まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

昨日のBLOGでは、写真のスライドショー作成法について紹介しました。スライドショーの作成法などまさに巨万(ごまん)とあるが、ホームページをGoogleサイトで作成する限りにおいてはやはり、GoogleDriveのスライド作成ソフト、Google+のPhotoサービスのそれを使ったらその連携がうまくいくという例をあげたのでした。

スライドショーはスライドショーだ。そんなに凝らなくても、撮った思い出の写真をそのまま見てもらええばいいのだから、簡単にできてシンプルなものでいい。しかし、大旅行などで大切に保存しておきたいものなど音楽入りにしたりすればもっと楽しいものになろう。それをどうするか、どうしたらそれが出来るかということでしたね。

その方法論、これまたごまんとはいいませんが、いくらでもありそうです。その中で思いつくまま三つばかり作成したものを紹介しておきます。それぞれお好みで自分ならこれを使うというものを選ばれたらいいでしょう。

音楽入りとなると、やはり動画作成ということになりますが、以下の三種類掲示しておきます。

その内容、作成法は簡単な説明にとどめています。これまでさまざまな形でBLOGでも取り上げてきたところでもあり。あくまでホームページ作りのヒントを提供するのが目的なので個々のスライドショーの詳細な作成法についてはここでは触れておりません。

第一例:Windowsムービーメーカーを使う


やはりこれが一番いいかなという方法で、Windowsのムービーメーカーを使っています。タイトル、キャプションを入れたり、スライドの切り替え効果をつけたり、なによりお挿入した音楽をかなり自由に編集できるところがいいです。 使っている音楽は「春への憧れ」。

第二例:Picasaのムービーメーカーを使う


Picasaでは簡単にスライドショーが出来、しかもそれを簡単に音楽入りのムービーにすることができます。先のムービーメーカーほどではないが、動画としてさまざまな編集機能がついています。

使用した音楽の長さに合わせて、スライドの一枚、一枚の表示時間を自動的に調整してくれるのが便利です。使っている音楽はロンドンデリーの歌。

第三例:パワーポイントスライド動画機能を使う

同じスライドショーのソフトでも、たまにはと、パワーポイントを使ってやってみた。パワーポイントで作ったスライドショーには音楽を挿入でき、しかもそれを動画化できる。

GoogleDrive のスライド作成ソフトにはさすがそんな機能はない。 そのうちそんな機能もつけてくれるだろうとの期待はある。使っている音楽はモーツアルト、ピアノ協奏曲第20番第二楽章。
作成の後処理として共通しているのは、すべてそれをYouTubeにアップしていることである。そうしておけばBLOGに載せたり、Googleサイトホームページで、簡単にそれを使用することができるからである。

さてみなさんはどの方法を選ばれるでしょうか。

tad

この記事に


.


みんなの更新記事