まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

パソコン、スマホ、タブレットなんでもそうだが、それを何に使うか、使っているかとなると、さまざまなゲームをやって楽しんでいらっしゃる方が多い。専用のゲーム機を買ってやられるマニアもいらっしゃる。それに凝りだすと、高額のゲーム機本体だけでなく音響装置、大画面のプロジェクターなどそろえ、楽しむ方もいる。オンラインRPG(ロール・プレイング・ゲーム)まさにバーチャル・リアリティを楽しむ世界である。

私などパソコン初期の頃からいうと30年近くパソコンでいろいろやっているが、このたゲームだけはあまりやったことがないし、ましては専用のゲーム機、周辺機器などを買ってやってみようと思ったこともない。

ただ唯一の例外は将棋ゲームである。サラリーマン時代、土日の休み、午前中はテニス、午後はすこし遠いが立川の南口にある将棋道場に通ったことがある。せいぜい5,6級程度でそれも終わってしまったが、そのおかげで将棋の基本の基本みたいなものを覚えることができた。そのゲームとしての面白さ、奥の深さを知ったのである。

日本の伝統的ゲームとして囲碁将棋があるが、その面白さ、素晴らしさはやったものでないと分からないだろう。囲碁もやってみようと何度か試みたが、その時間がなくそちらの方はさすが今更始める気はない。

将棋の方は最初パソコンを始めた頃は、それに時々将棋のソフトを相手にやっていたものだ。結構強いもの弱いものいろいろあったが、没頭するほど面白いものでなかった。なにしろ相手はパソコンのソフト。意外性がないのである。

将棋ソフトと言えば、それはどんどん改良が進んで、最近は将棋のプロでも負けてしまうようなものが生まれてきている。今では将棋連盟のプロ中のプロでも負けてしまうようなレベルの高さになってきているのだ。

プロと将棋ソフトが対戦する電王戦なるものがあって、最近3年ではソフトが2勝1敗と勝ち越しているのだからすごい。チェスの世界ではもうすでに20年も前にコンピューターがチェスの世界チャンピオンを破っている。多分将棋ももうあと数年もすれば、プロといえども歯が立たない時代がくると言われているのである。

だから将棋などやっても仕方がないか、である。話は逆だ。コンピューターのソフトがどんどん進化し、人間、その道のプロでも勝てないようになるということは。逆にいうと将棋というのは、百%論理的なゲームであるという証拠なのである。要するに頭を使って正解を出せる、出すものなのだ。

パソコンやスマホでやるゲームは山ほどあるが、どんなものであれ、なにがそんなに面白いのかというところがある。そういう意味では、あらゆるゲームの中でおそらく囲碁・将棋が一番面白いのであろう。

すでに述べたが私の場合、やるとすれば囲碁ではなく将棋になってしまったのだが、もう一つは、同じ将棋でも、本当に面白いのは、パソコンのソフト相手でなく、生身の人間、同じ将棋愛好家とやるのがはるかに面白いのだ。

すでに述べたが、もうソフトは強すぎるところがあるし、なにしろその場合の相手はパソコン、ロボットなのだ。そんな機械と知恵比べをやって、何が楽しいのか、面白いのかとなる。そもそも相手が人間だからこそ、ただ強い弱いだけでなく、さまざまなかけひき、勝負中にちょっと互いに言葉を交わしたりしながらやるところが面白いのである。

パソコンでなく相手が人間であることなど15年、20年前には無理な話であった。だから相手を求めて将棋道場に通うしかなかったのだ、最近はオンライン将棋が出来、ネット上で人間相手に将棋が挿せるようになった。囲碁、麻雀などもそうなのだろうが、これを一度始めると面白くてやめられなくなる。

時間がなくてなかなか出来ないのだが、日曜日など予定がなにもない時始めるともう二時間、三時間それにハマってしまう。

やり方は簡単、オンラインの道場に会員登録し、ログインして待っていると、さまざまなレベルの相手から対戦を申し込まれる。自分と同レベルの相手を選んで対局開始である。私の場合は、自分から適当な相手を選んで対局することが多い。相手が承諾すると先手、後手がきまり、対局が始まる、

その場合持ち時間とそれが切れた時の秒読みの時間を選ぶことができる。オンライン将棋でなによりすごいのはその棋譜(スタートから最終の詰みの段階までの全てのステップが自動的に記録され、それが保存されることである。負けた場合などあまり見ないが、勝ったものなど何度も見て、楽しむのである。本当は負けたものをじっくり見て、敗因をきっちり把握することが、何より強くなる秘訣なのだろう。

そうしたオンラインの将棋道場、サイトは数多くあるが、最近私が参加しているサイトをを二つばかり紹介しておこう。もっと簡単にできるサイトもあるが、結構対戦相手が豊富でしかもそのレベルが結構高いと感じたのは将棋24、と将棋オンラインである。

かっては将棋24方でやっていたが、使えるブラウザーがIEしかないようなので一週間前ほどからは将棋オンラインの方に鞍替えした。会員登録、ログインも実に簡単である。ログインしたら相手を選んで即対戦開始だ。

「オンライン将棋」まずは5,6級の相手を選んでやっているが、これがなかなか強い。まだ当サイトに慣れていないとこともあるが。以前通った道場などよりはるかにレベルが高い感じである。それでも十回ほどやったが、なんと3勝7敗といったところなのだ。これからは少しもっと持ち時間も長くしてじっくりやってみようと思っているところである。また今年中に1,2級を目指せればいいというハイレベルなのである。本当に強い。

オンランの棋譜が残っているというので調べたら6月15日対戦ものものがあった。これは自分にしか見れらないのかどうか分からないが、その棋譜を紹介しておくので、御笑覧いただければと思う。(まさに笑覧的内容にはちがいないようです。)

もしみれなければ、ログインしなくても見れる方法をさぐってみるつもりではあります。

さらにもし同好の士がいらしゃったら時間をしめし合わせ、互いに対戦相手を発見、指定して、楽しむことができるのです。 是非お試しください。

tad

参考サイト:

将棋オンライン:shogionline 
将棋24: ioujyou24


数少ない勝ゲームの記録 棋譜  (6月15日)  
                                                        棋譜2 (6月13日)
注) 棋譜画面の右下進むボタンを押すと棋譜が進みます。




この記事に


.


みんなの更新記事