まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「ドイツのボンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日、日本が推薦した「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界文化遺産登録を決定した。軍艦島や八幡製鉄所など、幕末から明治にかけ重工業の近代化を成し遂げた日本の歩みを示す資産の歴史的価値が認められた。

国内からの登録は一昨年の富士山、昨年の富岡製糸場に続き3年連続。日本の世界文化遺産は15件目、自然遺産を含めると19件目となる。

ユネスコ諮問機関は5月、「わずか50年余りで急速な産業化を達成した。非西洋地域に初めて産業化の波及が成功したことを示す」と高く評価し、登録するよう勧告した。
 
しかし、委員国の韓国が「施設の一部で戦時中に朝鮮半島出身者の強制徴用があった」と主張。日韓両国の協議で、日本が太平洋戦争中を含む歴史全体を説明することなどで合意した。

佐藤地ユネスコ代表部大使は、登録決定後の演説で「朝鮮半島の多くの人々が意思に反して連れて来られ、働かされたことへの理解を進める」と述べ、情報センター設置などを進める考えを表明した。」Yahoo 

軍艦島など「明治日本の産業革命」などの登録がやっと決まった。それについてはユネスコ委員国の韓国が、施設の一部で戦時中に朝鮮半島出身者の強制徴用があった」と主張して登録に反対し、登録が難航していた。韓国の主張については、事前の日韓外相会議で、日本が登録申請の中で、平洋戦争中を含む、全体の歴史を説明するということで合意ができていたはずであった。

ところかそのその内容表現について、ユネスコの委員会決定会議なった時点で日韓双方の主張が対立し、登録決定会議を延期していたのだった。韓国はロビー活動を盛んに展開、委員各国にその強制労働のことを説明し、登録に反対するようを説得して回ったそうだ。日本もその件に関して日本の立場を説明して回った。

日韓の妥協が成立しないまま最終決定登録決議を行った場合、全会一致とはいかず、登録には2/3以上の賛成が必要となる。

その場合でも日本の遺産登録が認められる可能性もあったが、否決の可能性もあった。その場合、来年は韓国はユネスコ委員を継続、日本はユネスコ委員からはずれるので、再申請、登録はおそらく難しくなる。一時はそれはそれで、しかたがないというムードであったようだ。

ところが議長国ドイツはこの文化遺産申請に当たってそうした政治的対立を前面に持ち出すことには反対であったようだ。そこで議長として日韓双方に妥協を求めた。

特に日本には、その強制労働存在のうんぬんについての表現を明記することにある程度踏み込むように求めたのだろう。議長としては、その損得勘定で言えば、その方が結果的には得ることが大きいはずだと日本側を説得したに違いない。

日本側は議長国ドイツの顔を立てて、それに応じたというところのようだ。そして登録が全会一致で決定した。それが正解ではなかったか。

たしかになんとなく釈然としないところも残るが、それでよかったのではないか。妙な表現かもしれぬが、要するに「勝てば官軍」なのだ。もし今年度その決定が得られなければ来年以降どうなるか、保証の限りではない。その決定にいたる文書の文言の詳細は明らかになっていないが、それが全体の遺産登録に及ぼす大きなプラスの影響に比べたら小さいものだとしておいていいに違いない。

だからそれでよかった。ただそれにしても、国民感情としては、やはり韓国って一体どこまでしつこく歴史認識問題を持ち出すつもりかと言いたくなる。慰安婦問題の問題など手を変え、品をかえ世界中にそのPR活動を続けているが、今や少々鼻についてきた感がある。日本にとってだけでなく、世界の国々にとってもだ。

韓国、朝鮮に対する日本であれこれ見かけるヘイトスピーチははたしかに問題。そんなことは出来る限りやめさせた方がいいに決まっている。ただ、六割、七割の日本人はそのヘイトスピーチについては、ある意味それで、対韓国についてのイライラ感のガス抜きをやっている面があるようだ。

いいにつけ悪いにつけ、そうした国民感情は韓国人はもろにぶつけるが、日本人は顔色一つ変えず、そしらぬ顔をして感情を収めているようなところがなきにしもあらずだ。それが正解であることなと、あらゆる人間関係、外交関係を上手くやっていく上でのある意味マナーであり、そして知恵なのであろう。

現在、韓国を訪れる日本の観光客が激減したという事実を韓国政府、韓国人は一体なんと捉えているのかである。あの韓流ドラマブームはどこに行ったのか。

遺産登録のことに話を戻すが、世界中の文化遺産なんてどれ一つとっても、それはプラスの資産であり、そしてマイナスの資産要素が含まれていることなど言うまでもないことだ。広島の原爆ドームを世界遺産に登録した時、アメリカはもちろんある程度反対というか懸念の意向を示したようだが、結局はなんの問題もなく登録されている。その歴史的意味について、さまざまな議論なされているが、お互いそれを感情論でやっているわけではない。原爆ドームの前で反米デモが起こったことなど一度も見聞きしたことはないのだ。

それがなかったからこそ、日米関係は今最良の状況にある。日本人が原爆ドームの前でリメンバー広島、と反米デモをやったとする。、アメリカの方はハワイ沖に沈む戦艦アリゾナの前で、リメンバーパール・ハーバーとやるだろう。以前は盛んにやっていたが、今はただまさに静かにやっているようだ。

軍艦島やその他産業施設に一体どれくらいの韓国人が強制的に連れてこられ、強制労働を課せられたのか、私はその事実関係のことはよくわからない。それは事実だったかもしれない。

ただ産業革命遺産となれば、別に労働者は韓国人でなくても、今の時代にはないような厳しい労働条件があったことは間違いない。中にはまさに人権問題だってあったに違いない。いやあった。それは現代の価値観からいうと明らかにマイナスの遺産なのだ。

去年遺産登録された富岡製糸工場などもそうだ。そこを訪れた人々はただすごいすごいとその設備のすばらしさを見て関心すしているようだが、同時にその当時の労働者の厳しい労働条件の実態なども是非知っておくべきこと、見ておくべきことなのである。

日本に限らずヨーロッパ各国のお城が観光の絶好の対象となっている。が、それもただきれいだとか壮大だとかという見方と同時に、それは要するに、それぞれの生存を掛けた戦争のための道具、施設であったという見方もちゃんとしておくべきなのである。

もう10年も前、イタリアのローマを観光旅行したことがある。30人ほどのツアーだった。成田を発つ時から滞在先のホテル、バスの中でそうしたグループの人々と一緒だった。、食事の時なども同じテーブルの人たちと結構仲良くなっていろいろ雑談をしたりしたものだ。

ローマに着いた夜、夜食のテーブルの席で、明日はいよいよ市内観光だとわいう話題になった。ある新婚、若いカップルの女性の人が、「明日はいよいよあの有名はコロシアムを見れるので楽しみにしている」と言った。それがーブルの話題で湧いたのだが、私にはついついいつもの悪い癖が出た。私は言った。「コロシアムですか? 要するにあれば奴隷がお互い殺しあったところなんですね。」

途端にその場しらけてしまったことは言うまでもない。私は「しまった」と思ったが時すでに遅かった。

なぜこんな話を今持ちだしているか、その意図はお分かりでしょうね。富士山という自然遺産にはなんの負の背景などはなさそうだ。いや本当はこれだって別の負の資産なんですよ。

一方人間が作りだした産業資産、遺産などそのプラス面と共にさまざまなマイナスの遺産の面があることなど言うまでもないことなのだ。

もし今回遺産登録された設備に関して、韓国が主張するような、事実があったとすればその全体像の説明の中で、それを説明する一文があってなんの問題があろうか。それを誰がどう解釈するかは別問題としてである。

それがマイナス、マイナスという一方で、但しその日本が起こした産業革命のおかげで、実は今の中国があり、韓国があるといういう側面も忘れてもらっては困るのである。そして日本の産業の今日あるは、かっての敵国アメリカの産業のおかげなのであることなど言うまでもないことだ。

韓国の大統領さま、歴史問題、歴史問題とおっしゃいますが、歴史というなら、そうした大きな流れ、大きなプラス面も見てください、それを見ないで、マイナス面ばかりほじくる出して問題にするような偏狭さでは、この世の中生きていけませんね、と一言言っておきたいのである。

tad

参考資料:

日韓、土壇場で折り合う=ユネスコ委員会が決着迫る−「明治産業革命」世界遺産:jiji
軍艦島など世界遺産に=「明治日本の産業革命」登録決定:yahoo

この記事に


.


みんなの更新記事