まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

プレゼンテーションスライド作成となると、かってはパワーポイントやLibreOfficeのImpressを使ってやったものですが、最近は違います。

最近はプレゼンテーションスライド作りに関しては、殆どGoogleDrive
GoogleDriveプレゼンテーションスライドを使って作成するようになりました。なぜなら、それがオンラインソフトであること、なにより、Googleサイトのホームページ作成のための連携がばっちりだからです。そのことについては既にこれまでのBLOGで紹介してきています。

プレゼンテーションスライド作成に当たって、GoogleDriveは必要かつ十分な機能は備えていますから、それだけでこと足りますが、パワーポイントや、Impressなどはより高機能であり、しかもそれを使ってスライドを作成することに慣れている場合もあるでしょう。

GoogleDriveでプレゼンテーションスライドを作成するに当って、すでに同じGoogleDriveで作成したスライドの一部や、パワーポイント、Impressで作成したスライドを読み込んだり、インポートして使えるようになっているのです。

その機能を使うと非常に便利。かってパワーポイントで作成したスライドで使いたいものがあればそれをGoogleDriveで作成のスライドにアップロード、インポートできるのです。その場合、パワーポイントにあって、GoogleDriveにない機能自体インポートされませんが、GoogleDriveになーマなどその内容ともどもインポートされます。

冒頭のスライドはその一例です。これは元々、パワーポイントを使って、それに使われていたテーマを使っています。それを丸々Googleドライブにアップロード、インポートしたのです。

新しく作成するもののうちその一部スライドをパワーポイント作成のスライドからインポートします。それに加えて、GoogleDrive独自のスライドを追加、編集すればいいわけです。パワーポイントに加え、フリーソフトのImpressのスライドもインポート出来ます。

GoogleDriveスライドに他のソフトのスライドをインポートする方法は以下の通りです。

スライドインポートの方法:別のプレゼンテーションからテーマやスライドを読み込む:

1).GoogleDriveプレゼンテーションを開きます。
2).[ファイル] メニューから [スライドをインポート] を選択します。
3)Googele スライドで保存済みのプレゼンテーションを選択する
 か、パソ コンからアップロードするプレゼンテーションを選択します。(冒
 頭スライドは後者のケースです。パワーポイントで作成のスライドからア
 ップロードしています。)
4)[選択] をクリックします。
5)対象のプレゼンテーションから読み込むスライドを選択します。

注1)[スライドを選択: すべて] オプションを使用すると、簡単にすべてのスライドを選択できます。また、読み込みたいスライドのみを手動で選択することもできます。

注2).スライドを変更せずに読み込む場合は、[元のテーマを維持する] をオンのままにしておきます。スライドを新しいプレゼンテーションのデザインに合わせる場合は、 このチェック ボックスをオフにします。

6)[スライドをインポート] をクリックして完了です。新しいスライドがGoogl
  eDriveスライドに読み込まれます。

注3)スライドの読み込み中のエラー
  Google スライドへのファイルの読み込み中にエラー メッセージが表示
 される場合は、次のいずれかの理由が考えられます。
  ・ファイルが読み込みの上限サイズの 50 MB を超えている。
  ・ファイルが Google スライドで使用できる形式ではない。
  ・Goole スライドで読み込むことができるのは、Google スライド形式
   のほか、.ppt(Microsoft Office 95 より後)、.pptm、.pptx、.pot、.pot
   m、.pps、.ppsm、.ppsx、.odp 形式のファイルです。
 
そもそもスライド作りに関しては、パワーポイントやImpressで作成することに慣れているのなら、まずはそれで作成したものの丸々アップロード、インポートしてもいいし、パワーポイント作成のスライドの一部だけアップロード、インポートすることもできるわけです。

すでにパワーポイントで作成したものがあって、その一部をGoogleDriveスライドに利用したい場合、その部分だけ切り取ってインポートできるということです。

この便利な機能を是非使ってみましょう。冒頭スライドがその実例です。それがいつもGoogleDriveで作成しているものと一味ちがうのは。パワーポイントで提供されているテーマを使っているからです。

tad

参考資料:

別のプレゼンテーションからスライドを読み込む方法:google 

この記事に


.


みんなの更新記事