まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

毎日の行事予定をGoogleのカレンダーで管理している方、大勢いらっしゃると思う。私の場合、出席すべき会合を忘れてすっぽかしたり、そもそも肝心の予定をカレンダーや手帳の予定表に書き忘れたりしてしまうような失敗はほぼしたことはないが、これからどうも、しでかしてしまうような不安にかられている。

パソコンをやっている身としては、予定はGooogleカレンダーを作成して管理しているが、さまざまな予定が確定する都度、Googleカレンダーを開いて作成していくこと自体には結構神経と時間を使うものだ。

そうした予定は多くの場合、メール、私の場合はGmailになるが、それで予定、スケジュールの通知が入ることが多い。また自ら決めた予定をGメールで発信する。

そうした予定のメールを受けとった場合、そのメール画面から直接カレンダーGoogleカレンダーを開いてその予定を記入できたら大変便利である。実はGメールでそれができるようになっている。

Gメールで届いたメールに予定が書かれていたとする。それを、Googleカレンダーを開き直して必要項目を転記する必要はない。そのメール画面から直接カレンダーを開きその予定を追加できるのである。

予定について届いたGメールの本文画面上部に「その他」というサブメニューが表示されている。それをクリックすると、その中に「予定の作成」という項目が現れる。それをクリックすると、カレンダー予定の編集画面が開く。後はその予定の開始と終了の時刻を
カレンダーに書き込むだけでOKだ。図1、図2

イメージ 1

イメージ 2

カレンダー編集画面にメール本文が転記されるので、その詳しい内容が確認できる。
プロバイダーメールで通知があった場合、プロバイダーメールをGメールに転送するようにしておけば、すべてそれで事足りるわけだ。

筆者の場合、パソコンクラブ、同窓会、その他趣味の会などの連絡は全てML(メーリングリスト)で行っており、それはすべてGメールで配信されてくるから、そのスケジュール予定はで、ほぼすべてGメールから登録できる。

さらにそれ以外の全く個人的な予定については。その関連メモを自分宛にメールしておくことにしている。そのメール、メモ代わりだが、そうすることで全ての予定はメール、Gメールから登録できるということだ。

便利なものである。

tad

参考資料:


Gmailのメールをカレンダーに追加する方法 :google 

この記事に


.


みんなの更新記事