まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「首相の英語力批判に反論 SNSをはけ口にするな

日本人の中に安倍晋三総理の英語力を批判する人が多いことに、私は少なからず、残念な気持ちを抱いています。私が知る限り、アジア圏はもちろん米欧のメディアも総理の英語には非常に好意的な評価を与えているからです。

英語圏では自らの経歴や能力のうち、弱点となる部分をあえてオープンに話すことによって、互いの理解と信頼が深まると考えられています。個性の異なる多民族が交わって醸成された文化であるからこそ、自分にできることと、相手にしてほしいことの区別を明確にする必要があったのかもしれませんね。つまり語学とは、互いをよりよく知るための手段に過ぎません。

以前のコラムで私は、世界の公用語はブロークン・イングリッシュだと言いました。手本のようなきれいな英語を話せる人は地球上に一部の英国人しかいません。正直に言うと、安倍総理の英語は「非常にきれい」ではないかもしれません。しかし、適切な発音や抑揚が練習されており、十分にわかりやすいものです。

何より表面的な発音以上に、海外へ行く機会を重ねるごとに洗練されていくジョークは、安倍総理が英語そのものだけにではなく英語を使う「人そのもの」への理解を深めようと大変な努力をされていることの表れであると言って良いかと思います。日本人には完璧を求める傾向の強い人が多いようです。いざ英語を話すとなると、自分にも他人にもパーフェクトな発音を求めます。しかしこれは手段を優先して目的を忘れる典型です。

たとえば道を聞いてきた外国人旅行者と話す時、「r」と「l」の発音を間違えたとしてそれが何だというのでしょう。旅行者は行き先がわかればそれでハッピーなのです。ちょっとばかり英語の得意な部外者が横から出てきて「あなたの発音はてんでダメだ」と批判して一体何が生まれるのでしょう。他人をおとしめることで満足しようとする自尊心は、自らをあえておとしめてコミュニケーションの潤滑油とする英語圏の文化とは相いれません。英語の発音がただウマイだけではダメなのです。

日本企業がソーシャルメディアのビジネス活用に後れをとっている理由はこんなところにもありそうです。変化の多い時代、誰よりも早く多く失敗する「フェイル・ファスト」の重要性が高まっている事実はこれまでにも指摘してきた通りです。ソーシャルメディアは問題の特定と解決のサイクルを早めるために有効な、時代のニーズに合致したツールです。情報の発信者には、むしろ不完全なものをこそ世に問うことにメリットがあります。ところが、ユーザーが最初から完璧を求め、改善の芽がつぶれるほどに小さな失敗や未熟を猛烈に批判したらどうなるでしょうか。もう誰も自ら行動しなくなるでしょう。

私が安倍総理の英語力を批判する人にガッカリしたのは、出るくいを打ち、隣人の活躍や成長をねたむなど古い価値観の典型だと読み取ったからです。私はソーシャルメディアなどのサービスが新たな価値観として日本人に定着するには、提供する側にも努力が必要だと思います。しかし、サービスを受け取る側の意識改革も不可欠です。ソーシャルメディアをネガティブな感情のはけ口として利用する人が多いうちは、日本に新たな価値観やサービスはなかなか生まれにくいでしょう。」(インテカー社長 斉藤ウィリアム浩幸〈ツイッターアカウント @whsaito〉)日経産業

毎朝BLOGを書きますが、さて今日はどんなテーマで書こうかと考えあぐねます。大体こうしよう、ああしようと決めていたとしても結果には大抵その中身ががらりと変わってしまうことが多いのです。今朝も結果的にそうなりました。

さまざまなニュース記事をネットでチェックしているうちに出会ったのが、長々と引用させていただいた冒頭のコラム記事です。その通りと感じました。そして是非一言その内容についてコメントしておきたいと思ったのです。

このこのコラムの内容については是非じっくりお読みいただいたい。記事の内容は安倍首相の米議会での演説に、首相の英語力に対し、あがった批判に対する批判です。英語の発音をどうのこうの批判しているが、伝えるべきことは十分伝わった、その英語力。それはそれで十分なものだということだ。あえて得意の日本語でなく。不得意な英語でやったところがまた逆に米議員の共感を生んだという内容でだった。その通りだと私も考えます。

それにしてもその評判の良し、悪しはくまでその内容で決まるべきだ。英語でやったこと、その英語力の評価うんぬんでなどでない。ましてやそれが評価のポイントになったのではないのです。

あくまでその中身、そこで述べ伝えようとしたことの中身への評価が高かったことであることを斎藤氏にはもっと明確に書いていただきかったというのがこのコラム記事に対する私の感想です。

それがどんな演説であれ、誰が行う演説であれ、そもそも英語力がどうのこうのより、その中身がその演説の目的に沿ったものであり、その内容が論理的、客観的であり、説得力のあるものであることでしょう。そしてなにより大切なことはそれが互いに共有できる共通の価値観に基いているかどうかが一番のポイントだということでしょう。

私自身は首相の演説そのものはそうした重要なポイントを備えていた、だからこそ、その評判は結構高かった。それは自分自身一人の日本人としてうれしいことであるという趣旨のことを5月1日のBLOGで書いています。

斉藤氏がどういう意図でこの首相の英語演説のへの批判と、日本におけるSNSのあり方への批判を共通の批判対象として結び付けられたのかについては必ずしも明確ではありません。

ただSNSでなくても、どうも日本人は一般的にはその思考、発想、論理、場合によって倫理があまりにも平均的、無難主義的、体勢的、表面的、現状維持的にすぎる傾向があることを指摘されたのだろうと私は理解している。よりわかりやすく言って、日本では結局は、その中身うんぬんよりも、見栄えとか、格好良さとかにこだわる、そうしたものにとらわれる傾向が強いということであろう。

日本のSNSとりわけFacebookなどで私が気のなるのは、あの「いいね!」である。その意味をすべて否定するつもりはない。ただどうも、Facebookなどで一つの存在感を示すためには、その「いいね!」の獲得競争だけになってしまっているところがなきにしもあらずなのだ。

今のSNS的なものは特にインターネットの時代だけのものでなく、ニフティなどのパソコン通信の時代からあった。例えば最近のSNSに匹敵するものに、さまざまな分野の「フォーラム」なるものであった。

日経MIXなるフォーラムもそれであった。私自身二つのフォーラムの議長なるものをやった経験があるが、当時のフォーラムの議論、論議のやりとりは、今のFacbookなどのそれよりはるかに、そのやり取り自体の中身は濃かったように思う。「いいね!」ももちろんあったが、「悪いね!」、「違うね!」も結構あり、その論議には、いつも緊張感が漂っていたと思う。その緊張感のゆえにその中身の充実感がもっとあったと思う。

そういう意味では今の、SNS総じて、その発言、ただ自分の落ち込んだ気分を晴らすためのネガティブ発言であったり、気分転換のためのものであったりするようなところがないでもない。それに「いいね!」とやってもらって一息つきたいのである。

もっと積極的な意味で、ポジテイブな発言、場合によって違うところは違うとはっきり言っていいはずが、それが少ないのである。それはなにも人を落としいれたり、非難することが目的でなく、共通の価値観をより明確に共有できるようにするためのものであるはずだ。それが「いいね!」の連発ではそれは始まりにくい。

おっしゃりたいことは基本的には分かっているつもりであるけれど、斉藤氏にはそこのところをもっと明確に書いたいただきたかった。ただ抽象的批判だけでなく。である。

「いいね!」という一方で、「違うね!」というマークがどうして存在しないのか。それがあるとしらけるなどという感じがどうもおかしいのである。

それももっとあってしかべきだではないのか。それはなにも相手を追い詰めたり、追い落としたりするためでない。まずはなにより、自分のためであり、結果的にはなによりも相手のためになるものであることを忘れてはならない。

「いいね!」が単なる外交辞令、「お世辞」だけで終わるのでなく、それに加えて一言、相手のメッセージにたいして、参考になるようなコメントを発したい、そのように努力すべきだと思う。

もちろんわざわざ 「ダメだ」などいう必要性はさらさらない。「それはそうだが、こうしたらもっといいはずだ、それならさらに可能性が高まる」という発言でなんの問題もないはずだ。

それでより新しい幅の広いコミュニケーションが始る、充実したコミュニケーションが形成されるはずなのだ。それがSNSの更なる進歩に繋がるきっかけになるのではないだろうか。

どんな場合でも、どんな手を使っても自分が真理だ、真実だと信じることを率直に述べることをためらってはならない。日本人は一般的にまだまだそうした形で発言する能力に欠けている、努力することに欠けているように私には見えてならないのである。

安倍首相の演説はその内容をありのまま率直に語ったからこそ評価が高かったのだと私は思う。英語の発音がどうのこうの、中韓の思惑がどうのこうなど大した問題でない。今日の良好な日米関係がどうして生まれ、維持されてきたかというコミュニケーションの大切さ、お互いの付き合い方の良さを率直に語った。それが評価されたのだ。

どうして英語力がどうのこうの発音がどうのこうのなどが評価のポイントになるのだろうか。

G7での共同声明で、G7が一致して、名指しではなかったが中国に対する覇権主義への警告を発したことの意味も大きかった。日本の憲法の解釈がどうのこうの、そのことばかり議論して一体なんになるのだろうか。どうして日本の国会はこのこと、安倍演説をより正当に評価し、日本の現在の立場の正当性を世界に向かって主張しないのか私には不思議でならないのである。

違憲だ違憲だとばかりやっていて、日本は本当に戦争を避けることができるのか。そうではないだろう。G7はもちろん自由諸国が一致して中国のあの無法な行為、行動が違法であり、世界の平和の脅威のために、それをやめてもらうべきだと訴えることの方が先決ではないのか。

tad

参考記事:

首相の英語力批判に反論 SNSをはけ口にするな:日経産業新聞 
5月1日BLOG 安倍首相の米議会演説なかなかよかった



この記事に


.


みんなの更新記事