っていますが、スライド作成機能を使えば、テキストを初め、イラスト、GIF
 アニメなどの挿入も可能で、そうしたものよってより効果的な変化をつけ
 ることも可能です。

・Googleの写真関連のサービスにGoogle+というのがありますが、そこ
 に自動保存、蓄積された写真をアルバムとしてそのままスライド・ショーと
 して提示することもできます。そうする機会も多いはずです。

・Google+を含めたPCに保存された写真、画像をGoogleDriveスライ
 ドプレゼンテーション上に持ってきてスライドを作成するのが今朝の本題
 ですが、ことスライドショーとなると何もプレゼンテーションスライドソフトを
 使わないで、Google +の写真をそのまま、それをアルバムとしてまと
 め、スライドショーとして提示するということもできるのです。

・ここには村川 渡さんのGoogleDriveを使ったスライドショーに加え
 私自身が同じく、GoogleDriveで作成したものを提示しておきます。

・もう一つ、ここではGoogle+に保存されたアルバムを表示した例あげ
 ておきます。その方法はGooleサイト上に、挿入する対象がGoogleDri
 veからか、Google+からかだけの違いなのです。(Google +の場合先
 頭のページをクリックするとスライドショーが始まります。上部メニュスライ
 ドショーをクリックすることで始めることもできます。)

さてここまで説明すると、どうせならこうしたスライドショーに「音楽」を入れられないのかというご要望、ご要求がきっと寄せられることでしょう。

どうせなら、ただ写真画像を見るだけでなく、それにいい音楽が加わればもっといいことは言うまでもありません。それは難しいことかです。

はい、そのことも実はこれまで既に何度かやってきたことです。もっともその方法はやはりいく通りもあります。今ざっと思いつくだけでも三つ四つありますが、その代表的なもの二つ三つ明日以降やってみましょう。

tad

参考資料:

静止画スライドショー:村川 渡さんの提示された例
私が作成した二例:
GoogleDrive プレゼンテーションを利用した例
Google+ 保存のフォトアルバムを利用した例

注記:閲覧の場合、自動操作にするか手動にするか、プレイヤーの操作次第です。自動操作の場合、閲覧時間を3秒にするか、5秒に設定するかさらに長くするか予め決めることができます。

この記事に


.


みんなの更新記事